MENU
カテゴリー
ナシタカの画像
ナシタカ
GoProブロガー
GoPro大好きな子育てパパ。日々の撮影&動画編集で家族の思い出を残すのがライフワーク。

【GoProで撮影した動画が分割される】理由とHERO8 Blackでの対処方法

ナシタカのアイコン画像ナシタカ

GoProで撮影した長時間の動画が4GBに分割されてしまう理由について紹介しています。またHERO8 Blackではこのファイル制限の容量を変更できるので、その方法とメリットやデメリットについてもまとめています。

どうも、GoPro大好きナシタカです。

GoProで長めの動画を撮影し、いざパソコンに転送しようと思ったときに、「あれっ?ファイル数めっちゃ多い!」と思うことがありませんか?

実はGoProは長い動画を撮影すると、4GBを制限にファイルが分割されてしまうんですよ

結果として12GBの動画なら、4GBの動画ファイル3つに分割されて保存されるというわけ。

  • なんで4GBで分割されるの?
  • 設定って変えられるの?

この記事を読めばこういった疑問が解決するので、ぜひ読み進めてくださいね。

目次

GoProの動画ファイルが4GBに分割される理由

まずGoProで長時間の動画が4GBに分割されるのは、GoPro自体の仕様なので不具合や故障ではありません

ファイルが分割される理由としては、書き込みでの不具合があったときに被害を最低限に抑えるため

例えば長時間撮影して8GB分の動画ファイルを書き込むとき、最後のほうでエラーが発生するとその影響ですべての動画ファイルが消えてしまう可能性があります。

4GBのファイルで分割しておけば前半と後半の2つが作られるので、エラーが起きた最後のファイルが消えてしまったとしても、前半のファイルは無事に残ります。

こうした理由があるため、4GBのファイル制限は変更できずに常に分割されて動画が保存されます

そしてこの設定は、GoPro HERO7 Blackから前のモデルでは変更ができません

動画を安全に保存できるようにする、安全面を重視した仕様というわけですね。

HERO8 Blackで分割ファイルの容量を12GBに増やす方法

安全面の理由からファイル制限があるわけですが、人によってはできるだけ1つのファイルにまとめたいときもありますよね。

そんな今まで変更できなかった4GBのファイル制限ですが、HERO8 Blackだけ変更できるようになりました

HERO8 Blackでファイル制限を変更するには、GoPro Labsという機能を利用します。

GoPro Labs のご紹介 – GoPro Support Hub

これはQR Codeを利用してGoProをコントロールできる機能で、専用のファームウェアを本体にインストールすれば使うことができます。

するとHERO8 BlackのカメラでQR Codeを読み取れるようになるので、こちらのQR Codeを読み取るだけでOK。

GoProの動画ファイル容量を12GBに増やすQRコード

これを読み込むと、GoProのファイル制限が12GBまで増やせるので、ファイル数を少なくしてより長い動画で保存することができます。

元の4GBに戻したいときは、こちらのQRコードを読み込むだけです。

GoProの動画ファイル容量を4GBに戻すQRコード

GoProの分割ファイルの容量を増やすメリットとデメリット

メリットとデメリットをまとめたのがこちらです。

メリット
  • 動画をまとめられる
  • ファイル数を少なくできる
デメリット
  • エラーでのデータ消失のリスク
  • 本体でのプレビューができない
  • USBでの転送ができない
  • ファームウェアのダウンロードが必要

それぞれ詳しくみていきましょう。

動画をまとめられる&ファイル数を少なくできる

ファイル容量を12GBに増やすと、今まで分割されていた動画がまとめられ長時間の動画ファイルを保存できます。

GoProだけで動画をまとめられれば、あとで編集ソフトなどで動画を結合する手間が省けるので、編集作業も省けて時短になりますね

またファイル自体の数が減ることにもなるので、管理がしやすくなるのもポイント

動画が記録されたSDカードの中身がスッキリするので、どの動画がどのシーンのものかわかりやすくなるのはうれしいです。

エラーでのデータ消失のリスク

ファイル容量が4GB→12GBと増えるので、当然最初に説明したファイル消失のリスクが上がります

ファイル保存の過程でエラーが発生した場合、12GBの動画がまるごと保存されない可能性があるので、ここは覚悟しておかないといけません。

プレビューできない問題が発生する可能性

12GBに増えたファイルは、GoPro本体でのプレビューができなくなります

本体からパソコンに取り出せば問題なくプレビューできるので、GoPro本体でのプレビューをよくする方は要注意。

USBでの転送ができない

USBでのファイル転送では、4GB以上のファイルは転送できなくなります

そのためSDカードを取り出し、カードから直接転送する方法でないといけなくなるので、注意しましょう。

GoProをUSBで接続しての転送が使えないと、SDカードを取り出す手間が増えてめんどうです。

クイックキャプチャーでは使えない

GoPro Labsは、本体を起動してからシステムがオンになる仕様になっています。

なのでクイックキャプチャーを使うと、システムがオンになる前に撮影がスタートするので、12GBでの撮影機能がオンにならないのです

12GBの容量で撮影したいときは、必ずGoProの電源をオンにし、GoPro Labsのシステムがオンになったのを確認しましょう。

GoProで撮影した動画が分割される理由と対処方法まとめ

GoProでは長時間の動画ファイルが4GBに分割されてしまいますが、これは不具合ではなく本体での仕様。

安全に動画を保存するための仕組みなので、容量を変更することはできませんが、HERO8 Blackならこの容量を12GBに変更できます。

ただファイル容量の変更もメリットとデメリットがそれぞれあるので、自分の使い方に合わせてカスタマイズしましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる