GoPro

【レビュー】GoPro HERO8用スリーブ+ランヤード|より使いやすく進化したマストアクセサリーです!

GoPro HERO8用スリーブ+ランヤード
ナシタカ
ナシタカ
この記事ではGoPro HERO8用スリーブ+ランヤードについて紹介しています。僕が愛用しているアクセサリーなので、その魅力と実際の使い方についてまとめていきます!

どうもGoPro大好きナシタカ(@ehicalog)です。

GoPro HERO8で撮影をしていて、絶対に欠かせないアクセサリーがあるのですが、それがスリーブ+ランヤードです。

GoPro HERO8用スリーブ+ランヤード

GoPro HERO7 Blackのときに発売されて依頼ずっと愛用していたので、GoPro HERO8 Black用にすぐに購入しました。

そうしたらこれが想像以上にハマって、GoPro HERO7用を超える使いやすさだったんですよ。

GoPro HERO8のフレームレス&ビルドインマウントと相性抜群のアクセサリーなので、その魅力について紹介していきます。

GoPro HERO8用スリーブ+ランヤードの外観

GoPro HERO8用スリーブ+ランヤードは、GoProのシリコンケースとストラップがセットになったアクセサリーです。

GoPro HERO8用スリーブ+ランヤード

前モデルとの違いは、サブディスプレイとビルドインマウント用の穴が開いているところです。

まず前面のサブディスプレイ部分がちゃんと見れるようになっているので、前面から見ても撮影状態がよく分かります。

GoPro HERO8用スリーブ+ランヤードの前面ディスプレイ部分

さらに下部のビルドインマウント用に穴が開いているので、スリーブを着けたままでも使うことができます。

GoPro HERO8用スリーブ+ランヤード下部の穴

ランヤードは変わりがなく、少し太めのコードが使われています。

GoPro HERO8用スリーブ+ランヤードの太さ

この太さのおかげで、首にかけても痛みを感じにくいのでよく考えられているなと思いますね。

また手に巻いて持ったりするときにも、太い方が持ちやすいのでありがたいです。

ランヤードはスリーブの側面にストラップとしてついていて、外すこともできます。

GoPro HERO8用スリーブ+ランヤードの取り付け部分

そしてGoPro HERO8の変更に合わせて、モードボタンは左側にあります。

GoPro HERO8用スリーブ+ランヤードのモード画面

またシャッターボタンは前モデルのものは赤でしたが、GoPro HERO8用はグレーっぽい色になっています。

GoPro HERO8用スリーブ+ランヤードのシャッターボタン部分

GoPro HERO8の特徴に合わせて、ちゃんとポイントで進化を遂げているのがよくわかりますね。

GoPro HERO8用スリーブ+ランヤードは豊富なカラーが魅力

GoPro HERO8用スリーブ+ランヤードは、豊富なカラー展開があるのが魅力です。

GoPro HERO8用スリーブ+ランヤードのブラックカラー

僕は黒が好きなのでブラックを選んでいますが、全部で7色あるので好きな色を選べます。

カラーの一覧がこちらで、今のところ公式サイト以外では楽天だけ取り扱いがあります。

ビビッドな色から落ち着いた色まで豊富に揃っているので、何色か購入して気分に合わせて使い分けるといった方法も良いですね

GoPro HERO8用スリーブ+ランヤードは本体を保護できる

GoPro HERO8用スリーブ+ランヤードは、シリコンケースでGoPro本体を覆ってくれます。

GoPro HERO8用スリーブ+ランヤード

なのでこのシリコンケースを着けておけば、傷つく心配がないのでGoProを安心して使うことができます。

タッチディスプレイやレンズ部分は、保護フィルムを組み合わせて完全防備にできますからね。

保護フィルムならこちらがおすすめで、この値段で2セット入っていてお得です。

傷がつくのが嫌な僕にとっては、これでGoProを完全体にすることができました

これなら撮影でも安心して使えるので、気兼ねなく撮影に没頭できるのは最高ですよ。

GoPro HERO8用スリーブ+ランヤードはアクセサリーと併用できる

GoPro HERO8用スリーブ+ランヤードの特徴が、下部に穴が空いているところです。

GoPro HERO8用スリーブ+ランヤードの下部部分

ここからビルドインマウントが使えるので、シリコンケースをつけたままアクセサリーを使うことができるのです。

GoPro HERO8用スリーブ+ランヤードでビルトインマウントを出したところ

これはフレームが要らなくなったGoPro HERO8だからこそで、アクセサリーを使うためにスリーブを外す必要がありません。

GoPro HERO8用スリーブ+ランヤードのビルトインマウント

この取り外しとアクセサリーの付け替えが手間だったんですが、そのストレスが解消されて使い勝手がかなり良くなっていて最高です。

GoPro HERO8用スリーブ+ランヤードはショーティーとの組み合わせが最高におすすめ

僕がGoPro HERO8用スリーブ+ランヤードの使い方で気に入っているのが、ショーティーとの組み合わせです。

GoPro HERO8用スリーブ+ランヤードとショーティーの組み合わせ

ランヤードがあれば首にかけることもできるので、ショーティーをつけたまま首から下げておけます

GoPro HERO8用スリーブ+ランヤードでショーティーを首から下げたところ

ショーティーくらいなら軽いですし、実際に使ってみても首への負担も少ないです。

これならいつでも自撮り棒を使って撮影ができますし、使わないときは首に下げておけて両手が空きます

このように使い勝手がかなり良くなっているので、撮影には欠かせないマストアクセサリーと言えますね。

GoPro HERO8用スリーブ+ランヤードはバッテリードアが開けにくい

ここまでGoPro HERO8用スリーブ+ランヤードの良いところについて書いてきましたが、唯一使いにくい部分があります。

それがバッテリードアの開閉がしにくいところです。

スリーブを装着するとバッテリードアが覆われてしまうので、開けるときは毎回スリーブを外さないといけません。

GoPro HERO8用スリーブ+ランヤード

これが少し手間に感じてしまうので、改善して欲しいポイントですね。

ただこのようにずらしてしまえば、バッテリードアの開閉はちゃんとできます。

GoPro HERO8用スリーブ+ランヤードをずらしたところ

アクセサリーをつけたままでも簡単にずらせるので、バッテリーやmicroSDカードの交換はスムーズにはできるのは大きなポイント

GoPro HERO8用スリーブ+ランヤードをずらしてバッテリードアを開けたところ

スリーブがシリコン素材ならではの使いやすさですね。

GoPro HERO8用スリーブ+ランヤードレビュー|まとめ

ここまでGoPro HERO8用スリーブ+ランヤードレビューとして、その特徴や実際の使い心地について紹介してきました。

GoPro HERO7 Blackのときから愛用しているスリーブ+ランヤードですが、GoPro HERO8用はさらなる進化をとげてめちゃくちゃ使いやすくなっています。

特にGoPro HERO8のビルドインマウント用の穴が開いていて、スリーブをつけたままアクセサリーが使えるのが最高

そのままアクセサリーと組み合わせていろいろな撮影ができるので、GoPro HERO8には欠かせないマストアクセサリーと言えるくらいに使いやすいです。

GoPro HERO8をお使いの方にはかなりおすすめなので、ぜひ使ってみてくださいね!

購入するときは他のアクセサリーも買う予定で7,400円を超えるなら公式サイト、それ以外なら楽天で購入するのがおすすめです!

どうも、ナシタカ(@ehicalog)でした。

【厳選】GoPro HERO8 Blackにおすすめのアクセサリー8選!選ぶポイントとは?この記事ではGoPro HERO8におすすめのアクセサリーについてまとめています。選び方のポイントや実際に愛用しているアクセサリーを紹介します!...
ABOUT ME
ナシタカ
GoProが大好きで子どもの撮影に愛用しています。 撮影した動画の編集も大好きなので動画編集についても紹介しつつ、自分が気に入ったものをどんどん紹介していきます。