[e]整体とマッサージの違いについて!それぞれの役割を理解して身体をケアしよう!

整体とマッサージの違い

どうも国家資格を持った整体師ナシタカ(@ehicalog)です。

今では多くのお店で整体やマッサージが行われていますが、実際にこの2つって何が違うのかわからない方も多いのではないでしょうか?

「整体とマッサージって同じでしょ?」と思っている人も多いので、この記事では整体とマッサージについて2つの違いや効果について紹介していきます

この2つは身体のケアの基本でありとても大切なものなので、ぜひ今回の内容を理解して上手に整体とマッサージを活用して欲しいなと思います。

整体とマッサージの違いとは?

整体とマッサージの違いを理解するためには、まず『整体』と『マッサージ』それぞれの違いについて知ることが大切です。

それぞれの特徴と役割について説明していきますね。

整体とは?

整体とは身体をよくするための施術の総称のようなもので広い意味がありますが、マッサージとの違いは身体を根本から良くしようとするところです。

例えば骨盤矯正とかカイロプラクティックなどの施術も整体と言えますね。

整体師という言葉もありますが整体師という資格があるわけではなく、実際は資格がなくても施術ができてしまいます。

矯正で言えば顔や足、骨盤などの骨格を正しい位置に戻すように行うもので1度の施術でスタイルを大きく変化させられるのが特徴です。

マッサージとは?

マッサージは整体と違って『あん摩マッサージ指圧師』という国家資格を持った人が行うもので、保険が適用されるのが特徴になります。

僕が仕事として行っている『訪問マッサージ』がまさにそれで、僕は『鍼師』『灸師』『あん摩マッサージ指圧師』の3つの国家資格を持っているので、保険を適用してマッサージの施術ができるというわけ。

また整体とは違ってマッサージは、体の表面にある皮膚や筋肉に対して施術することをいいます。つまり筋肉をほぐしたりすることで血流を良くするものですね。

なので根本改善というよりは、今ある痛みなどの症状を和らげるために行うようなイメージになります。

整体とマッサージの選び方

ここまでで整体とマッサージについて説明をしていきましたが、まだどちらを選べば良いのか分かりずらいですよね?

実はこの整体とマッサージはどちらが良いということではなく、それぞれが体に対して嬉しい効果があるのでバランス良く組み合わせることが大切なんです。

この理由を理解するためには『痛みと疲労の関係』について知ることが大切です。

疲労と痛みの関係

疲労と痛みは密接に関係していて、この関係性を理解すると矯正やマッサージへの理解が深まります。

分かりやすいようにお風呂に例えて考えてみましょう。まずは浴槽と蛇口を思い浮かべて下さい。

浴槽のイラスト

そして蛇口からお湯を出すと自然と浴槽にはお湯が溜まっていきます。そして一杯に溜まっていって最後には溢れ出てしまいます。

ではこれを体に置き換えて考えてみましょう。浴槽が「身体」で、お湯が「疲労」です。

こうすると体の痛みは下の流れで出てくることがわかります。

  • 体に疲れが溜まってくる
  • 疲れが溜まって体の限界を超えるとあふれてしまう
  • あふれた疲れが痛みとして出てくる

つまり身体の疲労に対するキャパを超えて、疲労が溜まってしまうことで痛みが出てくるのです。

これが疲労と痛みの関係性になります。

言い換えれば、痛みが出ている状態は疲労が溜まっている状態とも言えるわけです。

疲労に対する整体とマッサージの効果

疲労と歪みの関係性が分かったところで、ここに整体やマッサージがどのように関わってくるのでしょうか?

それぞれについて説明していきます。

整体の効果

上で例に出したお風呂を思いだしてください。

浴槽のイラストを体に置き換える

ここで考えみてほしいのが、もしお湯の受け皿である浴槽が歪んでいたとしたらどうなるでしょうか?

浴槽が歪んでいるので、中に入るお湯の量が減ってしまうのが想像できますよね?

