MENU
カテゴリー
ナシタカの画像
ナシタカ
GoProブロガー
GoPro大好きな子育てパパ。日々の撮影&動画編集で家族の思い出を残すのがライフワーク。

【GoProとMacは最高の組み合わせ】データの取り込みから動画の編集までスムーズに行えます!

ナシタカのアイコン画像ナシタカ

この記事ではGoProとMacの組み合わせについてまとめています。撮影したデータの転送や動画編集ソフトについてなどMacでGoProを活用するための方法をまとめています!

どうも、GoPro大好きナシタカです。

僕はMacBook ProでGoProで撮影したデータの転送をしたり動画編集を行っていますが、最初は使い方が分からずに色々と苦労しました。

そんな中で色々と試行錯誤してきましたが、使い続けているとGoProとMacの組み合わせが最高に思えてきます

そこでこの記事ではGoProで撮影した映像をMacで楽しむ方法についてまとめています。

GoProの動画編集のためにMacの購入を考えている方にも役立ちますので、ぜひ参考にしてもらえたら嬉しいです!

目次

GoProのデータをMacに取り込む方法

GoProで撮影したデータをMacに取り込む方法としては、大きく2つあります。

GoPro本体とMacを接続

まずはGoProとMacをUSB-Cケーブルで接続する方法です。

GoProをMacに接続

GoProに付属してるケーブルを使えば簡単に接続できて1番手軽な方法なので、僕はこちらの方法を利用しています。

Macでは元からインストールされている、『イメージキャプチャ』というアプリを利用。

GoProをMacに接続して電源を入れると、下の画像のようにイメージキャプチャにGoProが認識されるので、ここからデータの転送が行えます。

イメージキャプチャの画面

僕はここから外付けHDDにデータをバックアップしています。僕が使っているのはこちらで、2TBでお買い得なのでおすすめ。

またGoPro純正の編集ソフトである『Quik for Desktop』でも、簡単にMacへデータの取り込みができます。

とても簡単で無料で使うことができるので、お好きなほうを選んでください。

MacにSDカードを挿入

2つめがMacに直接SDカードを挿入する方法で、MicroSDカードをSD用の変換アダプターにセットして接続します。

MicroSDカードとアダプタ

このようにアダプタを使えば、直接Macに挿入できてデータのやりとりが可能。

MacにSDカードを挿入

するとFinderで下の画像のようにデータが一覧で表示できます。

Finderでのデータ一覧

SDカードをGoProから取り出す手間があるのであまり使う機会はありませんが、例えばすぐに撮影できるようにGoProに他のSDカードを入れておきたいときは利用します。

またはGoProを接続するとGoProへの充電状態となるので、Macのバッテリーを消費したくないときも便利です。

GoProで撮影した映像をMacで再生する

GoProで撮影した映像はもちろんMacで再生することができて、Macに入っているQuickTime Playerで視聴できます

4K/60fpsの最高解像度で撮影した場合は、HEVC(H.265)と呼ばれる動画形式で保存されますが、扱いに注意が必要です。

この動画形式の映像をMacで再生するためには、macOS High SierraにOSをアップグレードする必要があります

なのでまだアップグレードしていない人はしておきましょう。

Apple 製のデバイスで HEIF/HEVC メディアを扱う – Apple サポート

MacでおすすめのGoPro動画編集ソフト

Macで動画編集を行うためのソフトはたくさんあり、GoProからも無料で使える純正ソフトがリリースされています。

  • Adobe Premiere
  • Quik for Desktop
  • Fusion Studio
  • Filmora(フィモーラ)
  • Movavi Video Editor
  • GoPro Studio

基本的には自分の好きなものを使えば良いのですが、機能に差があるのでそのあたりを理解して選ぶことが大切です。

詳しくは▼GoProのおすすめ動画編集ソフトの記事にまとめています。

あわせて読みたい
【GoProにおすすめ動画編集ソフト】スマホやPCの編集ソフトについてまとめていきます
【GoProにおすすめ動画編集ソフト】スマホやPCの編集ソフトについてまとめていきますこの記事ではGoProで撮影した動画を編集するために必要な編集ソフトについて紹介しています。GoProからリリースされている無料のものを中心に紹介しつつ、僕のおすすめ...

僕が愛用しているAdobe Premiereについては、こちらの記事をどうぞ!

GoPro動画編集のためのMacの選び方

GoPro動画編集のためのMacを選ぶときには5つのポイントがあります。

  • ディスプレイサイズは大きいが正義
  • CPUはクアッドコアのIntel Core i7プロセッサ
  • GPUは独立&ビデオRAM4GB以上
  • メモリは16GB以上
  • ストレージ容量はSSD256GB以上
  • 外で動画編集をするかどうか

このポイントを押さえてMacを選べば、動画編集マシンとして満足できる一台を手に入れることができます。

詳しくは▼GoProで撮影した動画を編集するためのMacの選び方の記事にまとめているので、合わせて読んでみてください。

GoProとMacまとめ

GoProはスマホとの連携を強化して、様々なアプリをリリースしています。

僕も実際にiPhoneアプリを利用して動画編集をしたりしますし、簡単にオシャレな動画が作れたりととても素晴らしいです。

それでも僕はMacを使ってGoProを楽しんでいて、理由はもっとGoProが楽しくなるから。

iPhoneアプリではできないような編集や映像を合成したりと、Macだからこそできる編集が数多くあるのです。

Macのおかげで僕の動画編集ライフはとても楽しくなりましたし、その相乗効果でGoProを使うことが何倍も楽しくなっています。

ぜひ皆さんもGoProとMacを組み合わせて、撮影や動画編集をさらに楽しんでみてください!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる