[e]GoProをリュックに固定!Peak designのcapture POVキットがめちゃくちゃ便利だった!

Peak design Capture POV

この記事をかいた人

GoPro好きな整体師。大好きなGoProを始めとしたアクションカメラや動画編集、子育ての情報とお届けするブログです!

どうもGoPro大好きナシタカ(@ehicalog)です。

GoProの撮影が楽しすぎて毎日子供の撮影に勤しんでいますが、ふと思うことがあります。

ハンズフリーで撮影できたら最高だな

今まではGoProでこれを実現するには専用のバックパックを購入するしかないと思っていたのですが、実はこのハンズフリー撮影を実現してくれる便利なマウントがあったのです。

それが今回紹介するPeak designのcapturePOVキット。GoProで快適なハンズフリー撮影を実現してくれる最高のアイテムで、僕にとってはすでに欠かせない相棒の一員となっています。

そんなPeak designのcapturePOVキットの魅力を余すことなくお伝えしていきます!

スポンサーリンク

GoProの撮影をより快適にしたい

僕はGoPro大好きで良く子供の撮影をしています。それがライフワークにもなっているわけですが、日々試行錯誤しているのが快適な撮影環境の構築。

特に子供がいると抱っこしたり持ち歩く荷物が増えたりしてなかなか撮影がしにくかったりします。

そうした問題を解決するために考えたのがハンズフリーでの撮影

GoProをバックパックや洋服に装着して撮影ができれば子供と一緒の時でもより撮影が快適になるのではと考えました。そこで活用したのが今回紹介するPeak designのcapturePOVキットだったのです。

Peak designのcapturePOVキット

今回僕が購入したのがこちらの商品。バックパックやベルトに装着するためのマウント一式がセットになっています。僕のようにGoProをバックパックやベルトに装着したい方には必須のマウントになっています。

POVという名前がついているだけあって主観視点での撮影にはめちゃくちゃ役立つアイテムです。

開封

まずパッケージはこのようになっています。裏側には使用例なども載っていてこのような装着の仕方もあるのだなと勉強になります。
Capture POVのパッケージ

Capture POVのパッケージ裏面

中身はこのようになっていて、箱から取り出すと本体とマウント一式がしっかりと固定されています。また他にも袋など様々なものが同封されています。
Capture POVのパッケージ中身

Capture POVの内容物一覧 Capture POVの本体やマウント

こちらがキャプチャー本体。これを裏側のパーツとネジで繋げてバックパックに固定するわけですね。中央にはクイックリリースプレートを装着する部分があります。
Capture POVの本体

Capture POVの本体表 スライド式マウント 本体の組み合わせ

正面から見て本体の左上に赤いロックボタンがついています。これを押すとロックが外れクイックリリースプレートが外れるようになります。
本体のロック機構

ちなみにこのロックボタンは捻ると押せないようにロックがかかります。これなら不意の事故が起こりにくくなるので安心です。
ロック機能をオン

こちらはねじ穴式のマウント。GoPro以外にも三脚用ネジに対応したものであれば装着できます。裏面はクイックリリースを装着できるようになっていますね。
ネジ穴式マウント

ネジ穴式マウントの裏側

こちらが延長アーム。これとgoproを組み合わせることで画角を調整することができます。
延長アーム

Peak designのcapturePOVキットを使うメリット

capturePOVキットはとても便利でGoProでの撮影をとても便利にしてくれるアイテムなのです。子供の撮影にめちゃくちゃ役立つアイテムなのでその理由を紹介します。

様々なアイテムにマウントできる

capturePOVを利用することで様々なアイテムにGoProをマウントできるようになります

例えばバックパックのストラップにGoProを固定するためには専用のバックパックが必要。それかクリップマウントで装着しなければいけません。

そうすると専用のバックパックを使う以外に選択肢が無かったり、クリップマウントでは強度が不安でふとした拍子に外れてしまったりするリスクがあります。

でもできれば純正リュックではなく好きなバックパックに装着したいですし、何より外れてしまうリスクをなくしたい。

しかしcapturePOVキットであれば幅7.6cm以内、厚さ1.3cm以内という条件はありますがどんなバックパックにもしっかりと装着することができます

なので自分の好きなバックパックを使えるのが最高。またバックパック以外にもベルトなど様々な場所に固定できるのも便利なポイント。この装着の自由度の高さが魅力なのです。

装着の方法もネジでしっかりと締めて固定できます。滑り防止のためのストラップがあらかじめ付属しているのである程度重さのあるカメラを装着しても全く問題なし。安心して使うことができるのです。

ハンズフリーで撮影ができる

上に書いたようにしっかりとGoProを装着できるので撮影もそのまま行うことが可能。つまり両手を空けて撮影ができるので撮影の負担を減らすことができます

これは特に子供のいる方には非常におすすめ。荷物が多かろうが関係なく一定の高さから常に撮影が可能になるので撮影チャンスを逃しません。

取り外しも簡単でスムーズ

そしてもう一つの特徴が取り外しがしやすいこと

クイックリリースプレートはスライドしてはめ込むタイプとなっているので取り外す時もロックを外しながらスライドさせることですぐに取り外すことができます。これならリュックなどに固定しての撮影と手持ちでの撮影をスムーズに切り替えられるので様々なアングルからの撮影が簡単に出来ます

商品には1つの本体しかありませんが、これを何個も用意しておくとあらゆるマウントの着脱が簡単にできるのでGoProでの撮影がめちゃくちゃ捗りそうだなと考えています。

ナシタカの使い方

僕の場合はGoProにKarma Gripを装着してマウンティングリングにcapturePOVキットのマウントを装着。

そしてバックパックのストラップに固定した本体に装着して利用するのがナシタカのスタイルとなっています。こんな感じです。
Karma Gripのマウンティングリングにクイックリリースプレートを装着

Karma Gripのマウンティングリングにクイックリリースプレートを装着して本体に装着 バックパックのストラップにキャプチャを装着

GoProとKarma Gripの両方合わせると結構な重さになりますが、それでも問題なく装着可能。こうして自分がメインで使っているバックパックにGoProを安定して装着できるのは本当に快適です。

[e]Karma GripとGoProをリュックに固定!capturePOVとの組み合わせで撮影が快適になって最高だった! | ナシタカブログ記事で紹介しているようにリュックに固定しての撮影が簡単にできるので合わせて読んでみてください。

まとめ:幅広い使い方ができて便利

このPeak designのcapturePOVキットは本当に使い手のことが考えられている商品だなと感じました。僕のこういう商品が欲しいなというポイントをしっかり抑えてくれている最高の商品です。

僕の場合はバックパックのストラップに装着するために使用するのが目的でしたが、使い方によっては様々な場所に装着することができます。

ベルトもそうですがパッケージにあるようにスキーブーツに装着することでローアングルの迫力ある映像を撮ることも可能です。

つまり装着の仕方次第で様々な活用ができるのがこのPeak designのcapturePOVキットの魅力なのです。

複数個利用することで様々なアイテムに共有してマウントすることができたりもするので、さらに使い勝手が広がるアイテム。

GoProをバックパックやカバンに装着して撮影したいという方には本当にオススメなのでぜひ試してください!

その他のGoProマウントについて知りたい方は[e]GoPro HERO6/HERO5に必要なアクセサリーとおすすめのマウントについて紹介しますの記事で詳しくまとめているので参考にしてください!

スポンサーリンク

スポンサーリンク