GoPro

【レビュー】GoPro Shorty(ショーティー)が使いやすい!ポケットサイズで持ち運びしやすい自撮り棒です

GoPro Shorty
ナシタカ
ナシタカ
この記事ではGoProのコンパクト自撮り棒としておすすめなShorty(ショーティー)について紹介しています。自撮り棒として便利な機能はもちろん、ポケットに入るサイズ感が使いやすい人気のアクセサリーです!

どうもGoPro大好きナシタカ(@ehicalog)です。

GoProといえば3-Wayという定番アクセサリーがありますが、僕が愛用しているのがショーティーはさらに気軽に使いやすいのが特徴

コンパクトなボディで持ち運びしやすいのに、撮影に役立つ機能性を兼ね備えてコスパ抜群です。

ショーティーの魅力をたっぷりと紹介するので、ぜひ読み進めてくださいね。

他の自撮り棒との比較はこちら。

GoPro純正自撮り棒比較
GoPro純正自撮り棒ショーティーと3-Way、エルグランでを比較!それぞれの撮影アングルなどを違いをまとめました!この記事ではGoPro純正自撮り棒の3-Wayとショーティー、エルグランデを比較しています。それぞれの違いや実際に撮影した写真や動画の違いについてまとめています!...

GoPro Shorty(ショーティー)のセット内容と見た目

ShortyはGoProの撮影に使える、短めの多機能自撮り棒です。

セット内容はShorty本体と取付用ネジのシンプルな内容。

GoPro Shortyと付属ネジ

Shorty自体の重さは56gとかなり軽めです。

GoPro Shortyの重さ

付属のネジを入れると65gなので、やはり金属製のネジで少し重みを感じます。

GoPro Shortyと付属ネジの重さ

グリップは滑り止め加工などはなく、ツルツルとした感触なので、動きながらでの撮影では滑らないように注意が必要。

GoPro Shortyを持ったところ

伸縮は3段階で調節可能で、伸縮無しの状態では11.7センチです。

GoPro Shortyのグリップ

一応長さは3段階で調節が可能で、1段目で約15センチ。

GoPro Shortyの1段目を伸ばしたところ

2段階目で18.8センチ。

GoPro Shortyの2段目を伸ばしたところ

最大で22.7センチまで伸びて、長くはないですがちょうど良いサイズ感ですね。

GoPro Shortyを最大まで伸ばしたところ

グリップ部分は開くことができます。

GoPro Shortyのグリップを開いたところ

最大まで広げれば三脚として使用可能。

GoPro Shortyを三脚にしたところ

ここでも最大まで伸ばせば、高い位置からの撮影ができます。三脚時の最大の長さは約21センチとなっています。

GoPro Shortyを三脚で最大まで伸ばしたところ

作りがしっかりしているので、安定して自立してくれます。

GoPro Shorty(ショーティー)のメリット

まずは実際にShortyを使ってみて感じた、良いところがこちらの3つ。

  • コンパクトで持ち運びしやすい
  • 伸縮がしやすい
  • 固定撮影が簡単にできる

コンパクトで持ち運びしやすい

Shortyを初めて見たときの印象は、「こんなに小さいの!?」でした。

GoPro ShortyにHERO7 Blackを取り付け

公式サイトやAmazonで写真を見てはいましたが、正確な大きさは把握できてなくて、ここまで小さいのかとかなり驚きました。

ポケットに入るサイズ感で、持ち運びがとてもしやすい

GoPro ShortyとHERO7 Black

GoProに装着したままでも深めのポケットならスッポリ収まるので、すぐに取り出して撮影ができてとても使いやすい。

またGoProと組み合わせても206gと、缶コーヒーとほぼ同じくらいの重さなので軽いです。

GoPro ShortyとHERO7 Blackの重さ

荷物を増やしたくない旅行やちょっとしたお散歩など、気軽に撮影できて大活躍してくれます。

伸縮がしやすい

Shortyは伸縮がしやすく、簡単に長さを調節することができます。

GoPro Shortyを伸ばしたところ

このようにGoPro本体をつかんで、上に引っ張ればそのまま伸びますし、押し込めば元通りに縮みます。

GoPro Shortyを伸ばしているところ

同じような自撮り棒だと伸縮部分を捻ってロックするのが通常ですが、Shortyにはこのようなロック機構がありません

そのためロックの手間がなく伸縮操作ができるので、他の自撮り棒と比べてスムーズに撮影ができます。

