[e]タクシーに乗ったらやるべきこと!必ずGoogle Mapsで確認しながら指示を出すべき!

タクシーに乗り込んだときの風景

この記事をかいた人

本業は整体師。大好きなGoProを始めとしたアクションカメラや動画編集、子育てなど、僕自身が体験した情報を発信しています!

どうもサラリーマンブロガーのナシタカ(@ehicalog)です。

この記事では普段タクシーに乗らない人がタクシーに乗った時にやるべきことについて僕の経験を元にしてまとめています。

普段タクシーに乗る機会がほとんどない僕にとってたまにタクシーに乗るといろいろと無駄が多いくなってしまうんですよ。

必要以上に時間がかかったりお金がかかったりするのでこれはもったいないなと。特に時間が取られるのがもったいなさ過ぎる。

そこで今までの経験から「次にタクシーに乗るときの行動指針を作ろう!」と思い立ってこの記事を書いてみました

僕のように普段タクシー乗らないけど、ここぞという時に乗る!という方にぜひ読んで欲しい記事となっています。

スポンサーリンク

結論:Google Mapsを活用して無駄な時間を削減しよう!

Google Mapを活用して無駄な時間を削減

この記事の結論としてはタクシーに乗ったらGoogle Mapsで必ず目的地までのルートを検索しましょう

そうでないと知らない道の場合はどこを走っているか分からないですし、ドライバー自体が道を知らない場合に即座に対応できます。

ドライバーによっては、「道を知らないから全てこちら任せで走らせている人」がたまにいるので、本当に注意が必要です。

Google Mapsを活用して移動時間を短縮すれば、自分の時間が確保できますしお金の節約にも繋がるので、まさに一石二鳥です。

タクシードライバーに期待するのは大間違い

タクシードライバーに期待してはいけない

大前提として、タクシードライバーだから道に詳しいというのはもはや幻想です

むしろ期待し過ぎてしまうのは間違いなので、ここをまず理解してから読み進めてください。

細かい道を把握していない

タクシードライバーは、全ての道を把握している訳ではありません。

普段走っているエリアであれば詳しいかもしれませんが、そこから離れてしまえば、ほぼ自分と同じくらいの土地勘だと思った方が絶対に良いです。

例えば細かい道は分からないけど、大通りを通る道なら大体は分かる、くらいのレベルだと思いましょう。

それ以外の「ここを通った方が早い」という裏道などは、本当に経験豊富な方しか分からないことがほとんどです。

そのため抜け道を使えずに大通りを通って渋滞に巻き込まれることも少なくないので注意が必要です

短時間で着く必要がない

そして自分との大きな違いは目的にあり、タクシードライバーにとっては「目的地に最短で着く必要はない」ということです

自分はタクシードライバーに行き先を伝えることで『目的地まで最短でよろしくね』と伝えているつもりです。

しかしタクシードライバーにとっては長く乗ってもらった方が良いわけですから、必ずしも最短で到着する必要はないということです。

だからこそ道が分かっていなくても、こちらに大まかに道を確認しながら走ってしまおうというドライバーも多いわけです。

この点から大きな隔たりがあるわけですから、こちらでしっかりとマネジメントしてあげる必要があるわけですね。

タクシーに乗ったらGoogle Mapsを活用すべし!

タクシーに乗り込んだら即座にマップを活用

では実際にどうしたら良いのかというとGoogle Mapsを活用しましょう。

タクシーに乗車をして行き先を告げたら、すぐにGoogle Mapsで目的地までのルートを検索するのです

そこには2つの理由があります。

混雑情報のチェック

Google Mapsの便利なところが、リアルタイムでの道の混み具合が分かることです。

初めての道の場合は、「この道は混みやすい」とか「今の時間帯はこの道は通らない方が良い」などの道路状況が全く分かりません。

こうした時にGoogle Mapsを活用することで現在の道路状況が一目で分かるのでそれを参考にしながらルートを探すことができます

これはGoogle Mapsだからこそできる便利な確認方法なのでぜひ活用したいところです。

ルートの指示出し

上に書いたように、Google Mapsで現在の道路状況を確認した後にするべきは、「ルートの指示出し」です。

現在位置が移動していくので、それに合わせてルートを確認しつつ、ドライバーに指示を出すことで最短ルートでの移動ができます。

特に何度も道を確認してくるドライバーの場合はこちらから全て指示してあげた方が向こうも分かりやすくておすすめ

Google Mapsで確認していると、実は目的地とは別の方向に車を走らせていることが一目で分かるので、修正もしやすいですよ。

まとめ

この記事のポイント
  • タクシーの運転手さんも万能ではない
  • タクシーに乗ったらGoogle Mapsを活用すべし!

今回は僕なりの考えをまとめてみましたが、この対応をすることで無駄な交通費や時間を削減できて、とてもおすすめです。

これをやらなかったばかりに、僕はものすごい大回り&割増で無駄な時間とお金を費やしてしまったので、とてももったいなかったなと。

しかしこの経験で、「次乗るときは絶対にこうしよう!」というやり方が見えたので、僕のようにたまにタクシーを使う方はぜひこれを意識してみてください。

タクシーを上手に活用して.自分の時間をしっかりとマネジメントしていきましょう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク