[e]YouTubeの動画をiPhoneでダウンロードする方法!めちゃくちゃ簡単でおすすめ

YouTubeの動画をiPhoneでダウンロードする方法

どうもYouTube大好きナシタカ(@ehicalog)です。

この記事では、YouTubeの動画をiPhoneでダウンロードする方法について紹介しています。

YouTubeの動画をiPhoneでダウンロードするには、特定のアプリを使う方法がよく紹介されています。

確かにダウンロードはできるんですが、そうすると保存したアプリでしか動画を観られないんですよね

できれば視聴用の機能が充実した他のアプリにデータを移したいので、そのやりとりが簡単にできるのが理想的です。

ただなかなかその悩みを解決してくれるものがなくて、僕は今までいちいちMacを経由してダウンロードをしていましたが、これがやっぱり面倒なんですよ。

そこで見つけたのが、今回紹介する『ショートカット』アプリを活用した方法です。

この方法を使えばダウンロードが簡単にできて、さらに視聴用のアプリに簡単にデータを保存することができます

お陰でiPhoneだけでYouTubeのダウンロードするが簡単にできて、今では僕のYouTubeライフに欠かせないものなっています。

同じように悩んでいる方のために、そのやり方を詳しく紹介していきますので、ぜひ参考にしてください!

スポンサーリンク

2018年9月19日追記:iOS12からWorkflowが『ショートカット』アプリに変更

WorkflowアプリがiOS12から『ショートカット』アプリへと変更されました。

使い方は全く変わらず、アプリ名だけが置き換わった感じですね。

そのためこの記事でもWorkflowをショートカットに置き換えて説明しているので、iOS12より前のOSを使っている方は、Workflowを使ってください。

ショートカット 2.0
分類: 仕事効率化, ユーティリティ
価格: 無料 (DeskConnect, Inc.)

結論:iPhoneアプリ『ショートカット』を使う

今回の記事の結論として、iPhoneアプリの『ショートカット』を活用していきます。

Workflow 1.7.8
分類: 仕事効率化, ユーティリティ
価格: 無料 (DeskConnect, Inc.)

ショートカットにはYouTubeをダウンロードするためのレシピがすでにあるので、そちらを活用するだけという簡単な使い方が嬉しいポイント。

他にも様々なレシピがあって、iPhoneをさらに便利にしてくれるとても素晴らしいアプリなので、ぜひこちらからダウンロードしてください!

『ショートカット』でレシピの準備

事前準備として『ショートカット』でのレシピを準備していきますので、ショートカットをダウンロードしたら早速起動しましょう。

そうするとまずトップ画面として登録したレシピの一覧がこのように表示され、今回活用するのがこちらの『Download YouTube』というレシピです。

ショートカットのレシピ一覧画面

こちらのリンクをiPhoneからクリックすると、簡単にレシピとして登録できます。

これでショートカットにレシピが登録されたので、準備万端です。

iPhoneでのYouTubeダウンロード手順

では実際のYouTube動画のダウンロードについて、その手順を詳しく解説していきます。

と言っても簡単なので、安心してくださいね。

全体の流れはこのようになっています。

作業手順
  1. SafariでダウンロードしたいYouTube動画を開く
  2. エクステンションから『ショートカット』を選択
  3. 動画のダウンロードができたら保存

順を追って見ていきましょう。

SafariでダウンロードしたいYouTube動画を開く

まずSafariでダウンロードしたいYouTube動画のページを開きます。

SafariでYouTubeを開いたところ

このときに『YouTubeアプリ』に飛ばないように注意してくださいね。

エクステンションから『Run Workflow』を選択

次にSafariで画面をタップした時に下部に表示される、『エクステンション』アイコンをタップします。

Safariのエクステンションアイコンをタップ

するとメニューが出てくるので、下の段に表示される『ショートカット』を選択しましょう。

Safariのエクステンションから「Run Workflow」を選択

そうすると使えるレシピが表示されるので、先ほどの『Download YouTube』のレシピを選択します。

Workflowのレシピ一覧画面

これで後は勝手にレシピが動いてくれるので、動画のダウンロードが終わるまで待ちましょう。

ちなみに時間としては、30分の動画なら1分ちょっとくらいでダウンロードできる感じです。

動画のダウンロードができたら保存

動画のダウンロードが終わると、このように画面が切り替わります。

Workflowでダウンロードが終わったところ

ここで左下の『エクステンション』アイコンをタップすると、カメラロールへの保存ができます。

Workflowのダウンロード画面からエクステンションを選択 Workflowのエクステンションから「Save image」を選択

これでiPhoneに動画をダウンロードすることができました。

どうですか?めちゃくちゃ簡単ですよね?

まとめ:『ショートカット』で簡単ダウンロード

ポイントまとめ
  • iPhoneでYouTubeをダウンロードする流れ
    1. 『ショートカット』でレシピの準備
    2.  SafariでダウンロードしたいYouTube動画を開く
    3.  エクステンションから『ショートカット』を起動
    4.  動画のダウンロードができたら保存
  • 簡単に動画のダウンロード&保存ができる

今回はiPhoneアプリ『ショートカット』を使った、iPhoneでYouTube動画をダウンロードする方法について紹介しました。

レシピの保存から実際のYouTubeのダウンロードまで、とても簡単にできるのが最高で、僕が今とても愛用している方法になります。

さらに僕が気に入っているのが、ダウンロードした動画を他のアプリに簡単に移せるところなんですよ。

このようにiPhoneへのダウンロードだけでなく、他のアプリとのデータのやりとりが簡単にできるのがお気に入りポイント。

YouTubeの動画をiPhoneにダウンロードするなら、この方法がめちゃくちゃ簡単でおすすめなので、ぜひ活用してくださいね!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事をかいた人

本業は整体師。大好きなGoProを始めとしたアクションカメラや動画編集、子育てなど、僕自身が体験した情報を発信しています!