MENU
GoProアクセサリー

【ベルボンウルトラスティックセルフィーレビュー】多段伸縮が可能な自撮り棒

ベルボン自撮り棒にGoPro HERO5を装着

どうもGoPro大好きナシタカ(@ehicalog)です。

この記事ではGoPro用の自撮り棒としておすすめの、ベルボンウルトラスティックセルフィーについて紹介していきます。

手持ちでの撮影はもちろん伸縮がとてもしやすくて使いやすい

またグリップがしっかりとしていて持ちやすいので、旅行でも大活躍してくれる頼れる相棒です。

ベルボン ウルトラスティックセルフィーの外観

ベルボンウルトラセルフィースティックは、Velbonが販売している自撮り棒です。

開封時は付属の袋に入っているので、使わないときはこのように収納しておくことができます。

ベルボン自撮り棒の中身

短縮時の長さは18cmとなっていて、重さは185gと少し重めになっています。

ベルボン自撮り棒の本体

先端の雲台はネジになっているので、GoProをそのまま装着することはできません。

ベルボン自撮り棒の雲台

GoProは純正フレームではネジ穴に対応していないため、ネジ穴に対応したアクセサリーを用意しなければいけません。

それがこちらのネジ穴変換アダプターです。

これがあれば他のネジ穴が必要なアクセサリーにも使えるので、GoProと一緒に用意しておくのがおすすめ。

またベルボンウルトラセルフィースティックにはストラップが付属しています。

ベルボン自撮り棒のストラップを手に掛けたところ

これに手にかけておけば、万が一手が滑った時にもGoProが落下せずに済むので安心です。

ナシタカ
ナシタカ
ストラップは地味ですがあると安心です!

ベルボンウルトラスティックセルフィーの使い方

ベルボンウルトラセルフィースティック短縮時は18センチと手持ちで使いやすい長さになっていますが、伸縮時は6段階で長さを調節できるようになっています。

最大で72センチまで伸ばすことができるので、かなり距離をとっての撮影ができます。

背後の風景を広く入れられますし、大人数での撮影でも全員がしっかりとカメラに収まるので、自撮りがしやすい。

ベルボン自撮り棒を最大に伸ばしたところ

伸縮操作もスムーズにできて、雲台のすぐ下を反時計回りに捻ることでロックが解除されるので、あとはそのまま伸ばすだけ。

ベルボンウルトラスティックセルフィーの伸縮部分

伸ばしたら今度は時計回りに捻ることでロックできて、これで長さ調整は完了です。

ベルボンウルトラスティックセルフィーは先端がボール状になっているので、さまざまな角度で雲台を固定することができます。

これはネジの操作で簡単に調整できるので、とても簡単なのがうれしいポイント。

ベルボン自撮り棒のGoPro

どんなアングルでもカメラを自由に向けることができるので撮影がはかどります。

さらにすごいのが最大まで伸ばした時の安定性。

72センチと伸びる分、手元からかなり長くなるので操作が大変かな?と思いきや全くそんなことはありません。

手から見たGoPro

片手でもしっかりと支えられて操作が非常にしやすいんですよね。

理由がグリップや伸縮部分の作りがしっかりとしているためで、握りやすいからこそ力がしっかり入って持ちやすい。

ベルボン自撮り棒の全体像

滑りにくいグリップのおかげで長時間の撮影でも疲れにくいので、旅行での撮影には特におすすめです。

ナシタカ
ナシタカ
僕も鹿児島旅行で1日中撮影していましたが、疲れることなくずっと撮影できました!

ベルボンウルトラスティックセルフィーレビュー|まとめ

この記事ではここまでベルボンウルトラスティックセルフィーについて書いてきました。

普通に撮影するときは短縮させた状態で手持ちで撮影できるので、例えば子供を追いかけながら撮影するときも自分が走るのに邪魔になりません

しかも手振れを抑える素材を使っているとのことですが、実際に撮影した映像を見ても手振れが全く気にならず奥さんと一緒に「これすごい!」と感心しました

ちなみに奥さんが持って使っても全く苦にならなかったので、女性でも安心して使えます

余計な機能がないシンプルな自撮り棒だからこそ、使いやすさは折り紙付き。

以上、ナシタカ(@ehicalog)でした。

HERO6とHERO5 BLACKにおすすめのマウントまとめ
今までに使ったGoProのアクセサリーを紹介!おすすめからおもしろ系、シーン別までまとめていきますどうもGoPro大好きナシタカ(@ehicalog)です。 GoPro HERO5 Blackから始まった僕のGoProライフです...
ABOUT ME
ナシタカ
GoProが大好きでHEOR5 Blackから子どもの撮影に活用しています。撮影した動画の編集も大好きで家族の思い出ムービーをたくさん作っているので動画編集についても紹介していきます。