MENU
カテゴリー
ナシタカ
GoProブロガー
GoPro大好きな子育てパパ。日々の撮影&動画編集で家族の思い出を残すのがライフワーク。

【GeChic On-Lap M505Eレビュー】15.6型モバイルディスプレイでGoProの映像を楽しもう!

On-Lap M505EとGoPro
ナシタカ

この記事ではGoProの映像チェックに役立つモバイルディスプレイ『On-Lap M505E』についてレビューしています。15.6インチの大画面で付属品も充実しており、GoProのモニターとして撮影にも活用できる強い味方です!

どうも、GoPro大好きナシタカです。

GoProで撮影した映像を楽しむときは、テレビに繋ぐのが僕のお気に入り。

大画面でみる映像はとても鮮やかで、GoProのキレイな映像を思う存分楽しむことができます。

ただ家族がテレビを使っていると接続ができないので、「自分用にモニターがあれば良いのにな〜」なんて思うことも

そこで役立つのが、モバイルディスプレイ『GeChic On-Lap M505E』です。

On-Lap M505EとGoPro

15.6型の大画面ですが、約1.2kgと持ち運びしやすい重さが魅力。GoProの映像チェックはもちろん、モニターとして撮影にも活用できるアイテムとなっています。

またセット内容が充実しており、特にケースがついてすぐに持ち運びできるのが最高です!

この記事はメーカー様より商品を提供頂き執筆しています。

目次

GeChic On-Lap M505Eの外観とセット内容

GeChic On-Lap M505Eの特徴をまとめたのがこちらです。

モデル名On-Lap M505E
サイズディスプレイ:約364 × 250 × 6.9mm
I/Oベース:約364 × 135 × 10.7mm
重さ約1.2kg
ディスプレイ15.6インチ IPSノングレア
端子HDMI
USB-C
スピーカー2chスピーカー(最大1.5W x 2)

On-Lap M505Eは、ディスプレイサイズが15.6インチとなっていてかなり大きめですね。それでいて重さが1.2kgと軽めなので、気軽に持ち運びができます。

On-Lap M505E

解像度は1920×1080のフルHDなので、GoProの1080p動画も鮮やかに再生できます。

裏面に台座をたたむことができ、コンパクトに持ち運ぶことができます。

On-Lap M505E

本体の台座部分が折れ曲がってスタンドとなり、無段階調節で好きな角度で固定できます。

On-Lap M505E

この台座部分が最初ガタついているような感じがしたので、動かすときに折れないか少し心配でしたね。

On-Lap M505E

ただずっと使い続けていると慣れるので、今では問題なく使えています。最初だけ少しビックリするかもしれません。

I/Oベースは後ろ側に外部接続が集まっており、ここに他の機器を接続します。

I/Oベースの端子
  • イヤホンジャック
  • HDMI出力
  • HDMI入力
  • USB-C
  • 電源入力

側面には電源ボタンや操作ボタンが。ここでディスプレイ自体の操作をしていきます。

On-Lap M505E
  • セキュリティスロット
  • 電源ボタン
  • 音量+
  • 音量-
  • メニューボタン
  • 決定ボタン

On-Lap M505Eタッチパネルにはなっていないので、設定を変えるときはボタン操作が基本です。タッチパネル対応モデルもあるので、お好みでどうぞ。

セット内容はこのようになっています。

On-Lap M505Eの付属品
  • 本体
  • HDMIケーブル(1.2m)
  • USB-Cケーブル(1.0m)
  • USB-C to A変換アダプター
  • 電源アダプター
  • 収納ケース

最初から専用のケースがついているので、すぐに持ち運びができるのはありがたい。

On-Lap M505Eのケース

ベルクロで止めるタイプなので開け締めは楽ですが、ビリっと音がするのがちょっと気になりますね。

On-Lap M505Eケースの蓋

けっこうピッタリと作られているので、最初は入れるのに少し苦労します。使い続けるうちにちょっと変わってくるのかもしれません。

On-Lap M505Eのケース

ケーブルは2種類あり、HDMIケーブル1.2mとUSB-Cケーブル1.0mが付属しています。

電源アダプタはUSB-Aとなっており、付属のアダプタをUSB-Cに取り付ければ使えます。これで電源ケーブルとして使うわけですね。

On-Lap M505Eの電源アダプタ

また説明書には様々な場面での接続の仕方についてまとめてあるので、こちらを参考にすれば接続も簡単にできます。

ナシタカ

充実したセット内容で、GoProとの接続がすぐにできて最高です!

