[e]GoProのバイトマウントがPOV撮影にめちゃくちゃ便利!より気軽に撮影できておすすめです!

バイトマウント

どうもGoPro大好きナシタカ(@ehicalog)です。

このマウントは最高に便利…!

僕のGoProマウントコレクションに新たなマウントが加わりました。それが今回紹介する『バイトマウント』

サーファーが使用している映像が多いのでサーフィンをやらない僕には要らないマウントかなと思っていましたが、実際に使ってみると普段使いマウントとしてめちゃくちゃ使える便利マウントだったんです

なぜならウェアラブル撮影&POV撮影がとても快適にできるから。使い勝手が抜群で映像もめちゃくちゃ安定しているなんてまさに最高のマウントだなと。

バイトマウントがあれば気軽にPOV撮影ができるようになって今では普段使いでの撮影の幅が広がってGoProでの撮影がめちゃくちゃ楽しくなりました。

そんなバイトマウントの魅力について全力で紹介していくのでぜひ参考にしてください!

スポンサーリンク

バイトマウントを購入した理由

今回紹介するバイトマウントを購入した理由はズバリ『POV撮影』のため

バイトマウントならこの撮影が気軽に出来るのでは?と考えたことが購入の理由です。

POV撮影にかかる手間

POVとは主観視点でのことで自分が見ているものと同じような映像を撮影する手法になります。

このPOV撮影を完璧にするには両手をフリーにして撮影する必要があるためマウントが必須。ただそうすると体に固定するための準備が必要になります。

ヘッドマウントだったらGoProに装着して頭に被る手間がありますし、クリップだと帽子や衣服につける手間が出てくる。

正直こういう準備って面倒なんですよね。特に日常のふとした撮影なら気軽にできないと辛いですからね

理想は撮りたいときにさっと準備して撮れる感じ。そのためにも準備に手間がかからないのはとても大切です。

バイトマウントなら咥えるだけで使える

そういった悩みを解決してくれると期待したのがバイトマウントです。咥えるだけで良いのでわざわざ準備する手間もなくてとても便利そうだなと思いました

手軽にPOV撮影ができるという理想をバイトマウントなら実現してくれる。そういった期待が今回はあるので、そのあたりを中心にレビューしていきます。

GoProバイトマウント

今回購入したのはHERO6/5 BLACK用のバイトマウントになります。HERO5 Session用はまた別にあるので、間違えないようにしてください。

バイトマウントのセット内容

バイトマウントのセット内容一覧

セット内容は以下になります。

セット内容
  • バイトマウント本体
  • Floaty(フローティー)
  • バックパネル
  • エクステンションパーツ
  • 固定ネジ×2
  • 説明書

こちらがバイトマウント本体になります。

バイトマウント本体 バイトマウント本体を斜めから

咥える部分にシリコンのような柔らかい素材がついています。

バイトマウント本体の咥える部分はシリコン素材

また反対側はクイックリリースになっているので他のマウントと組み合わせることもできます。

バイトマウント本体のクイックリリース

そしてこちらがバックパネルとFloaty(フローティー)。

バックパネルとFloaty(フローティー)の裏面

Floaty(フローティー)は海など水辺での使用を想定しているのとバイトマウントをアゴに固定するために付属しています。

フローティーを上から

これがあれば万が一海やプールで落としてしまっても、水に沈むことなく浮くので無くしてしまうリスクが減って安心です。

こちらがエクステンションパーツと固定ネジです。

エクステンションパーツと固定ネジ

最後に説明書はこのようになっています。

バイトマウントの説明書

バイトマウントの使い方

ではここからは実際のバイトマウントの使い方について、純正フレームへの取付手順を例に解説していきます。

フレームのバックパネルを外す

まずは純正フレームのバックパネルを外していきます。

純正フレームのバックパネル

バックパネルの支点となって動く部分がこのように外れるようになっているので、捻るようにすると簡単に外れます。

純正フレームバックパネルの支点部分

これでバックパネルを外すことができました。

純正フレームのバックパネルを外したところ

Floaty(フローティー)を付けたバックパネルを取り付ける

次にバイトマウントに付属しているバックパネルに、Floaty(フローティー)を貼り付けます。

バックパネルとFloaty(フローティー)

