MENU
カテゴリー
ナシタカ
GoProブロガー
GoPro大好きな子育てパパ。日々の撮影&動画編集で家族の思い出を残すのがライフワーク。

【ピークデザインのキャプチャーPOVキットレビュー】GoProをリュックに固定できて最高です!

ナシタカのアイコン画像ナシタカ

GoProをバックパックのストラップなどに固定するためのキット「Peak design capturePOVキット」を紹介しています。GoPro大好きな僕にはもはや欠かせないアイテムなのでその魅了について想いを綴っています!

どうも、GoPro大好きナシタカです。

GoProの撮影が楽しすぎて毎日子どもの撮影に勤しんでいますが、ふとしたときにハンズフリーで撮影できたら最高だなと思うことがあります。

今まではGoProでこれを実現するには専用のバックパックを購入するしかないと思っていたのですが、実はこのハンズフリー撮影を実現してくれる便利なマウントがあったのです。

それが今回紹介するピークデザインのキャプチャーPOVキット。GoProで快適なハンズフリー撮影を実現してくれる最高のアイテム。

そんなピークデザインのキャプチャープロの魅力を余すことなくお伝えしていきます!

目次

GoProの撮影をより快適にしたい

僕はGoPro大好きで良く子どもの撮影をしています。それがライフワークにもなっているわけですが、日々試行錯誤しているのが快適な撮影環境の構築。

特に子どもがいると抱っこしたり持ち歩く荷物が増えたりしてなかなか撮影がしにくかったりします。

そうした問題を解決するために考えたのがハンズフリーでの撮影

GoProをバックパックや洋服に装着して撮影ができれば子どもと一緒の時でもより撮影が快適になるのではと考えました。そこで活用したのが今回紹介するピークデザインのキャプチャープロだったのです。

ピークデザインのキャプチャーPOVキット

今回僕が購入したのがこちらの商品。リュックやベルトに装着するためのマウント一式がセットになっていて、僕のようにGoProをリュックに装着したい人には必須のマウントになっています。

Capture POVのパッケージ

裏側には使用例なども載っていてこのような装着の仕方もあるのだなと勉強になります。

Capture POVのパッケージ裏面
Capture POVのパッケージ中身

中身はこのようになっていて、箱から取り出すと本体とマウント一式がしっかりと固定されています。また他にも袋など様々なものが同封されています。

Capture POVの内容物一覧
Capture POVの本体やマウント
Capture POVの本体

こちらがキャプチャー本体。これを裏側のパーツとネジで繋げてバックパックに固定するわけですね。中央にはクイックリリースプレートを装着する部分があります。

Capture POVの本体表
スライド式マウント
本体の組み合わせ
本体のロック機構

正面から見て本体の左上に赤いロックボタンがついています。これを押すとロックが外れクイックリリースプレートが外れるようになります。

ロック機能をオン

ちなみにこのロックボタンは捻ると押せないようにロックがかかります。これなら不意の事故が起こりにくくなるので安心です。

ネジ穴式マウント

こちらはねじ穴式のマウント。GoPro以外にも三脚用ネジに対応したものであれば装着できます。裏面はクイックリリースを装着できるようになっていますね。

ネジ穴式マウントの裏側
延長アーム

こちらが延長アーム。これとgoproを組み合わせることで画角を調整することができます。

ピークデザインキャプチャープロの使い方

ピークデザインのキャプチャープロのおすすめの使い方が、こちらの2つです。

GoProをリュックに固定する

ピークデザインのキャプチャープロを使えば、このようにGoProをリュックのストラップに固定することができます。

キャプチャープロにGoProを取り付けて装着

リュックに取り付けるときには、こちらの目安があるので自分のリュックがちゃんと適応しているか確認しましょう。

  • 幅7.6cm以内
  • 厚さ1.3cm以内

GoProを取り付けるときは、こちらの2つのアイテムを組み合わせます。

キャプチャープロも付属アクセサリ

これはなぜかというと、クイックリリースプレートに直接取り付けるとフレームがジャマで下を向いてしまうため。

クイックリリースプレートに直接GoProを取り付けたところ

こうなると撮影アングルの調整ができなくなってしまうので、必ず組み合わせて使いましょう。

まずは2つを組み合わせてから、最後にGoProを取り付けます。

2つのパーツを組み合わせたところ
キャプチャープロにGoProを取り付け

こうすると上下だけでなく、左右の向きを調整できるので撮影アングルが自由に設定できます。

上から見た左右のアングルの調整

上の写真では右側に向けてアングルを調整しているところです。

これで体に固定してハンズフリーで撮影するだけでなく、撮影アングルの調整も簡単に行うことができるのでとても使いやすいです。

キャプチャープロにGoProを装着したところを横から

もちろん赤いリリースボタンを押しながら簡単に取り外せるので、手持ちでの撮影にもスムーズに切り替えられます。

カルマグリップも取り付け可能

僕の場合はピークデザインのキャプチャープロを利用して、GoProにカルマグリップを取り付けて使うことも多いです。

キャプチャ本体にカルマグリップを装着

このようにカルマグリップのマウンティングリングに、クイックリリースプレートを取り付けます。

Karma Gripのマウンティングリングにクイックリリースプレートを装着

GoProとカルマグリップの組み合わせはけっこう重たいので使うのは大変ですが、こうしてリュックに取り付けると疲れにくくなって撮影もできるので最高。

カルマグリップのチルト調整

実際にカルマグリップと組み合わせたときの使い心地は、▼Karma GripとGoProをリュックに固定!capturePOVとの組み合わせで撮影が快適になって最高だった!の記事で紹介しているので、合わせて読んでみてください。

ピークデザインキャプチャープロまとめ

このピークデザインのキャプチャープロ本当に使い手のことが考えられている商品だなと感じていて、僕の「こういう商品が欲しい」というポイントをしっかり抑えてくれている最高のアイテムです。

僕の場合はバックパックのストラップに装着するために使用するのが目的でしたが、使い方によっては様々な場所に装着することができます。

ベルトもそうですがパッケージにあるようにスキーブーツに装着することでローアングルの迫力ある映像を撮ることも可能。

つまり装着の仕方次第で様々な活用ができるのがピークデザインのキャプチャープロの魅力なのです。

複数個利用することで様々なアイテムに共有してマウントすることができたりもするので、さらに使い勝手が広がるアイテム。

GoProをリュックなどに装着して撮影したいという方には本当にオススメなのでぜひ試してください!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる