[e]GoPro HERO6/HERO5 BLACKで使える変幻自在なミニ三脚!JOBYゴリラポッドを紹介します!

ゴリラポッドのマグネット

この記事をかいた人

本業は整体師。主に大好きなGoProを始めとしたアクションカメラや動画編集、子育てについての情報を発信しています!

どうもGoPro大好きナシタカ(@ehicalog)です。

この記事では僕が愛用しているGoProにおすすめのミニ三脚『JOBYゴリラポッド』について紹介しています。

GoProを使っていると手持ちでの撮影だけでなく三脚で固定しての撮影をしたくなる時もあります。例えばタイムラプスを撮りたいときですね。

しかしGoProで使うのに大きな三脚を持ち歩くのは面倒ですよね?せっかくカメラが小さいのにそれ以上に大きい三脚も持ち歩くのは荷物になってはっきり言って邪魔です。

でも三脚を使って固定しての撮影したい時には三脚を持ち歩く必要があるのでどうしても矛盾してしまいます。

そんな時におすすめしたいのがミニ三脚であるゴリラポッド。コンパクトなボディで持ち歩きに便利なだけでなく変幻自在なボディであらゆる方向の撮影が可能なGoProの強い味方です。

便利なゴリラポッドの魅力を存分に語っていきます!

スポンサーリンク

JOBYゴリラポッド

今回紹介するのが、こちらのJOBYフレキシブル三脚「ゴリラポッド」です。

見た目はなんかのロボットみたいですが、それには大きな理由があるんですよ。

ゴリラポッドのスペック

スペック一覧
  • 全長:17センチ
  • 重量:85グラム

まず持った印象は「軽い」に尽きます。このサイズでこの重さならどこでも持ち運びできて楽だなと思います。

様々な角度での撮影が自由自在

ゴリラポッドにGoPro装着

ミニ三脚として活躍するゴリラポッドですが、脚にある秘密が隠されています。

この球が何個もくっついたような形状によって角度や方向を自由自在に動かせるようになっているんです。タコのような軟体動物を彷彿とさせる動き多関節で自由自在にポーズをこなせる驚きの柔軟性に脱帽。

この柔軟な関節のお陰で様々な角度からの撮影が可能になります。ちょっと上向きとか下向きなんかの微妙な角度設定も全く問題ありません。

またちょっと斜めからインスタっぽい写真を撮ることも可能。角度設定が自由自在にできるのがゴリラポッド一番の特徴でアイディア次第では撮影の幅がかなり広がる、まさに遊び心をくすぐるマウントなのです。

マグネット付きモデルがおもしろい

ゴリラポッドのマグネット

ゴリラポッドには種類があって、僕が購入したのはマグネット付きのモデル。このマグネットのお陰で金属部分などに磁石のように脚がくっつくので、これを利用すると撮影の幅が広がります。

マグネット付きだと値段が少し高くなるんですが、僕が購入したレッドはなぜかマグネット付きモデルの方が安かったんですよ。なのでマグネット付きモデルを購入した理由は「安かったから」に尽きます。

でも実際に試して見ると磁石が使える場所なら足がくっついて思いのままの角度で撮影できるのでとても面白いです。他の場所に固定できれば自分の目線の高さでの撮影や両手を自由に使うこともできますからね。

自撮り棒などのアクセサリーは必ず手で持たないといけないので、片手が使えなくなってしまいます。なので両手を空けて撮影したい時はとても便利に使えますね。

持ち運びに便利

ゴリラポッド外観

これが僕の中で一番の理由で、軽くて小さいので持ち運びにすごい便利です。

僕も一眼カメラあるのでもちろん三脚も持っていますが、なかなかの重さで持ち運ぶのってけっこう大変なんですよね。特に子供と一緒にお出かけするとなると抱っこするときが突如としてくるので、それに備えてできるだけ荷物は軽くしたい。

そんな時にこのゴリラポッドであれば僕が普段から利用するポーターのウエストバッグにも入るサイズなので、特に気にすることなく持ち運びできるところがものすごく便利。

ちなみに僕が使っているポーターのバッグはこちらです。

このくらいのサイズのバックにも余裕で入るので荷物を少なくしたい子育てパパの強い味方です。

常にバッグに入れておけるので普段の撮影でも大活躍してくれるのですが、特に最近活躍してくれるのがタイムラプスでの空の撮影

さらに自由度の高い脚部分のお陰でどんな場所でも使いやすいのが特徴。普通の三脚だと使いにくい凸凹の地面でもしっかり安定します。

僕のタイムラプス撮影はこのゴリラポッドに支えられていると言っても過言ではありません!