GeChic On-Lap M505EとGoProを組み合わせる

僕はOn-Lap M505EをGoProと組み合わせて使っているので、実際の使い方について紹介していきます。

ちなみにGoProをOn-Lap M505Eに接続するには、別途こちらのアクセサリーが必要なので要注意。

  • HERO8 Black以降はメディアモジュラー
  • microHDMIケーブル

▼【GoPro HERO9 Blackをテレビに接続する方法】大画面でGoProの映像を楽しもう!

GoProで撮影した映像をチェック

まずはOn-Lap M505Eの大画面を活かし、GoProで撮影した映像のチェックです。

On-Lap M505Eを電源に接続し、GoProとmicroHDMIケーブルで接続します。

On-Lap M505EとGoProをmicroHDMIで接続
GoProにmicroHDMIを接続
On-Lap M505EにHDMIを接続
On-Lap M505EにHDMIを接続

GoPro側が対応していないので、USB-C1本での接続はできません。これができたら最高なんですけどね。

接続が完了すると、いつものGoProロゴが表示されます。

On-Lap M505Eに表示されたGoProロゴ

GoProこのように画面にメディア一覧が表示され、好きな映像や写真を再生できます。

On-Lap M505Eにメディア一覧が表示されたところ

大画面でみると映像のキレイさを思う存分味わえるので、控え目に言って最高

ディスプレイ自体の解像度はフルHDですが、映像自体は十分キレイですし、4Kとか5Kは細部もキレイなのを実感できます。

On-Lap M505Eの接続情報

むしろ大きいディスプレイで見ているからこそ、これだけ細部の違いを実感できるのかなと。

このように映像の細かい部分まで確認できるので、動画編集用の素材を選別するときにも役立ちます。

大画面でGoProの撮影

もう1つおすすめしたいのが、GoProのモニターとして活用する方法です。

GoProと接続すると、On-Lap M505Eを大画面モニターとして使うことができるんですよ。

このようにGoProで映している映像がリアルタイムで表示されるので、室内で撮影するときはめちゃくちゃ楽しい。

On-Lap M505Eをモニターとして撮影に活用

子どもが遊んでいるところを撮影していると、子どもも画面に自分が映っているのがうれしいみたいで、とてもはしゃいでくれます

これってモニターとして活用しているからこそできる撮影で、気分はYouTuberみたいになるんですよ。

僕だけでなく子どもも思いっきり楽しんでくれる、イチオシの楽しみ方ですね。

1つ気になったのは、映像の遅延ですね。

1080pとか2.7Kの解像度は問題ないんですが、4Kと5.2Kの解像度だと映像に遅れが出てきます。

長くて1秒ぐらいですかね。ここはケーブルとの相性なんかで変わりそうですが、僕が使っているケーブルでは遅延が出てきます。

GeChic On-Lap M505Eレビューまとめ

ここまでGeChic On-Lap M505EレビューとしてGoProとの組み合わせについて紹介しました。

15.6インチの大きなディスプレイが特徴で、GoProのキレイな映像を思う存分楽しむことができます

また見るだけでなくモニター撮影にも使えて大画面で撮影ができ、僕にとっては子どもとGoProで遊ぶときに愛用しています。

もし今後旅行に行ったときにはOn-Lap M505Eも持ち運んで、旅先で撮影した映像を楽しんでみようかなと画策中。

セット内容も充実しているので、モバイルディスプレイをお探しの方はぜひチェックしてくださいね!

On-Lap M505EとGoPro

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる