MENU
カテゴリー
ナシタカ
GoProブロガー
GoPro大好きな子育てパパ。日々の撮影&動画編集で家族の思い出を残すのがライフワーク。
\ 最大10%ポイントアップ! /

CPUとメモリ、GPUが動画編集ノートパソコンの重要スペックです!

この記事ではリンクに広告が含まれています。
動画編集ノートパソコンのスペック

どうも、動画編集大好きナシタカです。

動画編集ノートパソコンを選ぶときに、スペックってかなり迷いますよね?

この記事では僕が動画編集ノートパソコンを選ぶときに大切にしている、5つのポイントとおすすめのスペックをまとめました。

特に大切なのがCPUとメモリ、GPUの3つ。ここをしっかりと選ぶだけで、動画編集の効率がしっかりと上がります。

それだけでなく、動画編集の目的に合わせたおすすめノートパソコンも紹介しています。

  1. CPU → Core i7 13700H
  2. メモリ → 32GB
  3. GPU → RTX 4060(VRAM 8GB)
  4. ストレージ → SSD 1TB
  5. ディスプレイ → 16型WQXGA(2560×1600)

16型の大画面に、安心のスペック。隙のない、動画編集が快適にできる1台です!

目次

動画編集ノートパソコンのスペックに大切な5つの要素

動画編集ノートパソコンを選ぶときに大切なのが、こちらの5つのポイントです。

この中でも特にCPUとメモリ、GPUの3つは、動画編集ノートパソコンの最重要スペック

ここの選び方で動画編集効率が変わってくるので、自分の使い方に合わせて最適なものを選びましょう。

ではそれぞれの項目を詳しく解説していきます。

CPUはパソコンの頭脳

まず抑えておきたいのが『CPU』。これはノートパソコンの頭脳にあたるもので、ここがかなり重要なポイント。

CPUの性能によって、動画編集の効率がほぼ決まります。

それほどにCPUは動画編集効率に密接に関わっており、最重要ポイントとも言えるパーツです。

CPUには大きく2種類あります。

  • インテル社 → Core iシリーズ
  • AMD社 → Ryzenシリーズ

どちらも7以上あると、動画編集効率が驚くほど高くなります。特に4K動画を編集するなら、必須のレベル。

  • Core i5 & Ryzen 5 → フルHDの動画編集
  • Core i7 & Ryzen 7 → 4K以上の動画編集

GoProで言えば5.3Kと、4Kを超える解像度があるため、CPUの性能は高いほど動画編集も快適になります。

特に5.3Kの動画を複数編集するとなると、想像を超える負荷がノートパソコンにかかるので、予算が許す限りはCPUにお金をかけるのがベスト

メモリ(RAM)は一時保存スペース

メモリはデータを一時的に保存する場所で、特に動画を書き出しながら資料を確認するなど、複数の作業を同時にしたいときに役立ちます。

メモリが少ないと、せっかくの高性能なCPUのパワーを引き出せず、「思ったよりも効率よくできない」という事態に……。

  • 16GB → フルHDメイン。4K動画を書き出し中はなにもしない
  • 32GB → 4K動画を書き出しながら、他の作業も並行してやりたい

最低でも16GBはないと、編集編集では使いづらくなります

また動画編集だけでなく、書き出しながら他の作業もすることがあるなら、さらに32GBあると安心。

最近は16GBがスタンダードになっているので、4K以上の動画を複数編集したいなら、32GBを選びましょう。

GPUはグラフィック性能

GPUはグラフィック性能に関わる部分で、映像処理に関係します。

GPUには大きく2種類あります。

  • 内部GPU → CPUに埋め込まれたもの。軽くなるが、性能は低め。フルHD編集向き
  • 外部GPU → 独立して取り付けられたもの。重くなるが性能は高い。4K以上の編集向き。

