[e]星ドラ:まものマスターの最強装備として大天使の弓とルビスの弓を評価してみる!

今回はまものマスターに装備させる理想の弓について考えていきます。

理由としては今回のふくびきでゲットしたルビスの弓です。

以前にふくびきでゲットした大天使の弓を育てていたんですが、どちらの弓を育てるべきか迷ったからです。

[e]星ドラ:ルビスの弓が登場したレジェンド宝箱ふくびき10連を回した結果

2017.01.01

今回は僕の考え方を基準にして、まものマスターに求められるものやそれぞれのぶきの性能を比較してどちらを育てるべきかをまとめていきます。

スポンサーリンク

まもマスに必要なのはデバフと手数

まず前提としてまもマスに求められるものを考えてみます。

僕がまもマスに必要不可欠だと考えるのは、純粋な火力よりもデバフと手数の多さです。

これは理由があって、純粋に火力を求めるならバトマスに天空の剣を装備させれば良い話ですから。

しかし魔王級だけでなく伝説級のボスを倒すためには、純粋な火力以外に味方をサポートすることができる「デバフ」と「手数の多さ」が大切になってきます。

なので僕が考えるまもマスの最強装備としては以下が条件になります。

デバフ効果のあるスキルがセットできる
手数を多く出すことができる

候補は大天使の弓とルビスの弓

以上を条件にして考えたときに浮かぶのは、弓の装備です。

まず一つ目が「大天使の弓」。
これは以前からまもマスの最適装備として言われることが多いです。

そしてもう一つが2017年の正月から登場した「ルビスの弓」です。

今回はこの2つを比べて、どちらがよりまもマスの装備として優れているかを考えていきます。

ちなみに僕は「ルビスの弓」を育てていくことに決めましたので、その理由もまとめていきます。

大天使の弓

大天使の弓

元祖まもマスの最強装備として知られる大天使の弓。

メインスキルのアークアローは強力なボス相手に欠かせない優秀なスキルとして知られています。

まずはメインスキルと初期・完凸時のスロット構成を見ていきましょう。

基本性能

  • +25攻撃力 116
  • +50攻撃力 156
  • 得意モンスター あくま系、鳥系
  • 追加効果 きようさ 9 即死

大天使シリーズということで、得意モンスターにあくま系が入っていて、お馴染みの即死効果もちゃんとついています。

ただ弓ということで攻撃力は低めに設定されています。

メインスキル

  • アークアローLv10
  • 最大CT18秒
  • 威力450%攻撃
  • 攻撃力と守備力をそれぞれ75%の確率でダウンさせる

メインスキルのアークアローはCT18秒と短く、威力も450%と共に申し分ない性能です。

そして一番の特徴はデバフ効果です。
攻撃力と守備力をそれぞれ75%という高確率でダウンさせるまさにぶっ壊れ性能というべきスキルになっています。

これは攻撃しつつ味方全体に「たたかいの歌」と「スクルト」をかけているのと同じ意味があります。

確実にかかる訳ではないですが、スキル攻撃のたびにデバフがかかる可能性があるということです。

初期スロット

  • 補助特技B
  • 補助特技B
  • 攻撃特技C

初期スロットでは補助特技A枠がないので、使いづらい印象です。
アークアローを2つ積むためには最低でも1凸しないといけません。

また初期では補助呪文枠がないので、これも1凸して補助呪文Cをつけてピオラは積んでおきたいところです。

完凸スロット

  • 補助特技A
  • 補助特技A
  • 攻撃特技B
  • 補助呪文B

完凸すると補助特技Aが2枠できるので、2つアークアローが積めてさらにたたかいの歌を積むこともできます。

さらに補助呪文Bもあるので、ピオラやベホイミを積むことで攻撃とサポートを行いながら立ち回ることもできます。

ルビスの弓

ルビスの弓

2017年の正月ふくびきの新しいぶきとして登場しました。

まずはメインスキルと初期・完凸時のスロット構成を見ていきましょう。

基本性能

  • 25攻撃力 124
  • 50攻撃力 168
  • 得意モンスター 鳥系
  • 追加効果 通常攻撃時HP小回復

さすがのルビスシリーズということで弓の中でも別格の攻撃力を誇ります。
あの天空の剣も完凸で攻撃力175なので、遜色のない攻撃力です。

またルビスシリーズお馴染みの通常攻撃時にHPが20〜30程度回復する効果もついています。

メインスキル

  • ルビスのいかずちLv10
  • 最大CT15秒
  • 威力500%攻撃
  • 30%ですばやさが60%(2段階)アップする

メインスキルのルビスのいかずちはCT15秒と短く、威力も500%と申し分ないスキルです。

