[e]ほぼ日手帳WEEKSとMDノートの使い分けで情報が自然と整理された

ABOUTこの記事をかいた人

GoPro好きな整体師。GoProのレビューから使い方まで実際に使ってみた感想を基に記事を作成しています!HERO6/HERO5 BLACK

ほぼ日手帳WEEKSとMDノート

Appleを愛する鍼灸あん摩マッサージ指圧師、ナシタカ(@ehicalog)です。

私は全ての情報を1カ所にまとめることに疑問を感じていました。

それは情報を1カ所に集約することが悪いという訳ではなく、私自身に問題があります。
1カ所にまとめた情報の整理と活用がとても苦手だったのです。

それは今までに様々な方法を試してきたからこそ分かったのです。

例えば、手帳に日々の予定とタスクの実績、その日に感じたことなどをまとめていくことを試してみました。

しかし、まとめてはいてもそれを後で読み返してもそれを有用な情報だと感じられないのです。

情報が混ざり合っていて気持ち悪く感じ、私にはそれが不快だったのです。

そこで考えた事が、合えて情報を分けて保管することでした。
それぞれのツールの良さがあるからこそ、それを活用した方が効率的だと考えたのです。

そのためには運用ルールが必要、それもシンプルで強力なものです。

この記事では、ツールを「情報の仕切り」として活用することで整理と活用がしやすくなる、ということをお伝えします。

ではその理由をまとめていきます。

スポンサーリンク

活用している文房具達

ほぼ日手帳「WEEKS」

このサイズ感から持ち運びに便利で、いつでもどこでもスケジュールをチェックできるのがお気に入りポイントです。

[e]ほぼ日手帳のWEEKSを購入:持ち運びに便利で重宝します! | ehicalog

全てを記録する「MDノート」

柔らかな風合いが魅力の書きたくなるノートです。
クリーム色の用紙が目に優しく、ペンの書き心地もとても気持ちが良いです。

[e]柔らかな風合いが魅力のMDノートを購入 | ehicalog

ツールを「情報の仕切り」として活用

今回なぜ2つの文房具が必要だったのかというと、情報を分けたかったからです。

情報の集約の弊害

私が分けようとした情報は、「日付に関わる情報」と「思考やアイディア」の2つです。

今まではこの2つをほぼ日手帳のカズンにまとめようと考えていました。

しかし、1冊にまとめようと思うとカズンのような大型の手帳を使うことになり、そのサイズから即座にメモを取るなどの機動力が失われてしまったのです。

また情報を集約したしたとしても、2つの情報が入り混じっている状態になっています。
これでは振り返ってみても、一目では理解できません。

瞬時に理解することができずに、情報を読み解く必要が出てくるので気軽に振り返る気持ちにもなれなかったのです。

情報の分割

そこで情報を分割することを考えました。
そこで活用したのがWEEKSとMDノートの2つのツールだったのです。

それぞれに役割を持たせ、フォーマットに合った情報を集約することにしました。
その分け方が以下になります。

日付に関わる情報→WEEKS
考えやアイディア→MDノート

こうすることで、無差別に情報が混ざり合うことを避けることができました。

つまり私がやりたかったことは、自分の中で情報の仕分けをしたかったのです。

そのためにWEEKSやMDノートなどの「ツール」を仕切りとして利用した訳です。

運用ルール

WEEKSは予定と実績の記録

スケジュールやタスクの実行予定はWEEKSを見ながら決めていきます。
そして実行予定日にタスクを全て記載することで、予定と実績な自然と残っていくのです。

ここで大切な事は、スケジュールに関する感想などはWEEKSには絶対に残さないことです。

アポなどでの会話内容やタスク実行の感想など、考えたことや感じたことはWEEKSには一切記入しません。

あくまでも予定とその実績を記入するだけです。

こうしておけば、あらかじめ日時を決めて予定を組んでいるのでその記入と簡単なメモが書ければ良いことになります。

WEEKSは持ち運びしやすい分、書き込みスペースが少ないが私にはそれがちょうど良いのです。

スペースが限られているからこそ、簡潔に予定やメモを書く意識ができるようになります。

MDノートはそれ以外を記入する「Inbox」の役割

では日々感じたことや考えたことはどこに記入していくのでしょうか?
そこで活用するのがMDノートです。

日々感じたことや心に残ったこと、調べたこと、考えをまとめたい時などは全てMDノートに書いていきます。

ノートなら手帳のように場所を気にすることなく、どんな事を書いても、どんなに長くなっても問題ありません。

ここで大事なことは、日付を必ず入れることです。

こうすることで、自然と時系列に記録していくことができるので、振り返りの時に流れに沿って情報を追うことができます。

このノートに集まっているのは全て自分の心に響いた情報だけが集まっています。

その情報だけを振り返ることができるので、新たな発想が生まれてくるきっかけにもなるのです。

まとめ

ツールを情報の仕切りとして活用することで整理と活用がしやすい

全てをまとめるのと同じように、それぞれのツールに書くことが定まっているので情報の整理がしやすくなります。

迷うことなく、記録がスムーズに取れることはストレスフリーを実現できますし、整理の手間もほとんどかかりません。

用紙のフォーマットに従って記入していくだけで良いのですから、気軽に記録していけることはとても楽しいです。

振り返りがしやすい

情報がまとまっていることが分かっているので、過去のスケジュールを振り返りたいときはWEEKSを見るだけで良く、余計な情報は入ってきません。

そこにMDノートを並べて、当日の記録を振り返ることもできます。

2つの情報が分かれているからこそ、気持ちよくスムーズに振り返ることができるのです。

終わりに…

今まで1カ所にまとめようとしていた自分が無理をしていることに気づきました。

そのきっかけがWEEKSとMDノートを利用したことです。

この2つのツールを使うことで、今まで苦労してい情報の取り扱いがとても楽になったのです。

試していなかったら、1カ所にまとめることが正解だと盲目的に追い続けていたと思います。

何事も取り組んで、自分がどう感じるかが大切なんだと実感しました。

それではまた次回お会いしましょう!

Posted from するぷろ for iOS.

スポンサーリンク

スポンサーリンク