GoProスリーブ+ランヤードをレビュー!オシャレに持ち運べるだけでなく使い勝手も良くておすすめ

GoProスリーブ+ランヤードを身に着けた写真

どうもGoPro大好きナシタカ(@ehicalog)です。

この記事では新しく僕のGoProマウントコレクションに仲間入りした『スリーブ+ランヤード』について紹介していきます。

簡単に言えばシリコンケースと紐の組み合わせというシンプルなアクセサリーなのですが、ありそうでなかった無かったシンプルさが魅力。

そんなスリーブ+ランヤードの魅力について実際に愛用している僕が全力で紹介していきます。

スリーブ+ランヤードが気になる方や普段使いにおすすめなマウントについて知りたい方はぜひ読んでみてください!

スリーブ+ランヤード

GoProスリーブ+ランヤードの箱 GoProスリーブ+ランヤードの箱

スリーブをGoProに装着することで首から下げるネックストラップのように使えたり、ランヤードを持って手持ちでの撮影ができるアクセサリーです。

GoProスリーブ+ランヤードの中身

つまり新しい発想のアクセサリーではなく、シリコンケースに紐を付けただけの構成なので目新しさは全くありません。

しかしだからこそ使いやすく、ありそうでなかったアクセサリーなのです

スリーブはずっと触っていたくなる気持ち良さ

GoProスリーブ

GoProに装着するスリーブはシリコン製で手触りがとても良いのが特徴です。滑らかな感じでいつまでも触っていたくなります

GoProスリーブ

きちんと撮影のことも考えられていて、マイク用の穴がしっかりと空いています。

GoProスリーブの上部のマイク穴 GoProスリーブの右側のマイク穴 GoProスリーブの左側のマイク穴

また下部のスピーカー部分もしっかりと穴が空いていて、音がこもらないように工夫されています。

GoProスリーブ下部のマイク穴とスピーカー部分の穴

シンプルな作りだからこそこうした細部の作り込みは非常に大事で、考えられた作り込みを見ただけで愛着が湧いてきます。

ランヤードは柔軟に使えて便利

ランヤードのロゴ部分

ランヤードは少し太めで丸みがありしっかりとした作りとなっていて、首にかけても違和感なく使えます

ランヤードは少し太め

最初見たときは少し太めで長いかなと思ったのですが、全然そんなことはなくありません。

ランヤード全体

輪っかの大きさも自分に合わせて調整できるので、手首にかけて持ち運ぶこともできます。

ランヤードの長さ調節

持ち運びの便利さと撮影のしやすさを両立

スリーブ+ランヤードの主な使い方としては、首に下げたり手にかけて持ち運びます。

それだけなんですが、だからこそシンプルで使いやすいんですよ。

GoProを首元や手首に常に持っておくことができるので、いつでもシャッターチャンスを逃しません。

さらにスリーブ+ランヤードの嬉しいメリットが『かさばらない』ことです。

GoProにスリーブを装着

シリコンスリーブを取り付けるだけなのでかさばることがなく、GoProをそのままの大きさで持ち運ぶことができます。

首に下げても手首にかけても全く邪魔にならないので、もっとシンプルにGoProでの撮影を楽しみたい時にピッタリ。

特に旅行で荷物を減らしたいけど、撮影はしっかりとしたい人にはかなりおすすめ

首や手首にかけるだけなので重たくならず、体への負担を軽くしながらGoProを気軽に持ち運ぶことができます。

デメリットはカバーの開閉ができなくなること

唯一のデメリットとしては、シリコンケースをつけることで本体カバーの開閉ができなくなることです

GoProにスリーブを装着したところ

充電やバッテリーの交換、SDカードを取り出す際には、シリコンケースを毎回外す必要があります。

しかしシリコンケースがジャストフィットの作りになっているので思ったよりも外しにくく、装着するときもレンズをうまく挿入しないと引っかかる感じになってしまいます。

シリコンスリーブの全体

この着脱に手間がかかるのは少しマイナスなポイント。しっかりとした作りでGoProにピッタリのサイズだからこそのデメリットですね