歪んだ浴槽

つまり身体で言えば疲労に対してのキャパが減ってしまうわけです。つまり疲れに耐えられずに痛みが出やすい状態というわけ。

これが身体に歪みがあると疲れやすくなったり痛みが出やすくなる理由なのです。

そこで役立つのが整体になります。整体で根本的にアプローチすることで身体の歪みを整えて元の正しい状態に戻すことができるのです。

つまり整体を行うことで下の変化が期待できます。

  • 整体で体のバランスが整う
  • 疲労を貯め込むためのキャパが増える
  • 結果として痛みが出にくくなる

このように浴槽である身体を整えることで、お湯である疲労に耐えられるようにするのが整体の役割になります。

さらに整体を続けることで今まで以上に身体の骨格を整えることができます。結果として底が深い浴槽が作られるようになるので、より疲労に耐えられる身体になることができるというわけですね。

マッサージの効果

ではマッサージはどのように関わってくるのかというと、先程の図でいうとお湯に対してのアプローチになります。

整体は浴槽を元に戻したり、底を深くする役目があることは上に説明した通りです。

しかし整体では中に溜まった疲労の量を変えることはできません

人間動いていれば必ず疲労は生まれますし、それが少しずつでも溜まっていけばやがてあふれてしまい、最後にはあふれ出て痛みが出ることになります。

そうならないために必要なことは浴槽に溜まった水を抜くことで、浴槽の栓を抜いてあげて中のお湯を減らしてしまうことが必要です。

もうお分かりだと思いますが、この栓を抜く作業=マッサージになります。

マッサージをすることで身体の血の巡りを良くして疲労物質を除去し、溜まった疲労を抜くことができるので痛みが出ることなく過ごせるようになるというわけですね。

両方を組み合わせることが大切

以上の関係性を理解すると、「マッサージを受けてスッキリしてもすぐに元に戻ってしまう」理由がわかります。

これはマッサージだけを続けて受けることで起こっています。栓を抜いて疲労を出しても浴槽である身体は変わっていないので、結果として疲労へのキャパが変わっていないのです。

なのでまた疲労が溜まれば痛みが出てくるので、あたかも意味がないことのように感じてしまうんですね。

マッサージだけを続けるのではなく、合間に整体を受けてそもそもの疲労へのキャパを上げる必要があるのです。

逆に矯正だけを受け続けていても身体の疲労感は抜けないので、「矯正を受けた割には疲れが取れないな」ということになります。

どちらだけをやっていてもダメで、矯正とマッサージを上手に組み合わせることが大切です。

矯正で根本の身体の歪みを整えていき、疲れが溜まってきたらマッサージで疲れを抜いてあげる。

疲れが溜まるようなことをしてしまったら、すぐにマッサージで疲労を抜いて痛みが出る前に防ぐ。

このように組み合わせることで、あなたの身体は理想の状態へと近づくことができるのです。

特に産後のママさんは整体とマッサージの組み合わせがおすすめ

僕は以前に産後の骨盤矯正で有名な整骨院で働いていたので、よく産後のママさんに骨盤矯正を行なっていました。

ただ日々の子育てで疲れが溜まっているママさんが多くて、忙しさを理由にして体に痛みがあってもそれを我慢している状態です。

このように痛みを我慢している状態で整体をしていても効果が出にくいんですよ。やはり疲労の量が変わっていないので痛みもそこまで変えることができない

なので僕は必ず今回のお風呂の例え話をして、今の自分の疲労の感じを教えてもらうようにしていました。

そうするとママさんたちもイメージがつきやすくなって「今はお湯がどのくらい溜まっていますか?」と聞いてみると、「もうあふれてます!」とか「一杯になりそうです!」とか教えてくれるようになりました。

なので「じゃあ疲労が溜まってるので今日はマッサージにしましょうか?骨盤矯正は次回にしましょう。」とその日の体の状態に合わせて整体かマッサージを提案することができるんですよ。

このやり方でママさんも体が楽になることが多かったので、本当にやり方1つで体って全然違う反応が出るんですよね。

疲労を甘く見ずに、早めに対処することが大切です。

まとめ

ポイントまとめ
  • 整体とは身体を根本から改善するもの
  • マッサージは痛みや疲労を取り除くもの
  • 疲労と痛みには深い関係があり、お風呂に例えるとわかりやすい
  • 整体とマッサージを上手く組み合わせることが大切になる

今では巷にマッサージのお店がものすごく増えていて、それぞれ様々なやり方があるので選ぶのも大変です。

なので基本の考え方を抑えておくことがとても大切

今回の疲労と痛みの関係を知ることで整体とマッサージがどちらも欠かせないものであることはわかりやすいですし、上手に組み合わせることが何より大事なんだなということも理解できるようになります。

どちらが優れているかではなくそれぞれが体に対して良い効果があるので、それを上手く組み合わせて上げることで体はより良い状態になっていきます。

今までマッサージを受けてもあまり良くならなかったという方も今回の内容を理解して、整体とマッサージを上手に組み合わせて受けるようにしてみてくださいね。

この記事も読まれています

ABOUTこの記事をかいた人

GoProが大好きでHEOR5 Blackから子どもの撮影に活用しています。撮影した動画の編集も大好きで家族の思い出ムービーをたくさん作っているので動画編集についても紹介していきます。