MENU
カテゴリー
ナシタカ
GoProブロガー
GoPro大好きな子育てパパ。日々の撮影&動画編集で家族の思い出を残すのがライフワーク。

GoProとMacは最高の組み合わせ|データ管理から動画編集までスムーズに行えます!

この記事ではリンクに広告が含まれています。
GoPro HERO10 BLACKとMacBook Air

どうも、GoPro大好きナシタカです。

僕はMacでGoProのデータ管理や動画編集をしていますが、最初は使い方が分からずに色々と苦労しました。

そんな中で色々と試行錯誤しながら慣れてきたので、だんだんとGoProとMacの組み合わせが最高に

この記事ではMacでGoProのデータ管理をする方法や動画編集におすすめのMacについてまとめてみました。

目次

GoProのデータ管理をMacで行う方法

GoProのデータ管理をMacで行うには、3つの方法があります。

スクロールできます
方法 Macへの接続手間費用
クラウドストレージなしなしサブスク
600円/月
GoPro本体USBありなし
MicroSDカードカードリーダーめんどいなし

GoProサブスクのクラウドストレージからダウンロード

クラウドへの自動アップロードを利用すると、GoProをMacに接続せずにデータが共有できます。

  1. 自動アップロードでクラウドでバックアップ(GoProを充電するだけでOK)
  2. MacでブラウザまたはQuicアプリから、メディアライブラリにアクセス(必要なデータだけダウンロード)
  3. 外付けSSDに保存 or 動画編集素材として利用

自動アップロードしたデータは、MacのブラウザからGoProサブスクにアクセスすれば確認できます。

ブラウザから見たGoProクラウドストレージ

これだけでも十分ですが、僕はさらにMacに動画をダウンロードして外付けHDDに保存。大切なデータだけ選別して二重バックアップしています。

アイ・オー・データ
¥17,800 (2024/05/23 00:17時点 | Amazon調べ)

GoProを接続する手間がなく、データもスムーズに管理できて一番気に入っている方法です。

新しく登場したMac用のQuikアプリなら、直接クラウドデータからデータを選択して編集できるようになりました。

新しいQuikデスクトップアプリのクラウドデータ

スマホアプリと操作方法がほぼ同じなので、スマホアプリで編集していた方ならすぐに動画編集に取りかかれますよ。

ただクラウドアップロードはとにかく時間がかかるので、急いでデータを移したいときには向きません。

GoPro本体とMacを接続

GoProとMacをUSB-Cケーブルで接続する方法。僕はM1 MacBook Airを使っており、USB-Cケーブルで接続します。

GoProをMacに接続

データ管理にはMacにインストールされている、『イメージキャプチャ』アプリを利用。

GoProをMacに接続して電源を入れると、イメージキャプチャにGoProが認識されます。

イメージキャプチャの画面

クラウドアップロードがうまくいかないときは、有線接続を活用することが多いです。

転送スピードがとにかく速いので、素早くデータを移したいときは直接つなぐのがおすすめです。

MacにMicroSDカードを挿入

Macに直接SDカードを挿入する方法。MicroSDカードや変換アダプターで接続します。

MicroSDカードとアダプタ

ただGoProからSDカードを取り出す手間があり、僕はほとんど使いません。

SDカードの取り出しが本当にめんどうなので、できるだけ避けたい方法ですね。

GoProで撮影した映像をMacで再生する

GoProで撮影した映像はもちろんMacで再生でき、QuickTime Playerで視聴できます

5.3K/60fpsなどの最高解像度は、HEVC(H.265)と呼ばれる動画形式で保存されます。これはパソコンでの扱いに注意が必要。

HEVCの映像をMacで再生するには、macOS High Sierra以降にOSをアップグレードします。

Apple 製のデバイスで HEIF/HEVC メディアを扱う – Apple サポート

僕はM1 MacBook AirでOSも問題ないですが、なぜか『再生できない可能性』の表示が出てきます。正直どうしていいかわからず放置していますが、動画は再生できるので問題なし。

