MENU
カテゴリー
ナシタカ
GoProブロガー
GoPro大好きな子育てパパ。日々の撮影&動画編集で家族の思い出を残すのがライフワーク。
\ 最大10%ポイントアップ! /

三大アクションカメラを比較|普段使いならInsta360 Ace Proが最強

この記事ではリンクに広告が含まれています。
三大アクションカメラを比較

どうも、アクションカメラ大好きナシタカです。

アクションカメラは防水&頑丈なので、日常からアクティブまで様々なシーンで活躍できるのが魅力。

僕もGoProを愛用していますが、最近は三大アクションカメラの進化が目覚ましいので、改めて各モデルを比較してみました。

僕の使用目的がこちら。

  1. 子どもの撮影
  2. 日常メインのたまにアクティブ(海やプールなど)
  3. 動画編集の手間をかけない

結論としては、現状Insta360 Ace Proが、普段使いに最強のアクションカメラとなっています。

  1. フリップ式ディスプレイを標準搭載し、映像が確認しやすい
  2. 一時停止や撮影キャンセルなど、撮影ストレスを軽減
  3. AI機能で撮影シーンへの対応や編集まで可能に

撮影時のストレスを減らしつつ、スマホアプリで編集までバッチリ。普段使いを考えると、使いやすい機能が揃っていて理想的な構成です。

Ace Proは動画編集の手間をかけず、日常の思い出を残すのにピッタリなカメラになっています。

目次

アクションカメラの三大ブランドを比較

アクションカメラといえば、有名なのがこちらの3つのブランド。今年はそれぞれから新しいアクションカメラが発表されました。

  1. DJI → 8/2にOsmo Action
  2. GoPro → 9/13にHERO12 Black
  3. Insta360 → 11/21にAce Pro

主要なスペックを比較したのがこちら。

スクロールできます
製品センサー動画写真スローlog撮影マウント
GoPro HERO12
GoPro HERO12 Black
1/1.95.3K/60fps
4K/120fps
27MP4K/120fps
2.7K/240fps

10bit GP-Log
マグネット
Osmo Action4
Osmo Action4
1/1.34K/120fps10MP4K/120fps
1080p/240fps

10bit D-Log
マグネット
Insta360 Ace Pro
Insta360 Ace Pro
1/1.38K/24fps
4K/120fps
48MP4K/120fps
1080p/240fps
ネジ

スペックも大事ですが、さらに僕の使用目的に合わせ、それぞれのモデルを評価します。項目がこちら。

  1. 撮影のしやすさ
  2. 操作性
  3. 編集のしやすさ

加えて僕が参考になったYouTube動画も載せてあるので、合わせて参考にしてください。

Insta360 Ace Pro|操作性が抜群で長時間撮影にもおすすめ

項目評価
撮影肌色がキレイに映る
夜間撮影が明るくキレイ
操作一時停止や撮影キャンセルは革命的に便利
編集スマホ編集に加え、バックグラウンドでのダウンロードにも対応

Ace Proは僕の目的にガッチリハマっており、まさに大本命ともいえるモデル。

一時停止や撮影キャンセルなど、操作性に着目した新機能が多いのが特徴。子どもの撮影で使うことが多いので、これは本当にうれしいです。

実際に撮影したのがこちら。撮影しながらカット編集をしている感覚に近く、SDカードの容量まで抑えられるのはかなりのメリット。

またマグネットマウントなので、他のアクセサリーとの切り替えもしやすいのは便利。今までのアクションカメラにあった不満を、スパッと解決してくれる使いやすさは、他にはない最大の特徴です。

さらには熱が出にくく、熱停止での撮影ストップがないのもうれしいポイント。他のアクションカメラよりも、圧倒的に長時間撮影に向いています

これほどまでに普段使いにピッタリのカメラは、他にないんじゃないかと思えるほどのレベル

GoProの不満点をうまく解消してくれているので、乗り換えする人が続出するんじゃないかと思いますね。

DJI Osmo Action4|秀逸なバランス

項目評価
撮影ナチュラルな色味と夜間撮影にも強い
操作設定がしやすく、反応も良い
編集スマホ編集が多機能

画質ももちろんですが、夜間撮影にも強いのはさすが。これ1台であらゆるシーンの撮影が簡単にできます。

メニュー配置などの操作性も良く、動画設定の変更がスムーズ。さらにLog撮影にも対応し、たまに色にこだわりたいときにも役立ちます。

ただAce Proのような一時停止などの機能はないので、日常使いでの操作性は評価を低めにしました。

さらに他の2つのカメラよりも、より撮影範囲が広い『超広角』が基本なので、画面の端に歪みが出やすい特徴も。ここは好みが分かれるところですが、僕の普段使いの目的としては合わなそうです。

ただ他の部分では文句なしに高機能なので、ナチュラルな色味が好きな人にはピッタリ。

GoPro HERO12|鮮やかな色味

項目評価
撮影鮮やかな色味だが、熱停止が問題
操作メニュー配置が悪く、大きなマイナス
編集スマホ編集は高機能だが、フル機能は課金必須

鮮やかな色味と5.3K60fpsの映像はさすが。ただ熱停止が起きやすいのが大きなマイナス。

こちらの動画で熱停止を検証してくれていますが、約29分で撮影が停止。とてもじゃないですが、GoProだけで1日カバーするのは難しいです。

熱停止を防ぐには撮影時間を短くしてこまめにするのが有効ですが、ファイル数が増えるので管理が大変になるのが正直めんどう……。

さらにメニュー配置が悪く、操作性は他の2つのカメラに大きく差を広げられているのも残念。ここは他を見習ってほしいところです。

知名度の高さは抜群ですが、勝手に売れるので惰性な感じになっている印象。日常使いにはちょっと物足りないのが本音。

まとめ|Ace ProはVlogカメラとしての使いやすさが段違い

今までのアクションカメラは動画性能とコンパクトさを武器に、気軽に使えるVlogカメラという認識でしたが、Ace Proはその概念をいい意味でぶち壊してくれました。

アクションカメラといえば頑丈さや画質の進化が優先され、使い勝手はイマイチなものが多い……。そんな中で一時停止や撮影キャンセルは個人的に待ち望んでいたので、GoProで感じていたストレスがかなり軽減されました。

Ace Proの進化で撮影がストレスフリーになり、動画編集もスマホで完結&データ管理がしやすく、今までのアクションカメラに感じていた不満が一気に解消されます。

現段階では、Ace Proは子どもとの思い出を残す、日常撮影用カメラとしてベストな選択肢。とにかくGoProはAce Proを見習って、もっとメニュー構成などを本気で考えたほうが良いです。

スクロールできます
製品センサー動画写真スローlog撮影マウント
GoPro HERO12
GoPro HERO12 Black
1/1.95.3K/60fps
4K/120fps
27MP4K/120fps
2.7K/240fps

10bit GP-Log
マグネット
Osmo Action4
Osmo Action4
1/1.34K/120fps10MP4K/120fps
1080p/240fps

10bit D-Log
マグネット
Insta360 Ace Pro
Insta360 Ace Pro
1/1.38K/24fps
4K/120fps
48MP4K/120fps
1080p/240fps
ネジ
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次