MENU
カテゴリー
ナシタカ
GoProブロガー
GoPro大好きな子育てパパ。日々の撮影&動画編集で家族の思い出を残すのがライフワーク。
\ 最大10%ポイントアップ! /

Insta360 Ace Proレビュー|想像以上にGoProより使いやすかった!

この記事ではリンクに広告が含まれています。
Insta360 Ace Pro

どうも、GoPro大好きナシタカです。

Insta360の新しいアクションカメラ、『Ace Pro』がかなり魅力的で気になっていました。

GoProより使いやすそうな機能が満載だなと思っていましたが、実際に使ってみても操作性が抜群で、想像を超える使いやすさ。

AIを搭載したことで、Ace Proだけでキレイな映像が撮影できるのが大きな特徴。特に『Pure Video』という撮影モードをえらぶだけで、暗いところの映像がキレイになることに驚きました。

さらに操作性がとても考えられていて、撮影がかなり快適にできる機能が備わっています。特に感動したのがこちらの3つ。

  1. 一時停止でアングル変更&タップで撮影停止ができる
  2. 撮影キャンセルでミスした撮影をその場で消去
  3. クイックキャプチャーキャンセルで連続撮影もスムーズ

カメラだけでできることが多く、アプリの編集も自動で良い感じの動画を作ってくれるので、いろんなシーンを撮影して編集素材を増やしておくだけで良いのは本当に楽。

手間をかけずに撮影から編集までやりたい人にピッタリです。

Insta360 Ace Proがおすすめな人
  • 撮影から編集までスマホで全部やりたい
  • 色味を調整せず、カメラだけで済ませたい
  • 編集の手間をできるだけかけたくない
  • 普段使いからアクティブまでまとめて撮影したい
  • ナチュラルな色味が好き
目次

Insta360 Ace Proの良いところ

Insta360 Ace Proで良いなと思ったのがこちら。

1/1.3インチの大型センサー

GoPro HERO12(1/1.9インチ)よりも大きい、1/1.3インチセンサーを搭載しました。

Insta360 Ace Proのイメージセンサー

センサーが大きくなればなるほど画質も上がりますし、暗いところの撮影にも役立ちます。大きいは正義。

AI処理で画質が向上

Insta360 Ace ProはAIを搭載し、処理能力が向上したことで撮影した映像を良い感じに仕上げてくれます。

実際に夜間撮影してみましたが、ノイズが全然違いました。

通常撮影では空や自分の影がノイズでザラザラしていますが、ピュアビデオモードで撮影するとノイズが減っているのがよくわかります。

真っ暗なところは当然ノイズがありますが、これだけキレイに撮影できるなら十分過ぎるレベル。

また夕暮れのような薄暗くなり始めた時間の撮影にも、ピュアビデオはかなり使えます。

通常撮影だと明るさ優先で撮影してくれますが、その分ノイズが出てザラザラした感じになっていました。

しかしピュアビデオなら自然な明るさで調整してくれるので、ノイズがほとんど無い感じに仕上げてくれます。

自動でこれだけキレイに仕上げてくれるので、撮影設定に気を遣うことなく、簡単に撮影できるのはありがたい。

タッチで2倍ズームに即切り替え

解像度は落ちますが、画面をタッチするだけで2倍ズームができます。しかもGoProと違い、撮影中にズームできるのが特徴です。

写真で見たのがこちら。さすがに粗さが目立ちますが、少しでも寄りたいときに使えますし、画面タッチですぐに使えるのも良い。

Insta360 Ace Proのズーム前
ズーム前
2倍ズーム
2倍ズーム

さすがに運動会などの距離があるシーンでは厳しいですが、ちょっと子どもの表情をズームで撮りたいときにサクッと使えるのは便利です。

フリップ式のディスプレイで自撮りしやすい

Insta360 Ace Proは2.4インチの大画面で映像が確認でき、フリップで画面を上に向けられるので、いろんな撮影シーンでの映像確認に役立ちます。

Insta360 Ace Proのフリップ式スクリーン

特に自分も入りながら家族全員を映したいときが便利で、大きな画面で画角を確認しながら撮影ができます。

GoProだと前面ディスプレイが小さくて確認しづらいですし、もしくは別売りのディスプレイモジュラーが必要で出費になるのも痛い……

ただAce Proの場合は前面ディスプレイでは映像の確認ができないので、必ず背面でチェックする必要があります。

GoProは背面ディスプレイを見ながら撮影していても、撮られる側は前面ディスプレイで映像が確認できました。代わりに前面ディスプレイが小さいので自撮りはしづらく、自分は映らずに子どもたち家族をメインに撮るのが普通に。