おすすめのGoPro動画編集用Mac

Macならもちろん、GoProで撮影した動画の編集もできます。こちらは有料ソフトのPremiere Proを使っているところ。

M1 Macbook AirでPremiereを開いたところ

Macならこちらの3つの動画編集ソフトが有名です。特にDaVinci Resolveは無料で十分使えるのでおすすめです。

それぞれの編集ソフトで、必要なスペックがこちら。

使う編集ソフト必要スペック
DaVinci ResolveM2&メモリ8GBで十分
Final Cut Pro
Premiere ProM3以上&メモリ16GBだと安心

これを元に、おすすめのMacをまとめました。

スクロールできます
製品名定価液晶サイズ重さチップメモリストレージ端子バッテリー
M2
MacBook Air
(13インチ)
M2 MacBook Air13インチ
149,800円13.6インチ
Liquid Retina
(2,560×1,664)
幅304.1 ×
奥行き215 ×
高さ11.3mm
1.24kgM2
8コア8GPU
8GB256GB
(SSD)
USB-C x 218.0h
M2
MacBook Air
(15インチ)
M2 MacBook Air15インチ
205,000円15.3インチ
Liquid Retina
(2,880×1,864)
幅340.4 ×
奥行き237.6 ×
11.5mm
1.51kgM2
8コア10GPU
16GB256GB
(SSD)
USB-C x 218.0h
M3 Pro
MacBook Pro
(16インチ)

M3 Pro MacBook Pro16インチ
398,800円16.2インチ
Liquid Retina XRP
(3,456×2,234)
幅355.7 ×
奥行き248.1 ×
16.8mm
2.14kgM3 Pro
12コア18GPU
18GB512GB
(SSD)
USB-C(TB4)×3
HDMI
SD
15.0h

それぞれ強みが違うので、予算と合わせて選んでください。

ただモデルによっては家電量販店などでしか扱いがない場合があるので、公式サイトで購入するのもスムーズです。

その際は楽天リーベイツを経由すると楽天ポイントが貯まるので、楽天ユーザーの方はぜひ利用してポイントをゲットしましょう。

Apple(アップル)
¥135,980 (2024/05/19 13:02時点 | Amazon調べ)

まとめ|MacとGoProでデータ管理から動画編集まで楽しめる

MacはGoProのデータ管理はもちろん、撮影した動画の編集までできるので、この2つの組み合わせはまさに最強。

特に動画編集ソフトは無料で使えるDaVinci Resolveがあり、色味の編集まで本格的に楽しめるのでおすすめです。

GoProでの動画編集に合わせ、自分にピッタリのMacを選んでください。

スクロールできます
製品名定価液晶サイズ重さチップメモリストレージ端子バッテリー
M2
MacBook Air
(13インチ)
M2 MacBook Air13インチ
149,800円13.6インチ
Liquid Retina
(2,560×1,664)
幅304.1 ×
奥行き215 ×
高さ11.3mm
1.24kgM2
8コア8GPU
8GB256GB
(SSD)
USB-C x 218.0h
M2
MacBook Air
(15インチ)
M2 MacBook Air15インチ
205,000円15.3インチ
Liquid Retina
(2,880×1,864)
幅340.4 ×
奥行き237.6 ×
11.5mm
1.51kgM2
8コア10GPU
16GB256GB
(SSD)
USB-C x 218.0h
M3 Pro
MacBook Pro
(16インチ)

M3 Pro MacBook Pro16インチ
398,800円16.2インチ
Liquid Retina XRP
(3,456×2,234)
幅355.7 ×
奥行き248.1 ×
16.8mm
2.14kgM3 Pro
12コア18GPU
18GB512GB
(SSD)
USB-C(TB4)×3
HDMI
SD
15.0h
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次