MENU
カテゴリー
ナシタカの画像
ナシタカ
GoProブロガー
GoPro大好きな子育てパパ。日々の撮影&動画編集で家族の思い出を残すのがライフワーク。

【GoProスリーブ+ランヤードレビュー】オシャレに持ち運べるだけでなく使い勝手も良いアクセサリー

ナシタカのアイコン画像ナシタカ

GoPro純正マウント『スリーブ+ランヤード』のレビュー記事です。実際に使ってみて感じたメリットやデメリットについても紹介しつつ自分なりの使い方についても紹介しているのでぜひ読んでみてください!

どうも、GoPro大好きナシタカです。

新しく僕のGoProマウントコレクションに仲間入りした『GoProスリーブ+ランヤード』について紹介していきます。

簡単に言えばシリコンケースと紐の組み合わせというシンプルなアクセサリーなのですが、ありそうでなかった無かったシンプルさが魅力。

首にかけたり手にかけて持ち運んだりと、使いやすく撮影しやすいシンプルな使い勝手が本当に使いやすいです。

目次

GoProスリーブ+ランヤードの外観

GoProスリーブ+ランヤードは、GoPro用シリコンスリーブと紐がセットになったアクセサリーです。

スリーブをGoProに装着することで首から下げるネックストラップのように使えたり、ランヤードを持って手持ちでの撮影ができます。

GoProスリーブ+ランヤード

つまり新しい発想のアクセサリーではなく、シリコンケースに紐を付けただけの構成なので目新しさは全くありません。

しかしだからこそ使いやすく、ありそうでなかったアクセサリーなのです

GoProスリーブ

GoProに装着するスリーブはシリコン製で手触りがとても良いのが特徴。滑らかな感じでいつまでも触っていたくなります

GoProスリーブ

きちんと撮影のことも考えられ、マイク用の穴がしっかりと空いています。

GoProスリーブの上部のマイク穴
GoProスリーブの右側のマイク穴
GoProスリーブの左側のマイク穴

また下部のスピーカー部分もしっかりと穴が空いており、音がこもらないように工夫されています。

GoProスリーブ下部のマイク穴とスピーカー部分の穴

シンプルな作りだからこそこうした細部の作り込みは非常に大事で、考えられた作り込みを見ただけで愛着が湧いてきます。

ランヤードは少し太めで丸みがある作りで、首にかけても違和感なく使えます

ランヤードは少し太め

GoProロゴもしっかりと入っています。

ランヤードのロゴ部分

最初見たときは少し太めで長いかなと思ったのですが、全然そんなことはなくありません。

ランヤード全体

輪っかの大きさも自分に合わせて調整できるので、手首にかけて持ち運ぶこともできます。

ランヤードの長さ調節

GoProスリーブ+ランヤードの主な使い方としては首に下げたり手にかけて持ち運ぶだけなんですが、だからこそシンプルで使いやすいんです。

GoProを首元や手首に常に持っておくことができるので、いつでもシャッターチャンスを逃しません。

さらにスリーブ+ランヤードの嬉しいメリットが『かさばらない』ことです。

GoProにスリーブを装着

シリコンスリーブを取り付けるだけなのでかさばることがなく、GoProをそのままの大きさで持ち運ぶことができます。

唯一のデメリットとしては、シリコンケースをつけることで本体カバーの開閉ができなくなることです

充電やバッテリーの交換やSDカードを取り出すときには、シリコンケースを毎回外す必要があります。

GoProにスリーブを装着したところ

その分しっかりとGoProを包み込んでくれるので、使っていてスリーブが外れしまうことはありません。

見た目もよく撮影も安心してできるアクセサリーで、使い勝手は抜群です。

GoProスリーブ+ランヤードの良いところ

実際に使ってみて良いなと感じたのが、こちらの3つです。

子どもとのお出かけで気軽に持ち運べる

僕が特にGoProスリーブ+ランヤードを重宝するのが、子どもとのお出かけです。

スリーブ+ランヤードで首にGoProをかけておけるので、両手がフリーになって子どもの世話がしやすいのです

首にかけて両手がフリー

子どもと出かけるときは手を繋ぐことが当たり前なので、そうすると片手が必ず埋まります。