しかしAce Proは前面ディスプレイが映らず、撮られる側は確認ができません。なのでディスプレイをフリップし、自分も含めて確認しながら撮影することが増えています。

こうした違いから、Ace Proを使い始めてからは、自分が家族と一緒に映っている映像が増えたので、家族での思い出を残すにはピッタリのカメラだなと思っています。

一時停止とキャンセル機能

この2つは神機能と言えるほどに最高

撮影を一時停止できるので、アングルを変えての撮影も1つのクリップにまとめられます。実際に試したのがこちらですが、3つのアングルに分けて撮影しました。

本来ならあとからの編集が必須になる場面です。

  1. 3つのアングルに分けて撮影し、あとから1本に繋げる
  2. 続けて撮影し、アングルを変える途中の不要なシーンを削除する

しかし、Insta360 Ace Proならカメラだけでこうした撮影ができ、編集の手間がほとんどありません。しかもファイルが1つにまとめられるので、管理が楽&SDカード容量の削減のうれしいメリットも。

Insta360 Ace Proの一時停止機能

さらに実際に使ってみてわかったのが、画面右下に『撮影停止』が表示されるので、画面タップだけで撮影が止められるようになっています。

いちいちシャッターボタンを押さずに、自撮り棒を持ちながら片手で撮影が止められるのは、うれしいサプライズでした。

また撮影自体のキャンセルができ、削除する手間がないのはかなりありがたい。シャッターボタンを長押しするだけなので、やり方も簡単です。

ナシタカ

シャッターボタンが固めなので、長押しが少し力が入ります……

GoProでは撮影ごとにクリップが分かれますし、失敗した撮影も自分で削除しないといけません

当たり前だけどストレスになっていた部分が解消されるので、使い勝手がかなり良くなるのが想像できます。

ハイライト機能

Insta360 Ace Proは撮影したクリップの内容を、AIが自動でハイライト表示してくれます。

後から「これなにを撮ったんだっけ?」と迷ったときに、内容をすぐに把握できるのは便利。

GoProではクリップが増えるので余計に迷いやすくなりますし、この機能があると本当に助かります。

20分で80%の急速充電

Proのみの機能ですが、20分で80%の急速充電に対応しています。

これならバッテリー1つでも撮影がしやすく、旅先でも安心して使えそうです。

マグネット式リリースシステム

Insta360 Ace Proは本体底面にマグネット+引っかけるような感じで装着ができ、ネジを回して取り外す手間がなくなりました。

他のアクセサリーもマグネットで統一すれば、すぐに付け替えて撮影ができます。

Insta360 Ace Pro底面のマグネットマウント

GoProでもサードパーティー製のアイテムがあれば実現できますが、純正で対応してくれるのは良いですね。

Insta360 Ace Proのマグネットマウント

さらに本体と接続する中央部分は、ゴムのような優しい素材があるので、傷がつきにくい配慮がされています。こういう細かいところへの気配りがあるのはすばらしい。

Insta360 Ace Proマグネットマウントの中央部分

最初は取り付けが慣れないので、けっこうむずかしく感じました。強めに押し込まないとカチッとはまらず、ついたと思って引っ張ると、すぐに外れてしまう感じに……。

ナシタカ

ここは慣れが必要な部分ですね!練習あるのみ!

アクセサリーの付替えは本当にめんどくさいので、ここがスムーズにできるのは最高。ただセット内容に1つしか含まれないので、アクセサリーの数だけ揃えないといけません。

最初の出費が増えますが、揃えてしまえば撮影がめちゃくちゃ快適になること間違いなし。

アプリでの自動編集機能

アプリは素材を選ぶだけで自動編集してくれるので、手間なく思い出を残せます。

insta360アプリの編集項目

しかも動画ダウンロードがバックグラウンドでできるので、アプリをずっと開く必要がないのも良いです。

ダウンロード自体は時間がかかりますが、その間にYouTubeを見たりと他のことができるので、気付いたらダウンロードが終わっている感じ。

GoProだとQuikアプリを開いたままにしないといけないので、手間&かなり時間がかかるのがストレス……。

さらにGoProだとダウンロードした動画はiPhoneアプリのQuik内に入るので、外部ストレージに移すには写真アプリに一旦コピーしないといけません。これが容量も消費するので、けっこうめんどうでした。

