ニンテンドースイッチ

ニンテンドースイッチが楽しめる15.6インチモバイルディスプレイ!【GeChic On-Lap M505Eレビュー】

ナシタカ
ナシタカ
この記事ではモバイルディスプレイのGeChic On-Lap M505Eについてレビューしています。ニンテンドースイッチの持ち運び用ディスプレイとして大活躍してくれています!

どうも、ニンテンドースイッチ大好きナシタカです。

子どもも大好きなニンテンドースイッチはどこでも持ち運べるのが魅力で、出かけるときは必ず持ち歩いています。

特におばあちゃんやいとこのところに遊びに行くときは必需品ですが、ここで問題になるのがテレビ。みんなが使うものですから、タイミングによってはテレビに繋ぐことができないこともあります

そこでおすすめしたいのが、『GeChic On-Lap M505E』というモバイルディスプレイ。

15.6型の大きなディスプレイでありながら、持ち運びもしやすいのが特徴。まさにニンテンドースイッチにピッタリのモバイルディスプレイです。

この記事はメーカー様より商品を提供頂き執筆しています。

GeChic On-Lap M505Eの外観とセット内容

GeChic On-Lap M505Eの特徴をまとめたのがこちらです。

サイズOn-Lap M505E
サイズディスプレイ:約364 × 250 × 6.9mm
I/Oベース:約364 × 135 × 10.7mm
重さ約1.2kg
ディスプレイ15.6インチ IPSノングレア
端子HDMI
USB-C
スピーカー2chスピーカー(最大1.5W x 2)

On-Lap M505Eは、ディスプレイサイズが15.6インチとなっていてかなり大きめですね。それでいて重さが1.2kgと軽めなので、気軽に持ち運びができます。

On-Lap M505E

解像度は1920×1080のフルHDなので、ニンテンドースイッチの映像にピッタリになっています。

裏面に台座をたたむことができ、コンパクトに持ち運ぶことができます。

On-Lap M505E

本体の台座部分が折れ曲がってスタンドとなり、無段階調節で好きな角度で固定できます。

On-Lap M505E

この台座部分が最初ガタついているような感じがしたので、動かすときに折れないか少し心配でしたね。

On-Lap M505E

ただずっと使い続けていると慣れるので、今では問題なく使えています。最初だけ少しビックリするかもしれません。

I/Oベースは後ろ側に外部接続が集まっており、ここに他の機器を接続します。

On-Lap M505EOのI/Oベースの端子部分
  • イヤホンジャック
  • HDMI出力
  • HDMI入力
  • USB-C
  • 電源入力

側面には電源ボタンや操作ボタンが。ここでディスプレイ自体の操作をしていきます。

On-Lap M505EのI/Oベース側面の端子
  • セキュリティスロット
  • 電源ボタン
  • 音量+
  • 音量-
  • メニューボタン
  • 決定ボタン

On-Lap M505Eタッチパネルにはなっていないので、設定を変えるときはボタン操作が基本です。タッチパネル対応モデルもあるので、お好みでどうぞ。

セット内容はこのようになっています。

On-Lap M505Eのセット内容
  • 本体
  • HDMIケーブル(1.2m)
  • USB-Cケーブル(1.0m)
  • USB-C to A変換アダプター
  • 電源アダプター
  • 収納ケース

最初から専用のケースがついているので、すぐに持ち運びができるのはありがたい。

On-Lap M505Eのケース

ベルクロで止めるタイプなので開け締めは楽ですが、ビリっと音がするのがちょっと気になりますね。

On-Lap M505Eのケースのベルクロ部分

けっこうピッタリと作られているので、最初は入れるのに少し苦労します。使い続けるうちにちょっと変わってくるのかもしれません。

On-Lap M505Eのケースの内側

ケーブルは2種類あり、HDMIケーブル1.2mとUSB-Cケーブル1.0mが付属しています。

電源アダプタはUSB-Aとなっており、付属のアダプタをUSB-Cに取り付ければ使えます。これで電源ケーブルとして使うわけですね。

On-Lap M505Eの電源アダプタ

また説明書には様々な場面での接続の仕方についてまとめてあるので、こちらを参考にすれば接続も簡単にできます。

ナシタカ
ナシタカ
充実したセット内容で、特にケースがついていて最高です!

GeChic On-Lap M505Eとニンテンドースイッチを接続

僕はOn-Lap M505Eをニンテンドースイッチの持ち運び用ディスプレイとして愛用しています。

On-Lap M505Eとニンテンドースイッチ

On-Lap M505EはUSB-Cケーブルだけでの接続には対応しておらず、ディスプレイへの電源ケーブルとHDMIケーブルをそれぞれ接続する必要があります

僕はテレビに接続するときに愛用している、持ち運び用ドック『C-Force変換アダプタ(CF001)』を使っています。このようにいつも通りドックを介してスイッチとOn-Lap M505Eを繋ぎます。

On-Lap M505EにC-Force変換アダプタ(CF001)を介してスイッチを接続

そしてOn-Lap M505Eへの電源接続としてUSB-Cケーブルを接続します。これで電源供給はOK。

On-Lap M505Eに電源用のUSB-Cケーブルを接続

これでディスプレイをONにすれば、このように無事にスイッチの画面が表示されます。

On-Lap M505Eにスイッチの画面が表示されたところ

情報を確認すると、ちゃんとフルHDで表示されているのがわかりますね。

On-Lap M505Eの接続情報

画面を見てもとてもキレイで、問題なく表示されているのがわかります。むしろ十分なレベル。

On-Lap M505E

これならテレビに接続できないときでも、大きな画面でやりたいときに便利。サイズ的にも持ち運びしやすいので、部屋を移動するのも楽勝です。

On-Lap M505Eにスイッチを接続しているところ

15.6インチのサイズ感がとてもいい感じで、画面の大きさはプレイがしやすくてとても気に入っています。子どもとやるときにも便利すぎて手放せません。

ナシタカ
ナシタカ
接続がちょっと手間ですが、スイッチのプレイはめちゃくちゃ快適です!

まとめ|On-Lap M505Eはスイッチのモバイルディスプレイとして使いやすい!

ここまでOn-Lap M505Eについてまとめてきましたが、結論としてはニンテンドースイッチ用の持ち運びディスプレイとしてかなり使いやすいです。

USB-C1本での表示には対応していませんが、15.6インチの画面はとても見やすく、ゲームプレイはとても快適。特に子どもが大喜びで、大きな画面でプレイできることに毎回喜んでくれています。

また付属品にケースがついているので、持ち運びもしやすいのも大きなポイント。1.2kgと重さもそこまで重くないので、どこにでも持っていってスイッチを楽しめるのは控えめに言って最高です。

今ではスイッチと一緒に持ち運ぶときに欠かせないアイテムとなっているので、スイッチ用のモバイルディスプレイを探している方はぜひチェックしてみてください!

▼ニンテンドースイッチにおすすめの持ち運び用アクセサリーはこちら

ABOUT ME
ナシタカ
30代の子育てパパ。生活を豊かにするために自分がやってみたライフハックを紹介していきます。人生をより豊かに、楽しく!がモットー。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です