MENU
カテゴリー
ナシタカ
GoProブロガー
GoPro大好きな子育てパパ。日々の撮影&動画編集で家族の思い出を残すのがライフワーク。
\ 最大10%ポイントアップ! /

動画編集用パソコンの選び方と必要スペックを編集ソフトから考えてみた– category –

この記事ではリンクに広告が含まれています。

どうも、動画編集大好きナシタカです。

GoPro動画編集に必要なパソコンのスペックは、目的や使う動画編集ソフトによって変わります。

例えば仕事で動画編集をしないのであれば、

  1. 画質を落としてプレビューできれば十分
  2. 書き出し時間もそこそこでOK

という感じ。

この記事ではそこまで本格的に動画編集をしない人に向けた、パソコンの必要スペックを編集ソフトから考えてみました。

こんな人におすすめ
  1. 趣味で動画編集をしたい
  2. 初心者向けのスペックを知りたい
  3. カットやエフェクトくらいの編集で十分

目次

動画編集用パソコンの選び方

GoPro動画編集用パソコンを選ぶ上で知っておいてほしいのが、こちらの2つになります。

OSの違い(WindowsかMac)

OS(オペレーティングシステム)は、大きく『Windows』と『Mac』の2つに分けられます。

この2つはファイル操作であったりアプリの種類などで違いがありますが、自分の好きな方や使い慣れている方を選べば大丈夫

ちなみに僕はMacを愛用しており、理由がiPhoneを使っているから。データ連携のしやすさ、使いやすいアプリが多いところが気に入ってます。

M1 Macbook Airの外観

自分が気に入っているものを使ったほうがテンションが上がりますし、なにより愛着も湧いてきます。

使用する動画編集ソフト

使用する動画編集ソフトで必要スペックが大きく変わります。

有名なものがこちらの3つなので、ここから選ぶと間違いありません。

  1. DaVinci Resolve → 色調整がしやすい&無料
  2. Final Cut Pro → 動作が軽い&買い切り
  3. Premiere Pro → 高機能&仕事向け

Final Cut ProはMac限定なので、Windowsの方は使えないことに気をつけましょう。

詳しくは▼GoProにおすすめの動画編集ソフトをどうぞ。

おすすめの動画編集用MacBook

3つの動画編集ソフト別に、必要なスペックがこちら。

使う編集ソフト必要スペック
DaVinci ResolveM1&メモリ8GBで十分
Final Cut Pro
Premiere ProM2以上&メモリ16GBだと安心

これを元に、編集ソフト別におすすめのMacをまとめました。

スクロールできます
製品名定価液晶サイズ重さチップメモリストレージ端子バッテリー
M1
MacBook Air
(13インチ)
M1 MacBook Air
119,800円~13.3インチ
Retina
(2,560×1,600)
幅304.1 ×
奥行き212.4 ×
高さ16.1mm
約1.29kgM1
8コア7GPU
8GB256GBUSB-C x 218.0h
M2
MacBook Air
(13インチ)
M2 MacBook Air13インチ
149,800円~13.6インチ
Liquid Retina
(2,560×1,664)
幅304.1 ×
奥行き215 ×
高さ11.3mm
約1.24kgM2
8コア8GPU
8GB256GB
(SSD)
USB-C x 218.0h
M2
MacBook Air
(15インチ)
M2 MacBook Air15インチ
179,800円~15.3インチ
Liquid Retina
(2,880×1,864)
幅340.4 ×
奥行き237.6 ×
11.5mm
約1.51kgM2
8コア10GPU
8GB256GB
(SSD)
USB-C x 218.0h

より詳しくは▼GoPro動画編集に必要なMacのスペックをどうぞ。

おすすめの動画編集用ノートパソコン

動画編集ソフト別におすすめのパソコンをまとめました。

スクロールできます
製品名定価液晶サイズ重さCPUGPUメモリストレージ端子バッテリー
DAIV R4
(I7G50WT-A)
DAIV S4-I7G60CB-B
179,800円~14型フルHD
ノングレア
(1,920×1,080)
幅320 ×
奥行き215 ×
高さ19mm
約1.42kgCore i7
(12650H)
GeForce
RTX 3050
(6GB)
16GB500GB
(SSD)
USB3.0 x 2
USB3.1 x 1
USB-C x 1
HDMI x 1
SD × 1
11.5h
DAIV Z4
(I7G50SR-B)
DAIV Z4-I7G50SR-B
209,800円~14型WQXGA+
ノングレア
(2,880×1,800)
幅308.8 ×
奥行き213 ×
高さ16.8mm
約1.32kgCore i7
(13700H)
GeForce
RTX 3050
(6GB)
16GB500GB
(SSD)
USB3.0 x 2
USB3.1 x 1
USB-C x 1
HDMI x 1
SD × 1
18.0h
DAIV Z6
(I7G50SR-A)
DAIV Z6-I7G50SR-A
209,800円~16型WQXGA
ノングレア
(2,560×1,600)
幅353.7 ×
奥行き245.3 ×
18.5mm
約1.59kgCore i7
(12650H)
GeForce
RTX 3050
(6GB)
16GB500GB
(SSD)
USB3.0 x 2
USB3.1 x 1
USB-C x 1
HDMI x 1
SD × 1
14.5h

より詳しくは▼GoPro動画編集に必要なパソコンのスペックの記事をどうぞ!

動画編集用パソコンの選び方まとめ

DaVinci ResolveやFinal Cut Pro、Premiere Proなどの人気動画編集ソフトから考えると、必要なパソコンのスペックがわかりやすくなります。

そこに僕のように趣味レベルで動画編集をするぐらいなら、そこまでハイスペックのPCは必要ありません。

選択肢が広がってお得に動画編集パソコンがゲットできるので、ぜひ参考にしてもらえたらうれしいです。