内部GPUの代表格が『intel iris xe グラフィックス』。パソコン自体が軽くなるメリットはありますが、その分性能は低めになります。

以前は値段も安かったんですが、今では価格差がなくなっているので、あえて選ぶメリットは少ないです。

「性能よりも軽いパソコンが良い!」といった方に向けたGPUですね。

別の記事にもintel iris xe グラフィックスについて詳しくまとめているので、あわせて読んでみてください。

一方外部GPUの代表格が『Geeforce RTXシリーズ』。独立して取り付けられており、重くはなりますが、その分性能は申し分なし。

4K以上の動画編集には必須で、特にビデオメモリ(VRAM)というGPU専用のメモリがあり、ここが多いほどより高性能になります。

  • VRAM 6GB → 4K動画の編集
  • VRAM 8GB → 4K動画を複数編集

ただ映像に関わるからといってGPUを優先し、CPUなどをケチってしまうと、動画編集効率がまったく上がらないことが多いです。

全体の性能はCPUによって決まるので、いくらGPUが高性能でも、その性能を引き出すCPUがイマイチではパワーを発揮できないというわけ。

GPUに合わせて、必ずCPUも高性能なものを選びましょう。

ストレージは動画データを保存する場所

ストレージはデータを保存する量で、ここに動画編集で使う映像素材を保存します。

ストレージには大きく2種類あります。

  • HDD → 容量が多く価格は安いが、読み書きのスピードは遅い
  • SSD → 値段は少し高いが、衝撃に強く、読み書きのスピードが速い

動画編集ノートパソコンなら、メリットの多いSSD一択

あとは容量がいっぱいになると、パソコンに負荷がかかって効率が落ちるので、最低でも500GBは欲しいところ。

データ量が多い4K動画をたくさん扱うなら、1TBあると安心です。

ただ今では大容量のポータブルSSDもたくさん出ているので、そこにデータを預けるようにすれば、そこまでストレージ容量にこだわる必要はありません。

むしろ動画編集のたびに撮影データは増えていくので、使わなくなった動画はノートパソコン以外の場所に保存しておけるのが理想的です。

ディスプレイは持ち運びと効率のバランス

動画編集ノートパソコンのディスプレイには、大きく2つのポイントがあります。

  • サイズ → 大きいほど見やすく作業しやすいが、持ち運びしづらくなる
  • 解像度 → 表示の細かさ。解像度が高いほど、細かい部分もキレイに見える

サイズは2種類に分かれます。

  • 14型 → 持ち運びやすく、作業スペースもまあまあ。
  • 16型 → 作業スペースは最高だが、大きくて持ち運びにくい

自分が重視するポイントによって、どれを選ぶかが変わります。

持ち運び重視なら14型、作業効率が最優先なら16型を選びましょう。

解像度も大きく2種類に分かれます。

  • フルHD(1920×1080) → 一般的な解像度。費用も抑えめ
  • 4K(3840×2160) → 4K以上の映像に最適。値段も高め

解像度が大きいほど、細かい部分がよりキレイに見えるので、細部までこだわって編集が必要なときには助かります

ただYouTubeなどはフルHD画質でも十分なものが多いので、映像のキレイさにこだわらないのであれば、フルHDで十分。

最近は間にあたるWQXGA(2560×1600)などもあり、バランス重視の選択肢も増えています。

動画編集ノートパソコンのおすすめスペック

以上をまとめると、編集目的に合わせた理想スペックがこちらです。

項目フルHD動画4K動画
CPUCore i5
Ryzen 5
Core i7
Ryzen 7
メモリ16GB32GB
GPUintel iris xe
グラフィックス
RTX 3050
(VRAM 6G)
ストレージ500GB1TB
ディスプレイフルHD(1920×1080)4K(3840×2160)

こちらを基準に、あとは予算との兼ね合いで優先順位をつけて選びましょう。

  1. CPU → Core i7 13700H
  2. メモリ → 32GB
  3. GPU → RTX 4060(VRAM 8GB)
  4. ストレージ → SSD 1TB
  5. ディスプレイ → 16型WQXGA(2560×1600)

16型の大画面に、安心のスペック。隙のない、動画編集が快適にできる1台です!

安い&初心者向け動画編集ノートパソコンはDAIV R4-I7G50WT-A

上の理想スペックを元に、ポイントを抑えて安さ重視で選んでみました。

  1. CPU(パソコンの頭脳) → Core i7
  2. メモリ(作業スペース) → 16GB
  3. GPU(映像や画像性能) → ビデオメモリ(VRAM)6GB

動画編集ノートパソコンのスペックまとめ

動画編集ノートパソコンはスペックが重要ですが、必要なスペックは編集目的で変わります。

4K動画メインの重めの編集では、求められるスペックが全然違うので要注意。

自分が編集しようとしている映像素材の解像度に合わせて、最適なスペックのノートパソコンを選びましょう。

  1. CPU → Core i7 13700H
  2. メモリ → 32GB
  3. GPU → RTX 4060(VRAM 8GB)
  4. ストレージ → SSD 1TB
  5. ディスプレイ → 16型WQXGA(2560×1600)

16型の大画面に、安心のスペック。隙のない、動画編集が快適にできる1台です!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次