ライフハック

[e]フォトショップ初心者にオススメの美肌加工の方法

写真に色々な加工ができるAdobeの便利ツール、「Photoshop」。

今日はフォトショップで美肌を実現する簡単メソッドをご紹介します。

作業の流れ

作業の流れは以下になります。

  1. 写真準備(下準備)
  2. フィルター
  3. 仕上げ

順番に見ていきます。

1、写真準備

まずは写真を準備しましょう。

練習では、お顔のアップ写真がやりやすくて良いと思います。

今回は赤ちゃんの写真を用意しました。

スタート画面

ホクロやシミなどが目立つようであれば、ここで消しておくと仕上がりが綺麗になります。

コピースタンプツール、パッチツールなどを使ってみてください。

今回の写真ではほっぺの赤みが目立ちますが、ここではあえて肌の赤みは消さずに残しておきます。

2、レイヤーを複製

まずは背景のレイヤーを複製し、コピーの方に加工を施していきます。

レイヤーの複製

なぜかというと、元に戻せるからです!

元の画像を残しておけば、いつでも元の状態に戻せるという利点があるんですね。

ですので、しっかりとコピーしておきましょう!

3、ダスト&スクラッチ!

次にコピーしたレイヤーに、フィルター<ノイズ<ダスト&クラッチをかけます。

フィルターダストスクラッチ

ここでの目的はただ一つ。
滑らかな肌を追い求める事。

他の部分は気にしない。
肌の質感だけを追い求めてください!

4、レイヤーマスク

肌が良い感じになりましたらレイヤー<レイヤーマスク<全ての領域を隠す、を選択します。

レイヤーマスク

これにより、コピーしたレイヤーがレイヤーマスクで全て覆われ、元の画像の状態に戻っているはずです。

レイヤーパネルを見ると、画像の横に黒いレイヤーマスクが追加されていると思います。

ここからが最終仕上げです!

5、ブラシでひたすら塗る!

ブラシツールで塗りの色を白にして、肌の部分をひたすら塗っていきます!

すると、塗った場所から先ほどのダスト&スクラッチをかけた肌が出てきているはずです!

あとはブラシのサイズも調節しながら細かく塗っていきましょう!!

6、最終チェック

再度塗り残しがないかチェックします。
必要であれば、ここで髪の毛や目なども手を加えますが、今回は無しで。

美肌修正の結果

赤ちゃん

今回はこんな感じで、顔の左半分を修正し、反対側は何も手を加えていません。

左は良い感じにぼやけてツヤのある肌になっていますね。
この修正だけでも肌の赤みが目立たなくなっています。

たったこれだけの作業で初心者がここまで変化をさせる事が出来る。Photoshopって素晴らしいですね!

まとめ

Photoshopでの肌の修正方法も調べるとけっこういっぱいありました。

しかし、どれも自分にはしっくりこなかったのが正直なところです。

色々と試して行くうちに、初心者の自分が理解しやすく、単純な作業で行えるこの方法。

特にPhotoshopをあまり使った事のない方にはオススメです。

ぜひ色々と試してみてください。

ナシタカ(@ehicalog)でした。

ABOUT ME
ナシタカ
GoProが大好きで子どもの撮影に愛用しています。 撮影した動画の編集も大好きなので動画編集についても紹介しつつ、自分が気に入ったものをどんどん紹介していきます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です