さらに片方の手に自撮り棒付きのGoProを持っていたら、両手が埋まってしまうので子どもと繋ぐ手を変えるときに地味に大変なんですよ。

子どもを車道側で歩かせたくないので、繋ぐ手をスムーズに変えられるのが理想。

そのためにはGoProを手に持つ必要のないハンズフリーの状態が望ましいのですが、スリーブ+ランヤードがあれば簡単に実現できます。

手を繋ぐのも抱っこもスムーズにできますし、それでいて撮影したい時にはしっかりと撮影ができるんです。

GoProとスリーブ+ランヤード

子どもとのお出かけでも、GoProの持ち運びがさらに快適になったので、より気軽に撮影が楽しめますよ。

HERO7 Blackとの相性が抜群

GoProスリーブ+ランヤードはGoPro HERO7 Blackとの相性が抜群で、その理由がHERO7 Blackの『ハイパースムースビデオ』です。

GoPro HERO7 Black

GoProスリーブ+ランヤード他のマウントと併用できないのが弱点なので、HERO6 Blackでは4K60fpsでの撮影では手ぶれ補正が使えずに映像がブレやすいのが悩みでした。

せっかく気軽に持ち運べても手ぶれが入ってしまうので、結局2.7Kなど画質を落として撮影しなければいけないのは残念ですからね。

しかしHERO7 Blackに備わったハイパースムースビデオであれば、手持ち撮影でも手ぶれがしっかりと抑えられるのが特徴。

GoProスリーブ+ランヤードだけで手ぶれのない安定した映像を撮影できるので、GoProでの撮影がより楽しくなりました。

GoProにスリーブを装着

特に子どもと公園で遊んだりとちょっとしたお出かけにも持っていきやすいので、より気軽に滑らかな映像が撮影できるのは最高。

GoProスリーブ+ランヤードぜひHERO7 Blackと組み合わせて使って欲しいアクセサリーです。

カラーが豊富

GoProスリーブ+ランヤードは、カラーが豊富なので自分好みの色を選ぶことができます。

Amazonでは11種類のカラーが展開されており、落ち着いた色合いからビビットなカラーまで揃っているのが特徴。

  • イエロー
  • エレクトリックピンク
  • サンド
  • タートルグリーン
  • ハイパーオレンジ
  • ピンク
  • ファイアークラッカーレッド
  • ブラック
  • ブルー
  • ホワイト
  • レッド

こういったカラーを気分で使い分けるのも楽しそうですよね。使い勝手の良いアクセサリーなので、何色か買っておくのもおすすめ。

GoProスリーブ+ランヤードの口コミ

SNSでの口コミを探してみました。

色が選べるところが人気みたいで、好意的な意見が多いように感じます。

GoProスリーブ+ランヤードレビューまとめ

シンプルな使い方だからこそとても便利でありそうで無かったマウント。それがスリーブ+ランヤードの魅力です。

GoProと言えば豊富なアクセサリーを使い分けて、アクションカメラとしての特性を生かしたダイナミックな撮影が代名詞。

しかしGoProスリーブ+ランヤードはそういったダイナミックな撮影をするためのものではありません。

むしろ普段使いのGoProの魅力を楽しむマウント。より日常生活にフィットさせてくれるアイテムなのです

スリーブをつけるとカバーなどの開閉がしにくくなるので、多少使いづらい面は出てきます。

しかしその分気軽に持ち運べるからこそ、いつでも撮影できてシャッターチャンスを逃さない、動画も手ブレが少なく気軽に撮影ができるアクセサリー。

豊富なカラーから自分好みのGoProに仕上げるのもおすすめで、ファッション性の高いアクセサリーとも言えます。

HERO8用のスリーブ+ランヤードが登場しましたが、かなり使いやすくなってます!

あわせて読みたい
【GoPro HERO8用スリーブ+ランヤードレビュー】より使いやすく進化したマストアクセサリー
【GoPro HERO8用スリーブ+ランヤードレビュー】より使いやすく進化したマストアクセサリーこの記事ではGoPro HERO8用スリーブ+ランヤードについて紹介しています。僕が愛用しているアクセサリーなので、その魅力と実際の使い方についてまとめていきます!どう...

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる