象印スチーム加湿器(EE-DC50)レビュー|お手入れが簡単で長く愛用できる

この記事ではリンクに広告が含まれています。
象印スチーム加湿器EE-DC50レビュー

どうも、加湿大好きナシタカです。

この記事では象印スチーム加湿器のEE-DC50をレビューしました。

象印スチーム加湿器EE-DC50

マットな質感で見た目が良く、加湿機能も抜群。何よりお手入れが簡単で、長く愛用できます。

似たモデルのEE-RR50とも比較したので、参考にどうぞ。

象印マホービン(ZOJIRUSHI)
¥17,513 (2024/04/16 10:17時点 | Amazon調べ)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazon
目次

象印スチーム加湿器(EE-DC50)のスペック

製品名 EEDC50
消費電力
(W)
湯沸かし立ち上げ時 985
加湿時 410
タンク容量
(L)
4.0
定格加湿能力
(mL/h)
480
適用床面積の目安 木造和室~13㎡(8畳)
集合住宅及びプレハブ洋室~22㎡(13畳)
連続加湿時間
(h)
強連続 約8時間
中連続 約16時間
弱連続 約32時間
大きさ
(約cm)
幅24×奥行27.5×高さ36.5
重さ
(約kg)
2.9

集合住宅なら13畳の広さに対応し、十分な加湿機能を備えています。

Sponsored Links

象印スチーム加湿器EE-DC50とEE-RR50の違い

加湿機能には違いはなく、容量や機能での違いがあります。

製品名 EEDC50
EERR50
カラー ホワイト
グレー
ホワイトのみ
質感 マット 光沢
明るさ調整 ×
タイマー
(h)
入6/4/2h
切1/2/4h
入6h
切2h
連続加湿時間
(h)
弱32/中16/強8 弱24/強6h
給水タンク
(L)
4.0 3.0
大きさ
(約cm)
幅24×奥行27.5×高さ36.5 幅24×奥行26×高さ31.5
重さ
(約kg)
約2.9kg 約2.4kg
公式価格 19,800円 16,500円

特に違うのがマットと光沢の外観で、ここは好みが分かれるところ。

僕も奥さんもマットな質感が好みだったので、迷わずEE-DC50を選びました。

象印マホービン(ZOJIRUSHI)
¥17,513 (2024/04/16 10:17時点 | Amazon調べ)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazon

象印スチーム加湿器(EE-DC50)の外観

象印スチーム加湿器(EE-DC50)は幅24×奥行27.5×高さ36.5cmと大きめで、光沢のないマットな質感が特徴。

象印スチーム加湿器EE-DC50

その分4Lと大容量なので、最大で32時間も加湿できます。

象印スチーム加湿器EE-DC50

後面のボタンで簡単に蓋が外せるので、給水口が広くなっています。

後面の蓋を外すボタン
後面の蓋を外すボタン
蓋を外したところ
蓋を外したところ

これだけ広いと給水もしやすく、目盛りもわかりやすい。

内部の目盛り

ボタンは前面に集中しており、加湿状況がひと目で確認できます。

象印スチーム加湿器EE-DC50のボタン

シンプルに操作できる使いやすさも魅力です。

象印マホービン(ZOJIRUSHI)
¥17,513 (2024/04/16 10:17時点 | Amazon調べ)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazon

Sponsored Links

象印スチーム加湿器(EE-DC50)のメリット

使ってめちゃくちゃ良かったのが、こちらの3つです。

加湿能力が高い

『弱』で十分に加湿でき、カラッカラでも『中』で十分な加湿力があります。

象印スチーム加湿器EE-DC50のボタン

部屋が加湿されると体感温度も上がるので、これ1つで十分なことがほとんど。

また『弱』なら水も丸1日以上持つので、水切れで加湿できていないことが全くありません。

フィルター不要でお手入れがめちゃ楽

フィルターがないので、お手入れがとても簡単です。

クエン酸をぬるま湯で溶かし、容量いっぱいまで水を入れてボタンを長押しするだけ。

象印スチーム加湿器EE-DC50

たったこれだけでお手入れができ、あとは水ですすぐだけで完了です。

給水しやすい

口が広い&蓋が外れるので、水を入れるのがめちゃくちゃ楽。

象印スチーム加湿器EE-DC50の蓋を開けたところ

僕は食洗機に付属の2Lボトルで給水しており、一気に注げるので給水があっという間に終わります。

象印スチーム加湿器(EE-DC50)のデメリット

使っていて気になるのが、こちらの2つ。

容量が多くて重たい

そもそも4Lの大容量なので、水をMAXまで入れて約6.9kgとけっこう重いです。

特に高いところに置く時に、持ち上げるのは大変なので、注意が必要。

給水の頻度は低いので、本体はそのままにし、水だけ給水すると楽です。

大きいので目立つ

高さ31.5cmと大きめなので、部屋でも存在感があります。

象印スチーム加湿器EE-DC50

ただマットな質感でインテリアとも調和しやすく、思ったよりも気になりにくい印象です。

Sponsored Links

象印スチーム加湿器(EE-DC50)を使うなら絶対湿度計も合わせておすすめ

本体に自動湿度コントロールがありますが、絶対湿度計で数値管理するのがおすすめ。

みはりん坊ダブル

特に加湿機から離れた場所は、意外と湿度が上がらないこともあります。

本体の湿度が『高湿』表示でも、絶対湿度計は基準ギリギリ

絶対湿度計の数値を基に加湿量をコントロールすると、乾燥を感じることが全くなくなりました。

エー・アンド・デイ(A&D)
¥2,173 (2024/04/17 01:16時点 | Amazon調べ)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazon

象印スチーム加湿器(EE-DC50)レビューまとめ

『スチーム式加湿器はお手入れが大変』という概念を覆してくれる、最高の加湿器です。

さらに大容量で給水の手間もなく、お部屋の湿度を快適に保ってくれる冬の強い味方。

本当に買って良かったアイテムなので、ぜひ使ってみてください。

象印マホービン(ZOJIRUSHI)
¥17,513 (2024/04/16 10:17時点 | Amazon調べ)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazon
エー・アンド・デイ(A&D)
¥2,173 (2024/04/17 01:16時点 | Amazon調べ)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazon
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次