[e]たすくまからChromeを使って好きなウェブページをコールバック付きで開くと記録が取りやすい!

この記事をかいた人

本業は整体師。大好きなGoProを始めとしたアクションカメラや動画編集、子育てなど、僕自身が体験した情報を発信しています!
たすくまとGoogleChromeをURLスキームで連携!

今回はたすくまからChromeブラウザをコールバック付きで開く方法をご紹介します。

日々のルーチンワークの中でWebページを確認するものがあると思います。
私の場合もあるページを毎日開く習慣があります。

そんな時にたすくまから直接Chromeブラウザを開いて、終わったらコールバックで戻れることで記録を取ることが簡単になります。

スポンサーリンク

Chromeのコールバック付きURLスキーム

まずはChromeブラウザをたすくまへのコールバック付きで開くURLスキームをご紹介します。

googlechrome-x-callback://x-callback-url/open/?x-source=たすくま&x-success=taskuma://&url=任意のページのURL

こうやって書くと難しそうな印象ですが、中身は意外に簡単です。

x-sourceは表示名

x-source=たすくまコールバックでの表示名になります。
Chromeブラウザの場合は左上にコールバックボタンが出現するのですが、そこに表示される名前になりますので、お好きなものに変えてください。

私は分かりやすいようにたすくまにしてあります。

x-successはコールバックでの動作

x-success=taskuma://&url=任意のページのURLコールバック付きのアクションを指定する部分です。

上記の書き方ではコールバックをたすくまへ指定して、urlの部分で任意のページを開くように指定してあります。

たすくまの設定

上記で作成したURLスキームをたすくまに設定していきます。

まずは個別のタスクからチェックリスト機能を呼び出して登録しましょう。

たすくまのチェックリスト

チェックリストに登録しておくと、ダブルタップでURLスキームが作動します。

たすくまのチェックリストをダブルタップ

Chromeブラウザが立ち上がって任意のページが開きますので、左上にたすくまへのコールバックが付いているかを確認してください。

コールバック出現

無事にコールバックが出現していれば完璧です。

今回の方法の問題と対処方法

今回ご紹介した方法を使うことで、たすくまからWeb検索のタスクを開始記録→作業→終了記録の流れがスムーズになります。

しかしそこで新たな問題が出たのです。

ページを進むとコールバックが消える

問題としては、Web検索でページを進むとコールバックがなくなってしまうところです。

私もページを開けたのはいいのですが、たすくまにコールバックで戻れないのは痛いなと感じました。
これではコールバックで開いている意味がないですよね。

別タブでの作業

上記の問題への対処としては、別のタブで開く方法を私はしています。

数ページ進む場合であれば、戻るボタンですぐに戻れるのでコールバックを使うことが出来るのですが、手間にはなってしまいます。

でしたら最初からコールバック付きのページは残しておいて、別のタブで作業を進めていった方が効率的かなと感じました。

特にWeb検索の記録を取りたい方は、Googleのページへ飛ぶように設定することでたすくまでの記録がスムーズに取れます。

スムーズに記録が取れる爽快感

記録を取ることはとても大事なことだと分かってはいても、続かないのはやり方が分からないとか複雑だからですよね。

その「記録を取る」という行為を簡単にできるのがたすくまとタスクシュートのすごいところです。

その中で私の場合は、たすくまというiPhoneならではの「アプリ間の切替」をもっとスムーズに出来ないかと考えて今回の方法を試してみました。

アプリ間の切替もURLスキームを上手く利用することでこんなにも簡単に出来るので、ぜひ利用してみてください。

それにしても、あんなに便利だと感じていたホームボタンダブルタップでのアプリの切り替えも、慣れてしまうと遅いし、いちいち面倒だと感じてしまう。
人間の慣れは怖いなと思いつつも、さらなる上昇思考の表れでもありますから、進化には必要不可欠な部分なんだろうなと思っています。

これからもたすくまのスムーズな使い方を探し続けていきます。

以上、ナシタカ(@ehicalog)でした!

from するぷろ

たすくま — TaskChute for iPhone — 記録からはじめるタスク管理 1.1.2
分類: 仕事効率化, ライフスタイル
価格: ¥3,600 (Sayaka Tomi)

スポンサーリンク

スポンサーリンク