MENU
カテゴリー
ナシタカの画像
ナシタカ
GoProブロガー
GoPro大好きな子育てパパ。日々の撮影&動画編集で家族の思い出を残すのがライフワーク。

【GoProマグネット付きスイベルクリップレビュー】磁力で取り付け&クリップでウェアラブル撮影ができるアクセサリー

ナシタカのアイコン画像ナシタカ

この記事ではGoProマグネット付きスイベルクリップについてレビューしています。純正のクリップマウントとして機能性の高さが魅力のアクセサリーになっています!

どうも、GoPro大好きナシタカです。

GoProはコンパクトなので、体に取り付けて撮影するウェアラブルカメラとしてピッタリ。

僕もよくリュックのストラップに取り付けて撮影していて、子どもと遊びながら撮影するのに重宝しています。

そのときに愛用しているのが、『GoProマグネット付きスイベルクリップ』です。

GoPro純正のクリップマウントで、スイベル機能やマグネットが付いていたりと、他のクリップマウントよりも機能性の高さが魅力

クリップマウントでありながら、様々な撮影ができる使い勝手の良いマウントになっています。

そんなGoProマグネット付きスイベルクリップの魅力を、たっぷりとレビューしていきます!

目次

GoProマグネット付きスイベルクリップのセット内容と外観

GoProマグネット付きスイベルクリップは、体に取り付けての撮影には役立つアクセサリーです。

GoProマグネット付きスイベルクリップの外観

セット内容はこのようになっています。

GoProマグネット付きスイベルクリップのセット内容
  • マグネット付きスイベル クリップ
  • マウント用バックル
  • サム スクリュー

スペックをまとめたのがこちらです。

サイズ約35 × 80 × 27mm
重さ125g(本体のみ)
268g(HERO8と組み合わせ)HERO8
機能クイックリリース
スイベル機能
マグネット機能付き

