[e]AdobeのPremiereとAfter Effectの使い方を勉強するのにおすすめの方法

PremiereとAfter Effectsの使い方を学ぶ

どうも動画編集大好きナシタカです(@ehicalog)。

動画編集ソフトとして僕が活用しているのがAdobe PremiereとAfter Effects。プロユースの編集ソフトなのでとにかく作成できる映像の幅が広がるのが魅力なのです。

しかしだからこそ初心者にはとっつきにくいのが玉にきず。ワークスペースも初見じゃほとんど意味が分からず挫折すること間違いなしです。僕がそうだったのでよく分かります。

ただ少しずつ操作を覚えて使えるようになってくると、様々なことが出来るようになるので動画編集がとても楽しくなるのもまた事実。

そこで今回は僕なりのPremiereとAfter Effectsの勉強方法について紹介します。ぜひこの記事を学習に役立ててもらえたら嬉しいです!

スポンサーリンク

YouTubeで学ぶ

動画から学ぶ

僕もよくやっているおすすめの方法がYouTubeから学ぶ方法です。

今はYouTubeにPremiereやAfter Effectsの使い方や編集方法の紹介動画がたくさんアップされているので、それらの動画を活用すれば勉強に関しては全く困りません

デメリットとしては体系化されていないので、自分で得た情報を整理しなければいけないこと

編集のテクニックはたくさん上がっていますが、それをどういう順番でやれば良いかは書いていないですし、そもそも自分にとってあまり必要の無いテクニックな可能性もあります。

そのためどの動画の情報が今の自分に必要なのか?などを理解して観ていないと、いつの間にかテクニックのための勉強になって映像制作から少しベクトルがズレていく恐れも。

そうならないためにも自分でしっかりと勉強の目的や目標を明確にして取り組むのが大切です

まずは真似して同じ物を作ってみる

実際の勉強の進め方としては、まず動画で紹介されているものと全く同じ物を作ることから始めましょう。

たまに動画を見ただけでやり方を覚えた気になってしまって練習をせず、実際に自分の作品に取り入れようとしてハマってしまう人がいます。

それは当たり前で動画を見ただけでは知識として知っているだけの状態。そこから技術を身に付けるには実際に手を動かすことが何よりも大切です。

なのでまずはオリジナルなものを作るのではなく、動画内で紹介されているものと全く同じ物が作れるようになりましょう。

最初は動画を見ながら作ってみる。それができたら今度は動画を見ずに初めから自分1人で作ってみる。

ここまで出来て初めて技術が身につき始めたと言えます。

テクニックを駆使してオリジナルなものを作る

しっかりと練習して技術が身についてきたら、今度は身に付けた技術を元にオリジナルのものを作り上げていきましょう。

例えばロゴ作成だったら作るロゴの形を変えてみたり、実際に自分のオリジナルのロゴを作成してみたり。

僕はアニメーションをつけたロゴの作り方をまず動画で学んで、それを自分のオリジナルのロゴに活かしていく方法で取り組んでいます。

こうして実際に試行錯誤をして自分なりの作品を作り上げることが技術の習得に欠かせません。オリジナルのものを作り上げることができたら自然と技術は身に付いているはずです。

書籍から学ぶ

書籍から学ぶ

そしてもう1つの方法が書籍から学ぶ方法。費用がかかりますが、書籍の良いところは知識が体系化されてまとまっているところです

教科書と同じで知識が体系化されて読み進めるだけで理解しやすい形になっているので、自分で知識を体系化する手間が省けます。

デメリットとしては本なので情報量が限られるので書籍の選定が大切になるのが難しいところですね。役に立ちそうで買ってみたら実は自分の知りたいことがそこまで書いてなかった…っということもあります。

また専門的になるほど文章が硬くなって読みにくくなるので、最初は読みやすい文章の書籍から進めていくのがおすすめ。初めから難しい書籍を使うより、楽しみながら取り組めるものの方が絶対に長続きしやすいですからね。

自分で作れる!効果的なYouTube広告動画の作り方

実際に僕が読んでみて勉強になったのがこちらの「自分で作れる!効果的なYouTube広告動画の作り方」。自分で作れるというだけあって手順が優しく書いてあるのがありがたい。

PremiereとAfter Effectsの基本的な使い方からテクニックまで丁寧に書いてあるので、しっかりと基本から学びたいという方におすすめの一冊。

僕が特に参考になったのがPremiereでのマルチカメラでの編集方法です

複数で撮影した映像をどのように同期させるのか?どのように映像を出していくのか?などが紹介されているので、実際に自分で編集する時にとても役に立ちました。

さらに効果的な広告のためのアニメーションなどについても書いているので、映像制作のための基本的な知識も得られて最高。文章もとても分かりやすいので読みやすいので、動画編集の勉強の最初の一冊に最適です。

ちなみにこの本はKindle Unlimitedの読み放題対象の作品なのですでに加入されている方はすぐに読めますよ。

また書籍代よりもUnlimitedの月額980円の方が安いのでお得です。もし書籍を買おうと思われている方はUnlimitedに登録するのがおすすめ。

Adobe PremiereとAfter Effectで動画編集が楽しくなる

今は動画や書籍が充実しているお陰で各ツールの情報が溢れているので、勉強するにはとても恵まれた環境となっています。

ただその分情報が溢れているわけですから、自分で情報を選んで学ぶことが大切。特にプロも使うツールとなると学ぶ内容も多岐に渡り、勉強自体に終わりがありません。

しかしだからこそ学べば学ぶほど自分の技術が上がっていき、動画編集自体がとても楽しいものに変わっていきます。

僕が使っているPremiereやAfter Effectsはまさにその状態。自由度が高いので最初は使い方が分かりにくいのですが、だからこそ技術があれば出来ることの幅がとても広がります。

ぜひ今回の記事を参考に勉強ををしてもらい、動画編集がもっと楽しいものになっていってくれたら嬉しいです!

僕もこれからも動画編集の勉強に楽しみながら取り組んでいきます!

スポンサーリンク

この記事をかいた人

本業は整体師。大好きなGoProを始めとしたアクションカメラや動画編集、子育てなど、僕自身が体験した情報を発信しています!