Floaty(フローティー)のフィルムを剥がすと粘着面になるので、バックパネルに貼り付けましょう。

フローティーの粘着面

Floaty(フローティー)の粘着面は力を入れれば、キレイに剥がれるようになっていて貼り直しができます。なのでそこまで気負わずに貼り付けて大丈夫です。

フローティーをバックパネルに取り付けたところ フローティーをバックパネルに取り付けたところを横から

だからといってバイトマウントとしての使い方であれば、外れる心配は全くないくらい粘着力はしっかりとしているので安心して下さい。

次にFloaty(フローティー)を貼り付けたバックパネルを、フレームに取り付けます。バックパネルのバーをはめ込むように挿入します。

純正フレームにバックパネルを取り付け

少し硬いのでしっかりと押し込みましょう。最後にフレームの爪を引っ掛ければ、バックパネルの取り付けは完了です。

純正フレームにバックパネルを取り付けてツメを固定

フレームとバイトマウント本体を固定する

今度はフレームとバイトマウントを接続していきます。まずはフレームにエクステンションパーツを取り付けましょう。

純正フレームにエクステンションパーツを取り付け

この時にネジの方向に気をつけてください。マニュアルと同じように正面から見てネジが右側になるようにつけましょう。

エクステンションパーツのネジの向き

そしてこのエクステンションパーツに、バイトマウントをネジで固定します。今度は左側にネジが来るので、これで互い違いにネジが付いている状態です。

エクステンションにバイトマウント本体を取り付け

これでバイトマウントの取り付けは完了です。

バイトマウントの取り付け完了

バイトマウントを咥えて撮影

後はバイトマウントを咥えて撮影するのですが、この時にエクステンションパーツを前方にしっかりと倒しましょう。上が倒す前で下が倒した後です。

エクステンションパーツを倒す前 エクステンションパーツを倒した後

するとアゴが当たるスペースを調整できるようになるので、後は自分の使いやすい位置に調整して下さい。

バイトマウントを咥えたところ

ちなみにバイトマウント自体は、本来Floaty(フローティー)無しでも撮影は問題なくできます。

バイトマウントからフローティーを外したところ

ただFloaty(フローティー)があるとバイトマウントを口とアゴで支えることができて、咥える負担がかなり減ります。

バイトマウントにフローティーを取り付けているところ

いかにコンパクトなHERO6と言えども、口だけで支えるとなかなかの重量感。撮影しながら動くと支えるためにも、より咬む力が必要なのでかなり疲れてきます。

なので水辺以外の撮影でもFloaty(フローティー)を装着して撮影した方が、快適に撮影できるのでおすすめです

ブレのないPOV撮影ができる

バイトマウントのメリットとしてはまずブレがほとんど無いのが最高です。

僕はPOV撮影としてバイクに乗りながら撮影してみましたが、GoProをバイク自体に固定しての撮影ではどうしてもエンジンの振動があるので、映像にブレが入ってしまうのです。

しかしバイトマウントでは咥えることで体に固定できるので、映像に全くと言って良いほどブレがありません。

バイクに乗りながら撮影した映像はまさに快適そのもの。バイクでこれなら他の場面でも安心して撮影ができます。

リアルなPOV視点

バイトマウントでは口に咥えるため首の動きと連動してくれるので、体幹に取り付けるよりもリアルな映像になります

リュックのストラップに取り付けての撮影では体幹に固定されるので、アングルが体幹の向きで固定されてしまうんですよ。

その点バイトマウントは首から上の口で固定が出来るので、首の方向で撮影アングルを簡単に変えることができるのです

例えば上で紹介したバイクに乗りながらの撮影では、体幹に固定していると向きを変えたりすることができないので、ずっと正面の撮影になります。

しかしバイトマウントであれば首振りに合わせて横方向の景色も撮影することができるので、これは口で咥えるバイトマウントならではのメリット。

首の動きでリアルに視点が変わるのでよりPOV撮影の醍醐味が味わえます

手持ちとの切り替えが便利

普段使いでの撮影を考えると、ウェアラブルでの撮影と手持ちでの撮影をすぐさま切り替えられるのが理想的です。

バイトマウントだと咥えているだけなので簡単にウェアラブルでのPOV撮影ができ、そこから手に持ち替えれば手持ちでの撮影にスムーズに切り替えることもできます

そしてまたPOV撮影がしたければ咥えるだけ。この切替の自由度が便利すぎで一度使うと手放せません。

フレームのバックパネルの取り外しが面倒

デメリットとしては、Floaty(フローティー)を取り付けるのにバイトマウントに付属してくるバックパネルをフレームに取り付けるのですが、この取り外しが面倒です

フレームが1つだけだと、他のマウントを使うときにいちいちバックパネルを取り外さないといけないので、手間が増えます。

なのでフレームを2つ用意して、1つをバイトマウント専用にしてしまうのがおすすめの解決策。

僕の場合はディヤードのフレームケースを使っているので純正フレームをバイトマウント専用にして活用しています。

これで僕は快適にバイトマウントを使える環境になっているので、撮影がとても楽になっています。

サードパーティ製のフレームにも使えます!

サードパーティ製のフレームでもバイトマウントを取り付けることができます。

実際に僕は愛用しているディヤードのフレームケースに取り付けましたが、純正フレームと同じように撮影することができています

このようにディヤードのフレームケースもバックパネルを簡単に外すことができます。

ディヤードフレームケースのバックパネルを外したところ

ただ1つ大変なのはエクステンションパーツの取り付けです。純正フレームと違ってフレーム下部のマウント取り付け部分が狭く作られていて、エクステンションパーツを挿入するのが硬くて大変

ディヤードのフレームケースにエクステンションパーツを挿入するところ

けっこうな力が必要なので意外な落とし穴となっています。純正フレームだとここはすんなり入るので、こういった違いがあることは知っておいて下さい。

バイトマウントでよりリアルなPOV撮影を気軽に楽しむ

バイトマウントを咥えたところ

バイトマウントは期待を込めて購入したマウントでしたが、その期待はさらに良い意味で裏切られました。

リアルなPOV撮影が出来てさらに撮影の使い勝手も最高な完成度の高いマウントで、普段の撮影でも使いたいと感じさせてくれる素晴らしいアイテムです

想像以上に使い勝手がよく撮影できた映像もかなりのクオリティだったので、間違いなく買って良かったなと感じています。

POV撮影がしたいと考えている人にはとてもおすすめなマウントなので、ぜひ使ってみて下さい!

[e]GoPro HERO6 BLACKの必要&おすすめアクセサリーについてまとめました!

2017.08.27

スポンサーリンク

この記事をかいた人

本業は整体師。大好きなGoProを始めとしたアクションカメラや動画編集、子育てなど、僕自身が体験した情報を発信しています!