固定撮影が簡単にできる

Shortyのグリップ部分は簡単に三脚にできるので、すぐに固定撮影が可能。

GoPro Shortyを三脚として活用

GoProをつけてShortyを伸ばせば、約21センチとなかなかの高さを出して撮影ができます。

GoPro ShortyにHERO7 Blackをつけて三脚で撮影

使い終わったらそのままグリップを元に戻すだけ。

GoPro Shortyのグリップを戻すところ

GoProのために別で三脚を持ち運んだり、3-Wayのように三脚を片付ける手間がないので、ストレスフリーで撮影ができます。

GoPro Shorty(ショーティー)のデメリット

ここからはShortyを使っていてデメリットに感じる部分を紹介します。

気になったのがこちらの2つ。

  • 取付用のネジが回しにくい
  • 長さが短いので背景は狭め

取付用のネジが回しにくい

付属の取付用ネジはシルバー素材のせいか、少し回しにくい印象です。

GoPro Shorty付属のネジ

特にGoProを取り付けるとネジ部分のスペースが狭くなるので、指で回すのが難しい。

GoPro Shortyのネジ周りのスペース

ネジには溝がついていて、これを利用すれば簡単に回せるのですが、そのために他のツールを取り出すのは正直めんどうです。

ここがもう少し素手で取り外ししやすいネジだったら、他のアクセサリーとの切替もしやすいので、さらに使い勝手が良くなりそう。

長さが短いので背景は狭め

Shortyは名前の通りコンパクトな自撮り棒で、最大に伸ばしても22.7センチまでしか伸びません。

GoPro Shortyを伸ばしたところ

僕が家族4人で自撮りをするとしっかり収まりますが、周りの風景はそこまで取り込めません

なので自分だけでなく、周りの風景も入れての自撮りがしたい時には、ちょっと物足りない印象。

これはサイズ感とのトレードオフになるので、撮影シーンに合わせて使い分けるのがおすすめです。

背景をより広く収めたいときは、3-Wayなどのもっと長めの自撮り棒を使いましょう。

GoPro Shorty(ショーティー)はHERO8との相性が抜群

ショーティーはGoProの中でもHERO8との相性が抜群だと思っていて、実際にかなり使い勝手がいいです。

その理由がHERO8用スリーブ+ランヤードとの相性の良さ。

HERO8用スリーブ+ランヤード

GoPro HERO8用スリーブ+ランヤード
【レビュー】GoPro HERO8用スリーブ+ランヤード|より使いやすく進化したマストアクセサリーです!この記事ではGoPro HERO8用スリーブ+ランヤードについて紹介しています。僕が愛用しているアクセサリーなので、その魅力と実際の使い方についてまとめていきます!...

HERO8からはスリーブ+ランヤードをつけたままアクセサリーが取り付けられるので、ショーティーをそのまま取り付けられます。

ショーティーとHERO8用スリーブ+ランヤードの組み合わせ そしてショーティー程度の重さであれば、首に引っ掛けることができて負担がかなり少ないです。

ショーティーとHERO8用スリーブ+ランヤードの組み合わせで首に欠けたところ こうすると持ち運びがとても楽で、撮影もスムーズにできるのでかなり使い勝手が良くなりました

かなり使いやすい組み合わせなので、ぜひ試してみて欲しいなと思います。

GoPro Shorty(ショーティー)レビュー|まとめ

ここまでShortyレビューとして、その見た目や使ってみての感想を書いてきました。

Shortyはコンパクトなボディに機能性を両立した、普段使いに最適なアクセサリーです。

どこにでも持ち運べて、様々なシーンにも対応できる柔軟性を持った自撮り棒。

これ1本あれば、特に困ることなく快適に撮影ができること間違いなし。

GoProの自撮り棒として、きっと満足してもらえるクオリティです。

どうも、ナシタカ(@ehicalog)でした。

GoPro純正自撮り棒比較
GoPro純正自撮り棒ショーティーと3-Way、エルグランでを比較!それぞれの撮影アングルなどを違いをまとめました!この記事ではGoPro純正自撮り棒の3-Wayとショーティー、エルグランデを比較しています。それぞれの違いや実際に撮影した写真や動画の違いについてまとめています!...

ABOUT ME
ナシタカ
GoProが大好きで子どもの撮影に愛用しています。 撮影した動画の編集も大好きなので動画編集についても紹介しつつ、自分が気に入ったものをどんどん紹介していきます。