そして一番の特徴はバフ効果。
30%と確率は低いですが、すばやさを2段階アップすることができるスキルになっています。

確実にかかる訳ではないですが、スキル攻撃をしているだけで常にすばやさ2段階アップを維持することもできるので手数をかなり多くすることができます。

初期スロット

  • 補助呪文A
  • 補助特技A
  • 補助特技B

初期スロットですでに補助特技Aがついているので、アークアローを積むことができます。

また補助呪文Aがはじめからあるので、ベホイムやザオラル、バイキルトなど相手に合わせてサポートスキルを積むことも可能になります。

完凸スロット

  • 補助呪文A
  • 補助特技A
  • 補助特技A
  • 補助特技A

完凸はかなり充実したスロット構成になっています。

特に補助特技Aが3つあるので相手に合わせていろいろと組み合わせを変えることができるのがかなり使い勝手が良いです。

アークアローを2つ積んだりやたたかいの歌、ルビスの光までいろいろと組み合わせることができる柔軟性があります。

大天使の弓とルビスの弓の比較

では2つの弓の性能を比べてみましょう。

基本性能の比較

まず+50攻撃力を比較すると、ルビスの弓のほうが12も高いです。これは攻撃においてけっこうな差になりますね。

得意モンスターでは大天使の弓のほうがあくま系があるので性能は上です。ただ追加効果に関しては即死は確率はかなり低いのが微妙なところです。

代わりにルビスの弓は通常攻撃でHP回復があるので、安心感がありますね。

ということで僕は基本性能においては、ルビスの弓が上回っていると考えます。

ルビスの弓の勝ち!!

メインスキルの比較

まずルビスの弓のメインスキルである「ルビスのいかずち」はCTと威力共に申し分ないですが、追加の30%ですばやさ2段階アップは確率としては期待しにくいですね。

「アークアロー」はCTと威力はルビスのいかずちに若干劣りますが、デバフ効果は75%と高確率なのでかなり期待できます。

なのでメインスキルを比較すると大天使の弓のアークアローが優秀なので、大天使の弓が上回っていると考えます。

大天使の弓の勝ち!!

初期スロットの比較

初期スロットでは大天使の弓は補助特技Aがないので、かなり使いづらい構成になっています。

強力な攻撃スキルがセットできず手数が増やせないので、無凸の大天使の弓は使えない、というのが僕の結論です。

ルビスの弓は初期スロットで補助呪文Aと補助特技Aがあるので、アークアローを積むこともでき手数とデバフ効果を一気に発揮できます。

というわけで初期スロットの構成は、ルビスの弓の圧勝です。

ルビスの弓の勝ち!!

完凸スロットの比較

大天使の弓は完凸で補助特技Aが2つになりますが、攻撃特技と補助呪文はBのままです。

特に弓の攻撃特技枠はあまり良いスキルがないのが気になります。さみだれうちも威力は微妙。

なので僕としては大天使の弓の攻撃特技Bはジャマでしかありません。ロクなスキルがないのでこれは要らないと考えます。

一方ルビスの弓の完凸スロットはまさに完璧というべき構成。

補助特技Aが3つに補助呪文A。
まさに弓に求められるスロットをガッツリ備えた完璧な構成です。

攻撃特技Aがメインスキルに入っていてそこにルビスのいかずちがセットされているので、大天使の弓に比べて格段に理想的なスキル構成となっています。

加えて補助呪文Aなのでセットできるスキルの幅も大天使の弓に比べて広がります。

というわけで完凸スロットもルビスの弓の圧勝です!

ルビスの弓の勝ち!!

まとめ:ルビスの弓が全てにおいて優れている

  • 基本性能はルビスの弓の勝ち!
  • メインスキルは大天使の弓の勝ち!
  • 初期スロットはルビスの弓の勝ち!!
  • 完凸スロットはルビスの弓の勝ち!!!

以上からルビスの弓と大天使の弓を比較すると、全てにおいてルビスの弓が上回っていることがわかります。

唯一大天使の弓が上回っているメインスキルも、取り出してしまえばルビスの弓にセットすることができます。

逆にルビスの弓のスキルを取り出しても、大天使の弓にセットすることはできません。

このことからも大天使の弓を使う理由がなく、ルビスの弓を完凸させたほうが全てにおいて上回ることができるのです。

というわけで僕はこれからルビスの弓を育てて、完凸に向けて頑張っていく予定です!

皆さんも今回の記事を参考にして、自分にとっての最高の弓を育ててください!

スポンサーリンク

この記事をかいた人

本業は整体師。大好きなGoProを始めとしたアクションカメラや動画編集、子育てなど、僕自身が体験した情報を発信しています!