[e]たすくまのチェックリストでURLスキームを活用すると更に便利になります

この記事をかいた人

本業は整体師。主に大好きなGoProを始めとしたアクションカメラや動画編集、子育てについての情報を発信しています!

たすくまのチェックリストはとても便利で素晴らしいので、毎日お世話になってます。

今回はまた私が便利だと感じた部分をご紹介していきます。今回のテーマはURLスキームの活用です。

このURLスキームを上手に活用するとたすくまと他のアプリをスムーズに連携させることができるのでとても便利です。今回はその使い方を実例を元に見ていきましょう。

スポンサーリンク

たすくま

Taskuma — TaskChute for iPhone — 記録からはじめるタスク管理 1.1.15
分類: 仕事効率化, ライフスタイル
価格: ¥3,600 (Sayaka Tomi)

URLスキームとは

URLスキームとは、あるアプリから他のアプリへと移動する、アプリ間の連携機能のようなイメージです。

ただ移動するだけでなく、情報をアプリ間で受け渡すこともできるので、使い方によってはとても便利になります。

たすくまを中心としたアプリ連携

今回はこのURLスキームを使用した、たすくまを中心としたアプリ連携の活用法です。

URLスキームを上手に利用することでたすくまを中心にアプリを呼び出せるようになり、タスクの素早い実行が可能になります。

チェックリストからアプリを呼び出せる

たすくまのチェックリストに項目を登録することで、URLスキームを登録できる画面が現れます。

ここにURLスキームを使用することで、簡単にアプリを呼び出すことができるのです。早速使い方を見てみましょう!

電話をかけるURLスキーム

ここではまず電話をかけるというタスクを登録してみましょう。

まずはチェックリストにタスクを登録します。次にそのタスクをタップすると、新たな入力画面が現れます。

たすくまチェックリスト登録

真ん中に「App」の欄があるので選択すると、あらかじめURLスキームが用意されているアプリが一覧できます。

今回は電話をかけるので、「Tel」を選択します。すると、上部欄にTelが入力されて下部欄にはtel:が入力されます。

たすくまチェックリストURLスキーム

このtel:の後にかけたい電話番号を入力してみましょう。これで画面右上のアイコンをタップすると、「Open App」が出て来ますのでそのままタップします。

たすくまURLスキーム電話

すると、先程入力した電話番号へ自動的に電話がかかります。

たすくまURLスキーム素早い電話

このように、あらかじめ準備しておけば予定確認から「アイコンタッチ」→「Open Appを選択」の2タップで電話をかけられるので、素早い行動が促されます。

行動の効率化が実現します

この方法を使うことで、行動を意識した1日をデザイン出来るようになります。

以前は電話をかけようと思ったらそのタイミングで連絡先を検索し、電話をかけていました。時間が押してしまって焦っている時などは、この時間がとてもイライラしてしまうのです。

しかし、あらかじめ電話をするタスクをチェックリストに登録しておけば、連絡先を探す手間もなく、瞬時に電話出来ます。また、なによりミスがかなり少なくなるのが最大の特徴です。

事前の計画段階でタスクへの入力ができ、落ち着いた状態でチェックリストの行動を検討することができます。仮に予定がズレても修正にかかる入力が最小限で済むので、忙しい時の手間を可能な限り省くことができますしね。

たすくまに情報を一元化

なにか行動をする場合、使うツールは少ない程に効率的になります。

しかし、現実には電話をかけたりメールを送ったりなど様々なアプリを利用しなければならず、利用すると自然に手間が増えます。
その手間を可能な限り少なくするには、アプリ間の中心となるメインアプリの存在が必要なのです。

私にとってはその情報の一元化の大元が、たすくまでした。

たすくまを開けば1日の行動予定、つまりやるべきことが分かり瞬時にタスクに取りかかれる。
この効率的な行動はURLスキームを使った連携で実現でき、いまや日常生活に欠かせないアプリとなっています。

たすくまをお使いの方、より効率的な1日をデザインしたい方にお試し頂きたいです。

本日のアプリ

Taskuma — TaskChute for iPhone — 記録からはじめるタスク管理 1.1.15
分類: 仕事効率化, ライフスタイル
価格: ¥3,600 (Sayaka Tomi)

スポンサーリンク

スポンサーリンク