特に充電だけでなく、Quik keyでスマホとデータのやりとりをしたい人は手間が増えます。

子供とのお出かけに便利だった

僕が特にスリーブ+ランヤードを重宝するのが、子どもとのお出かけです。

スリーブ+ランヤードで首にGoProをかけておけるので、両手がフリーになって子どもの世話がしやすいのです

首にかけて両手がフリー

子どもと出かけるときは手を繋ぐことが当たり前なので、そうすると片手が必ず埋まります。

さらに片方の手に自撮り棒付きのGoProを持っていたら、両手が埋まってしまうので子どもと繋ぐ手を変えるときに地味に大変なんですよ。

子どもを車道側で歩かせたくないので、繋ぐ手をスムーズに変えられるのが理想。

そのためにはGoProを手に持つ必要のないハンズフリーの状態が望ましいのですが、スリーブ+ランヤードがあれば簡単に実現できます。

手を繋ぐのも抱っこもスムーズにできますし、それでいて撮影したい時にはしっかりと撮影ができるんです。

GoProを持ったところ

子どもとのお出かけでも、GoProの持ち運びがさらに快適になったので、より気軽に撮影が楽しめますよ。

GoPro HERO7 Blackとの相性が抜群

スリーブ+ランヤードはGoPro HERO7 Blackとの相性が抜群で、その理由がHERO7 Blackの『ハイパースムースビデオ』です。

スリーブ+ランヤードは他のマウントと併用できないのが弱点なので、HERO6 Blackでは4K60fpsでの撮影では手ぶれ補正が使えずに映像がブレやすいのが悩みでした。

せっかく気軽に持ち運べても手ぶれが入ってしまうので、結局2.7Kなど画質を落として撮影しなければいけないのは残念ですからね。

しかしHERO7 Blackに備わったハイパースムースビデオであれば、手持ち撮影でも手ぶれがしっかりと抑えられるのが特徴。

スリーブ+ランヤードだけで手ぶれのない安定した映像を撮影できるので、GoProでの撮影がより楽しくなりました。

特に子どもと公園で遊んだりとちょっとしたお出かけにも持っていきやすいので、より気軽に滑らかな映像が撮影できるのは最高。

スリーブ+ランヤードはぜひHERO7 Blackと組み合わせて使って欲しいアクセサリーです。

まとめ:シンプルで使いやすいマウント

ポイントまとめ
  • スリーブはずっと触っていたくなる気持ち良さ
  • ランヤードは柔軟に使えて便利
  • 持ち運びの便利さと撮影のしやすさを両立
  • デメリットはカバーの開閉ができなくなること
  • 子どもとのお出かけに便利だった
  • HERO7 Blackとの相性が抜群

シンプルな使い方だからこそとても便利でありそうで無かったマウント。それがスリーブ+ランヤードの魅力です。

GoProと言えば豊富なアクセサリー類のお陰でアクションカメラとしての特性を生かしたダイナミックな撮影が代名詞。

しかし今回のスリーブ+ランヤードはそういったダイナミックな撮影をするためのものではありません。

むしろ普段使いのGoProの魅力を楽しむマウント。より日常生活にフィットさせてくれるアイテムなのです

気軽に持ち運べるからこそいつでも撮影できてシャッターチャンスを逃さない、動画も手ブレが少なく気軽に撮影ができる。

『GoProがあれば生活がもっと楽しくなる』。そんな印象を受けたマウントです

実際に使ってみてスナップムービーを撮るだけならこのスリーブ+ランヤードがあれば十分。そんな風に思える素晴らしいマウントです。

ぜひ皆さんもスリーブ+ランヤードのシンプルな使い心地に触れてみてください。

HERO6とHERO5 BLACKにおすすめのマウントまとめ

今までに使ったGoProのアクセサリーを紹介!必須のアクセサリーからおもしろアクセサリー、シーン別のおすすめまでまとめていきます

2019/03/01

この記事も読まれています

ABOUTこの記事をかいた人

GoProが大好きでHEOR5 Blackから子どもの撮影に活用しています。撮影した動画の編集も大好きで家族の思い出ムービーをたくさん作っているので動画編集についても紹介していきます。