[e]シミュレーションの重要性

ゴルフシミュレーション

この記事をかいた人

本業は整体師。大好きなGoProを始めとしたアクションカメラや動画編集、子育てなど、僕自身が体験した情報を発信しています!

Appleを愛する鍼灸あん摩マッサージ指圧師、ナシタカ(@ehicalog)です。

先日スタッフの役割定義について考えた記事を書きました。

合わせて読みたい!

[e]スタッフの役割定義を考える

今回はその内容を実際に伝えた際に感じた、事前のシミュレーションの重要性について書いていきます。

スポンサーリンク

シミュレーションとは?

シミュレーションとはどういった意味があるのでしょうか?

端的に言うと、「実験」をするというような意味合いが近いですね。

ある場面を頭の中で想像して、実際に話す内容などを思い浮かべるのです。

これをすることで、頭の中が整理されていくような感覚が起こります。

シミュレーションで流れを考える

では実際にどういったことを考えるのか、内容を見ていきます。

伝える順番

その場面で自分が伝えたいことの内容を考えて、実際にどういう順番で話すのかを考えます。

この順番を考えることで相手への伝わり方や理解度が変わってくるので、非常に重要な要素になります。

特に話す内容に繋がりのあるものはないか?あるのであれば続けて話すように順番を変えた方がいいのか?

流れを意識して話すことが大切です。

相手の反応

次に考えるべきは相手の反応です。

上の伝えるべき内容を伝えた際には、相手はどんな反応をするだろう?と考えるのです。

私の場合はスタッフに役割定義に関して伝えることが目的だったので、今さらこのような話をすると「何かあるのかな?」と警戒されるのではないかと心配していました。

相手がどのような反応をするか予測することで様々な準備に繋がってきます

予測される質問

最後に相手からされるであろう、質問について考えます。

伝える順番と相手の反応を考えたことで、相手が疑問に感じる部分も見えてきます。

それに対しての答えを用意して、あらかじめ考えられる質問は全て潰しておきましょう。

繰り返しのシミュレーションで細部が固まる

以上のシミュレーションを行うことで、ある程度の流れと準備すべきものが見えてきます。

そしてその材料が揃った段階で、再度シミュレーションを行うのです。

すると、また新たに浮かぶ予想されうる問題や必要な書類の準備などへの対応が考えられるようになります。

繰り返しシミュレーションを行うことで、自分視点で考えていたことが客観的に見られるようになり流れの細部までもが固まってくるのです。

焦らずに冷静な対応ができる

ある程度の流れの予測と対応策を準備しているので、実際の場面で必要以上に慌てることが少なくなります。

するとまた新たに出た課題に対してもスムーズに回答できるなどのプラスの効果が目に見えて現れます。

焦るリスクを減らし冷静な対応ができる
まさに理想的な状態です。

まとめ

以上からシミュレーションのメリットを3つのポイントにまとめます。

  1. シミュレーションをすることで全体の流れが腑に落ちてくる
  2. 繰り返すことで細かい部分が固まってくる
  3. 冷静に的確な対応のできる話し合いになる
事前にシミュレーションを行うことで頭が整理されていくような感覚です。

相手に何かを伝えたい、こういった流れにしていきたいとの目標があれば、ぜひシミュレーションでそこまでの道筋を辿る努力をしてみてください。

終わりに…

シミュレーションをすることでミーティングの効果も倍増します。

理想のミーティングができないと悩んでいる方はシミュレーションを徹底的にやってみてください。

それではまた次回お会いしましょう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク