[e]WordPressでサブディレクトリを作成!

wordpressのロゴ

今回はwordpressでファイル管理が楽になる「サブディレクトリの作成方法」をご紹介します。
私もつい最近WordPressを使い始めたわけですが、その時にレンタルサーバーの簡単インストール設定で楽にWordPressをインストールしました。

そうなると、ファイルがルートディレクトリに散らかり放題になってしまうという情報を耳にしたので、これは今の内にやらないと大変だな!って思って作業をすることに。

しかし、付け焼き刃の知識なので、この作業にかなりの時間がかかってしまいました。
同じような経験をされた方もいると思いますので、今回自分のやり方を書いていきます。

各ディレクトリの意味

まずディレクトリですが、フォルダと同じ意味だと思ってください。
そこからまず色々なディレクトリの種類を見ていきます。

ルートディレクトリとは?

まず私が直面した問題として、WordPressのファイル構造と言葉の意味がよく分かってない事がありました。

まず意味不明なのが、ルートディレクトリ。
これはファイル構造の「根っこ」の部分で1番表層にあるディレクトリです。

後で出てくるFTPソフトでサーバーと接続した時に、一番最初に出てくる階層ですね。
今現在はこの場所にファイルがあることが問題になっています。

サブディレクトリとは?

そして、サブディレクトリ。
これはルートディレクトリ内にあるディレクトリのことです。

つまりFTPで接続した一番最初の画面に作成したディレクトリのことですね。
今回はこの作成したディレクトリにファイルを入れることが目的になります。

各ディレクトリの関係

つまりこの関係は、ルートが親分でサブが子分みたいなものです。(そのまんまですね)

最初はこの関係性が分からずにWordPressにログイン出来なくなってしまったり、index.phpの置き場所を間違えて表示されなくなったりしていました。

この関係性をまず覚えることが大事なので、分からなくなったら上の説明に戻りながら作業を行いましょう!

FTPソフトの設定

作業に必要なソフトとして、「FTPソフト」が必要なのでご用意下さい。
私はMBPユーザーですので、今回はFileZillaを使いました。

ここも訳が分からない部分だと思いますが、やってみると意外に簡単です。

今回は先程も書いたFileZillaを例に説明します。
以下は参考にさせて頂いた記事です。

FTPクライアントソフト FileZilla の使い方 | prismnium

まずは左上の「サイトマネージャー」を開きます。
サイトマネージャーを開く

以下画像の□で囲んだ部分。
FTPソフトの情報入力画面

ここにサーバーと接続するのに必要なものを入力していきます。
必要なものは以下です。

  • ユーザー名
  • ホスト名
  • パスワード
私の場合はサーバー契約時のメールに書いてありましたので、そちらを入力しました。

設定が終わりましたら、早速接続しましょう!
成功すると、

ファイル構成の表示

上の画像のように、サーバーでのファイル構成が表示されます。
ここで構造を確認すると、ルートディレクトリ内には多数のファイルが存在しているはずです。

ここで重要なのが、

  • .htaccess
  • index.php
上記2種類となります。
この2つのファイルを編集していきますので、まずはこのFTPの設定をしっかりやりましょう!

まとめ

  • ディレクトリの意味を理解する
  • ルートとサブの関係性が大事
  • FTPの設定は意外に簡単

まずは作業の前の下準備としてここまでの設定をしていきましょう。
特にディレクトリという言葉の意味をしっかりと理解することで、作業の効率が上がります。

僕も最初は全く何のことか分からなかったんですが、これが理解できてからやることが分かってどういう設定をすれば良いのかが見えるようになりました。

次回は実際にWordPressをいじっていきます。
続きはこちらから。

wordpressのロゴ

[e]WordPressでサブディレクトリを利用する方法

2013/03/06

ナシタカ(@ehicalog)でした。

この記事も読まれています

ABOUTこの記事をかいた人

GoProが大好きでHEOR5 Blackから子どもの撮影に活用しています。撮影した動画の編集も大好きで家族の思い出ムービーをたくさん作っているので動画編集についても紹介していきます。