3Wayとどっちが良いのか?

GoProでよく使われているアクセサリーと言えば3wayですよね。3Wayであれば自撮り棒+三脚の機能をカバーできるので余計なマウントを持ち歩かずに一つであらゆる撮影が可能。万能なアイテムとして人気です。

ただ僕は3Wayを使っていません。理由として中途半端だから

3Wayは確かに機能としては三脚もあるので使い勝手は良いのですが三脚の場合は角度を自由に変えることはできません。つまりあらかじめ決まった角度での撮影しかできないということ。これだと自由度がないので僕はあまり使おうとは思わない。

その点ゴリラポッドであれば脚の角度を自由自在に変えることができるので、様々な角度からの撮影を行うことができます。

子供の撮影では下から見上げるような角度で設置すると普段の撮影では気づかない表情を撮ることができる。また固定での撮影も様々な位置から撮影できるのでいろんな画角での撮影素材を集めることができる。

ゴリラポッドのお陰で後での動画編集の際にいろいろな視点からの映像を組み合わせることができるのでとても便利なんです。

こんな風に見上げても良いですし。
ゴリラポッドで見上げる

こんな風に見下ろしても良いですし。
ゴリラポッドで見下ろす

こんな風にめちゃくちゃ見上げるのも良い。
ゴリラポッドでものすごく見上げる

僕が3Wayを使わずにゴリラポッドを使い続ける理由は、この自由度が高いところに魅力を感じているからなんですよ。

手持ち撮影ではブレやすいので注意

ゴリラポッドは3つの脚をまとめて持つことで自撮り棒としても活用することができます。

しかしカメラ固定部をスライドして脚の部分にこの装着するという構造上、手持ちでの撮影ではブレやすくなってしまうのです

特に僕の最近のお気に入りであるアルミ合金フレームを装着したGoProでは重量が重たくなるせいか、より手持ちでのブレが大きくなります。

歩いているとカチャカチャ音がするので、これは手持ちのグリップとして使うのは厳しいなという印象。なのでグリップとしての使い方はあまりおすすめしません。

ゴリラポッド購入時の注意点

前回のベルボン自撮り棒と同じように、GoProをゴリラポッドに装着させるためには変換アダプターが必要になります。

もちろん今回のゴリラポッドにも使い回せるので、購入の時に合わせて注文しましょう!

ゴリラポッドフォトレビュー

まずは外観から。こちらは箱に入った状態です。
ゴリラポッド箱入り

こちらが取り出したところ。
ゴリラポッド外観

雲台側にはブランド名であるJOBYの文字があります。
ゴリラポッド雲台

ゴリラポッドを立たせて正面から撮影。この見た目は結構好みです。3歳の娘も興味津々で嬉しそう。
ゴリラボッド正面

ゴリラポッド外観遠目

ゴリラポッドにGoProを装着してみました。角度も自由自在に変えられます。
ゴリラポッドにGoPro装着

僕が購入したのはマグネット付きモデルなので、冷蔵庫にくっつけてみました。こんな感じで張り付きます。
ゴリラポッドのマグネット

横から見るとこんな感じ。マグネットが意外に強力で引き離すのに結構な力が必要です。その分しっかりと固定されるので撮影は安心してできます。
ゴリラポッドのマグネット横から

まとめ:GoProの楽しさを広げてくれるマストアクセサリー

ゴリラポッドはその大きさから持ち運びしやすく僕はカバンにいつも入れて家族でのお出かけの際には常に持ち歩いています

お陰で撮影していてちょっと三脚が欲しいと思った時にはすぐ取り出せて大活躍してくれるので、今ではGoProを持ち歩く際の必須アクセサリーになっています。

三脚を利用することで場所に固定しての撮影ができ、家族のひと時の記録が簡単に行えるのでファミリーにはかなりオススメできるアクセサリーです。

ぜひゴリラポッドを利用してGoProの撮影を楽しんでください!

[e]GoPro HERO6/HERO5に必要なアクセサリーとおすすめのマウントについて紹介します

2017.08.27

スポンサーリンク

スポンサーリンク