働き方

[e]7割の力で結果が出せることの大切さ

Baseball

どうも複業整体師のナシタカ(@ehicalog)です。

今回は私がスポーツトレーナーとしてメインに活動していた際の「学び」をシェアします。

人間、全力は長く続きません。
常に全力投球は無理で必ず身体に負担がきます。

それはバイオリズムからも分かるように、必ず上下を繰り返すのが普通なんです。

そんな時に私達が出来ることはなんでしょうか?
どんな対策をすればいいのか?

自身のパフォーマンス(能力とか実際の行動のこと)を遺憾なく発揮するために必要な考え方を今回学んでもらいたいです。

7割のパフォーマンスを常に発揮する

結論から言うと、7割のパフォーマンスを発揮し続けることを意識するのが大切です。

なぜなら、これが身体への負担が少ない適切な能力の使い方だからです。

全力を出し続けるのは不可能

全力というものは長く続けることができません。

例えばスポーツテストで行う「シャトルラン」。
めちゃくちゃ疲れるテストでかなり苦しめられた思い出があります。

もしこのシャトルラン、翌日もやれ!って言われたら出来ますか?
前日より良い結果を出せますか?

絶対に無理ですよね。

全力というのは常に出すものではなく、一発勝負の必要な場面で出すことが大切なんです。

シーズンスポーツの考え方

これをプロスポーツに置き換えて考えてみましょう。

シーズンスポーツで言えば、日本では野球が有名ですよね。

リーグ戦を戦い抜いた後にクライマックスシリーズと入って、日本シリーズと続く長い戦いです。

ここで考えて欲しいのが、シーズンの目標は何か、ということです。

目標は日本一ですよね?
リーグ戦で勝つことは最終目標ではありません。

リーグ戦を勝っていくのはあくまで日本一になるための「手段」です。

頑張って勝つのではなく、コンスタントに勝ちを積み上げていかなければいけないのです。

リーグ戦144試合を全力で戦い抜くこと自体不可能ですし、その後に日本一になるまで全力で戦い抜くことも絶対に不可能なのは当たり前です。

まずは安定して勝つことが重要です。

7割の力で勝てるパフォーマンス

そこで大切なのが先に述べた、「7割のパフォーマンスを発揮」すること。

そして、7割のパフォーマンスで勝てる力を身につけることです。

つまり7割の力で安定して勝てるパフォーマンスを獲得することが、プロスポーツでのトレーニングやコンディショニングの目標なんです。

全力を出して勝つことは当たり前。
それよりも安定的に出せる7割程の力で相手に勝てることが大切なのです。

あとがき

私はこの考えを聞いてその後の治療のやり方や自分でのトレーニングの考え方に大きな影響を受けました。

常に全力を発揮するのではなく、安定してパフォーマンスを発揮することの方が大切で、維持することは何倍も難しいということを感じたんです。

皆さんも何事にも全力投球で頑張り過ぎていませんか?

それよりもいついかなる場合でも安定して力を発揮できる準備をすることも大切です。

7割の力で結果を出すことを意識してみると、もっと結果が出しやすくなって身体にも負担になりにくくなりますよ。

スポーツに限らず、仕事などの日々の生活の中でも生きてくる考え方ですので、ぜひ意識してみてください。

それではまた次回お会いしましょう!

ABOUT ME
ナシタカ
GoProが大好きでHEOR5 Blackから子どもの撮影に活用しています。撮影した動画の編集も大好きで家族の思い出ムービーをたくさん作っているので動画編集についても紹介していきます。