大きさは約35 × 80 × 27mmと他のクリップマウントよりもコンパクトで、手のひらに収まるサイズ感

GoProマグネット付きスイベルクリップを手に乗せたところ

重さも125gと軽く、体に取り付けやすい重さとなっています。

GoProマグネット付きスイベルクリップの重さ

GoPro HERO8と組み合わせても268gと、リンゴ1個分と同じくらいの重さ

GoProマグネット付きスイベルクリップをHERO8と組み合わせたときの重さ

僕はGoProメディアモジュールと一緒に使っていますが、それでも重さは294g程度です。

GoProマグネット付きスイベルクリップをメディアモジュールを付けたHERO8と組み合わせ重さ

GoProの取り付け部はクイックリリースバックルになっているので、GoProにはクイックリリースマウントを装着する必要があります。

gopro マグネット付きスイベルクリップのクイックリリース

そのため他のアクセサリーもクイックリリースでまとめておくと、アクセサリーの着脱と切り替えが簡単に。

さらにこのクイックリリースバックルは、スイベル式になっていて自由に方向を変えられます

GoProマグネット付きスイベルクリップのスイベル機能

クリップ部分はコンパクトサイズで、取り付けるときにジャマになりにくいです。

GoProマグネット付きスイベルクリップのクリップ部分

クリップがかなり強力で、開くのにかなりの力が必要。

GoProマグネット付きスイベルクリップを開いたところ

またクリップには凹凸がついており、挟んだときに滑りにくく、外れにくい構造になっています。

GoProマグネット付きスイベルクリップの凹凸

クリップ部分の裏面にはこのようにマグネットのアイコンがついていて、マグネット式になっているのがわかります。

GoProマグネット付きスイベルクリップのマグネットアイコン

GoProマグネット付きスイベルクリップの良いところ

実際にGoProマグネット付きスイベルクリップを使ってみて良いなと思ったのが、こちらの3つです。

クリップマウントとしてリュックに取り付けられる

GoProマグネット付きスイベルクリップは、クリップマウントとしてリュックに取り付けることができます。

僕が愛用している、ノースフェイスのシャトルデイパックに取り付けたのがこちら。

リュックにGoProを取り付けたところ

特にリュックのブラックカラーと相性が抜群で、良い感じです。

コンパクトなサイズ感でそこまで目立たず、子どもにカメラを意識させることなく撮影できるのが気に入っています

リュックにGoProを取り付けたところ

撮影で使わないときも、このままリュックに取り付けておけるので、手が塞がらないのも便利なポイント。

重さもメディアモジュール含めて300gなので、リュックに取り付けても重みを感じることはありません。

GoProマグネット付きスイベルクリップの重さ

スイベル機能で向きが自由に変えられる

GoProマグネット付きスイベルクリップは、その名の通りスイベル機能で向きが自由に変えられます。

特に角度が固定されずに、好きな位置に調整できるのが他のクリップマウントとの違いです。

GoProマグネット付きスイベルクリップのスイベル機能

GoProマグネット付きスイベルクリップでは、このように好きな角度で止めることが可能。

GoProマグネット付きスイベルクリップの向きを変えたところ

例えばストラップに取り付けたときに斜めになってしまっても、この細かい調整機能のおかげで画面を水平に保てます。

だからといって撮影中に勝手に向きが変わることはなく、走りながら撮影してもしっかりと固定してくれています。

マグネットで壁に固定することもできる

GoProマグネット付きスイベルクリップはマグネットが内蔵されているので、磁力で壁にくっつけることができます。

マグネットで冷蔵庫に取り付けたところ

これは自宅の冷蔵庫に取り付けたところですが、マグネットでどんな位置でも取り付けでき、固定視点の撮影には持ってこいの機能

マグネットで冷蔵庫に取り付けたところ

例えばホームパーティーなどで固定視点として斜め上から撮影しておけば、マルチアングル用の動画素材として活用できますからね。

このマグネットのおかけで撮影での活用シーンが増えるので、使い勝手がかなり良くなっています。

GoProマグネット付きスイベルクリップのイマイチなところ

イマイチに感じたのは、こちらの3つですね。

クリップが小さくスタンドとしては不安定

クリップマウントの便利な使い方として、クリップ部分が簡易スタンドになることです。

クリップマウントをスタンドとして活用

ただGoProマグネット付きスイベルクリップでは、クリップ部分が小さめになっているので、スタンドとしての安定性は少し落ちています

クリップマウントをスタンドとして活用

スタンドとしては少し使いにくいのですが、マグネットがついているので、磁力でくっつくところでは最強のスタンドになるメリットがあります。

向きの調整が難しい

GoProマグネット付きスイベルクリップは、角度が自由に調整できるのが特徴ですが、逆にまっすぐに戻しにくいデメリットにもなります

GoProマグネット付きスイベルクリップの向きを変えたところ

カチッとハマらないので、自分ではまっすぐに戻したつもりでも、微妙に曲がっていたり…。

GoProマグネット付きスイベルクリップの向きを変えたところ

なので多少の曲がりは気にしないようにするか、少し時間をかけて正しい方向に調整してあげましょう。

マグネットにゴミがついてしまう

GoProマグネット付きスイベルクリップのマグネットは便利ですが、磁石なのであらゆるものがくっついてしまいます。

外でGoProを落としてしまったときに、土などの余計なものが磁石部分にくっついてしまい、汚れが取りにくくなります

なのでクリップがしっかりついているか確認を徹底するなど、GoProを落とさないように注意しましょう。

GoProマグネット付きスイベルクリップレビューまとめ

ここまでGoProマグネット付きスイベルクリップのレビューとして、その特徴や使い方についてまとめてきました。

GoPro純正品としての高い機能性が魅力で、ウェアラブル撮影や固定撮影など、あらゆるシーンで活用できます。

僕も撮影ではほぼ毎回お世話になっているアクセサリーで、これ1つあればGoProでの撮影がもっと楽しみに。

しかもGoPro Plusを活用すれば半額で購入できるので、ますますコスパ抜群のアクセサリーです。

あわせて読みたい
【厳選】GoPro HERO8 Blackにおすすめのアクセサリー9選!選ぶポイントとは?
【厳選】GoPro HERO8 Blackにおすすめのアクセサリー9選!選ぶポイントとは?どうも、GoPro大好きナシタカです。GoPro HERO8 Blackは前モデルから大きな進化を遂げているので、撮影で使うアクセサリーもだいぶ変わりました。僕の中でも「これだ!...

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる