MENU
カテゴリー
ナシタカ
GoProブロガー
GoPro大好きな子育てパパ。日々の撮影&動画編集で家族の思い出を残すのがライフワーク。
\ 最大10%ポイントアップ! /

GoProとMacは最高の組み合わせ|データ管理から動画の編集までスムーズに行えます!

この記事ではリンクに広告が含まれています。
GoPro HERO10 BLACKとMacBook Air

どうも、GoPro大好きナシタカです。

僕はMacでGoProのデータ管理や動画編集をしていますが、最初は使い方が分からずに色々と苦労しました。

そんな中で色々と試行錯誤し、だんだんとGoProとMacの組み合わせが最高に思えてきます

この記事ではMacでGoProのデータ管理をする方法についてまとめてみました。

目次

GoProのデータ管理をMacで行う方法

GoProのデータ管理をMacで行うには、3つの方法があります。

スクロールできます
方法 Macへの接続手間費用
クラウドストレージなしなしサブスク
600円/月
GoPro本体USBありなし
MicroSDカードカードリーダーめんどいなし

GoProサブスクのクラウドストレージからダウンロード

僕がメインで使っている方法。クラウドへの自動アップロードを利用し、GoProをMacに接続せずに済んでいます。

  1. 自動アップロードでクラウドでバックアップ(GoProを充電するだけでOK)
  2. Macでブラウザからメディアライブラリにアクセス(必要なデータだけダウンロード)
  3. 外付けSSDに保存 or 動画編集素材として利用

自動アップロードしたデータは、MacのブラウザからGoProサブスクにアクセスすれば確認できます。

ブラウザから見たGoProクラウドストレージ

これだけでも十分ですが、僕はさらにMacに動画をダウンロードして外付けHDDに保存。大切なデータだけ選別して二重バックアップしています。

GoProを接続する手間がなく、データもスムーズに管理できて一番気に入っている方法です。

デスクトップ用のQuikがありますが、こちらはすでに開発が終了していて使いにくいです。クラウドのデータも同期されないことが多く、僕はまったく使っていません。

GoPro本体とMacを接続

GoProとMacをUSB-Cケーブルで接続する方法。僕はM1 MacBook Airを使っており、USB-Cケーブルで接続します。

GoProをMacに接続

データ管理にはMacにインストールされている、『イメージキャプチャ』アプリを利用。

GoProをMacに接続して電源を入れると、イメージキャプチャにGoProが認識されます。

イメージキャプチャの画面

ただGoPro本体をMacに接続する手間があるので、クラウドにうまくアップできないときの代わりに使う感じ。

転送スピードは速いので、素早くデータを移したいときは、直接つなぐのがおすすめです。

MacにMicroSDカードを挿入

Macに直接SDカードを挿入する方法。MicroSDカードや変換アダプターで接続します。

MicroSDカードとアダプタ

ただGoProからSDカードを取り出す手間があり、僕はほとんど使いません。

SDカードの取り出しが本当にめんどうなので、できるだけ避けたい方法ですね。

GoProで撮影した映像をMacで再生する

GoProで撮影した映像はもちろんMacで再生でき、QuickTime Playerで視聴できます

5.2K/60fpsなどの最高解像度は、HEVC(H.265)と呼ばれる動画形式で保存されます。これはパソコンでの扱いに注意が必要。

HEVCの映像をMacで再生するには、macOS High Sierra以降にOSをアップグレードします。

Apple 製のデバイスで HEIF/HEVC メディアを扱う – Apple サポート

僕はM1 MacBook AirでOSも問題ないですが、なぜか『再生できない可能性』の表示が出てきます。正直どうしていいかわからず放置していますが、動画は再生できるので問題なし。

おすすめのGoPro動画編集用Mac

Macならもちろん、GoProで撮影した動画の編集もできます。こちらは有料ソフトのPremiere Proを使っているところ。

M1 Macbook AirでPremiereを開いたところ

Macならこちらの3つの動画編集ソフトが有名です。特にDaVinci Resolveは無料で十分使えるのでおすすめです。

それぞれの編集ソフトで、必要なスペックがこちら。

使う編集ソフト必要スペック
DaVinci ResolveM1&メモリ8GBで十分
Final Cut Pro
Premiere ProM2以上&メモリ16GBだと安心

これを元に、編集ソフト別におすすめのMacをまとめました。

スクロールできます
製品名定価液晶サイズ重さチップメモリストレージ端子バッテリー
M1
MacBook Air
(13インチ)
M1 MacBook Air
119,800円~13.3インチ
Retina
(2,560×1,600)
幅304.1 ×
奥行き212.4 ×
高さ16.1mm
約1.29kgM1
8コア7GPU
8GB256GBUSB-C x 218.0h
M2
MacBook Air
(13インチ)
M2 MacBook Air13インチ
149,800円~13.6インチ
Liquid Retina
(2,560×1,664)
幅304.1 ×
奥行き215 ×
高さ11.3mm
約1.24kgM2
8コア8GPU
8GB256GB
(SSD)
USB-C x 218.0h
M2
MacBook Air
(15インチ)
M2 MacBook Air15インチ
179,800円~15.3インチ
Liquid Retina
(2,880×1,864)
幅340.4 ×
奥行き237.6 ×
11.5mm
約1.51kgM2
8コア10GPU
8GB256GB
(SSD)
USB-C x 218.0h

より詳しくは▼GoPro動画編集に必要なMacのスペックをどうぞ。

まとめ|MacとGoProでデータ管理から動画編集まで楽しめる

MacはGoProのデータ管理はもちろん、撮影した動画の編集までできるので、この2つの組み合わせはまさに最強。

特に動画編集ソフトは無料で使えるDaVinci Resolveがあり、色味の編集まで本格的に楽しめるのでおすすめです。

GoProを使うなら、ぜひMacとの組み合わせも一緒に楽しんでみてはどうでしょうか?

ただGoProは暗いところの撮影が弱めなので、そちらでお悩みならInsta360 Ace Proをチェックしてみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次