しかし、Insta360アプリならそのままiPhoneの写真アプリにダウンロードされるので、コピーする手間なく外部ストレージに移せます。

また編集項目もわかりやすく、けっこう直感的に操作できます。

Insta360アプリの編集画面

このあたりの使い心地も、GoProと比べると段違いに使いやすいです。

クイックキャプチャーのキャンセルができる

Insta360 Ace Proはクイックキャプチャーで撮影後、5秒以内の画面タップで電源オフを止められるようになっています。

Insta360 Ace Proのクイックキャプチャーキャンセル画面

GoProだと自動で電源オフになりますが、そんなときに限ってすぐに撮影したいときがあるんですよね……。その場合は電源オフになるのを待って、再度撮影を開始するストレスがありました。

でもInsta360 Ace Proなら、すぐに撮影したいときにキャンセルできるので、すぐに撮影を再開できます。これは僕の中で地味にめんどうだなと思っていたので、ここが改善されたことに感激しました……!

Insta360 Ace Proの気になるところ

気になるのがこちらです。

スーパースロー(240fps)は1080pだけ

Ace Proでは240fps対応が1080pだけなので、スーパースローを使いたいときは画質が下がります。

GoProなら2.7Kで撮影できるので、スーパースローをよく使う方は要注意。

log撮影はできない

Ace Proにはlog撮影機能がないため、後から色の調整がしにくいです。動画の色味にこだわりたい人には、少し使いづらい仕様になっています。

その分撮影でのカラー設定の種類がたくさんあるので、撮影前に色味を確認しながら選択できるようになっています。

カメラの設定だけであらかじめ色を変えられるので、手間が少ないのはうれしいです。

GoProより大きくて目立つ

Insta360 Ace ProはGoProよりもサイズが大きく、撮影で目立ってしまいます。

Insta360 Ace ProGoPro HERO10
7.19×5.22×3.85cm7.1×5.5×3.36cm
179.8g158g
Insta360 Ace ProとGoPro HERO10のサイズを比較

さらにInsta360 Ace Proは自撮りでフリップ式ディスプレイが使える反面、大きさがあるのでけっこう目立ちます

Insta360 Ace Proのフリップ式ディスプレイを上げたところ

撮ってる感がかなり出るので、あまり目立ちたくない人や撮ってる感を出したくない人は、目立ってしまうことを覚悟しましょう。

Insta360 Ace Proのセット内容と外観

Insta360 Ace Proの通常版を購入しましたが、セット内容がこちら。

Insta360 Ace Pro通常版のセット内容
  1. Insta360 Ace Pro本体
  2. 粘着マウント
  3. マグネットマウント
  4. 充電ケーブル
  5. 説明書類

Insta360 Ace Proのサイズ感を、GoPro HERO10と比較してみました。

Insta360 Ace ProGoPro HERO10
7.19×5.22×3.85cm7.1×5.5×3.36cm
179.8g158g
Insta360 Ace ProとGoPro HERO10のサイズを比較

Insta360 Ace Proのほうが一回り大きく、重さも少しあります。ただ普段使いで使っていても、そこまで違いは感じません。

ライカ共同開発のレンズが特徴的で、赤色があしらわれています。

Insta360 Ace Proのレンズ部分

上部はシャッターボタンが。これがけっこう硬めで、撮影キャンセルで長押しするのに力が入ります。

Insta360 Ace Proの上部

背面には2.4インチのフリップ式スクリーンが。両側面のボタンを押すとロックが外れます。

Insta360 Ace Proのフリップ式スクリーンのロック解除ボタン

フリップ式スクリーンも動きはけっこう硬めで、だからこそあらゆる角度で固定できるようになっています。

Insta360 Ace Proのフリップ式スクリーン

自分が見やすい角度に固定できるので、映像の確認がしやすくなっています。

右側面はバッテリーを入れる部分。矢印部分を押し下げて開ける構造は、GoProとそっくりです。

Insta360 Ace Proの右側面

急速充電に対応していますが、サブバッテリーが即交換もできるのはすごく便利です。

Insta360 Ace Proのバッテリーを取り出したところ

左側面は上部に電源ボタン、下部のドアを開けるとSDカードとUSB-Cポートがあります。ここから充電や他のアクセサリーを接続したりします。

Insta360 Ace Proの左側面

底面はマグネットマウントを装着する部分。ここにマグネットマウントを引っ掛けるようにとりつけます。

Insta360 Ace Pro底面のマグネットマウント

最初はうまく取り付けられず、カチッとはめるのに手こずりました。慣れるまで練習が必要で、特に胸元につけたクリップマウントへの付替えは難しく感じてます……。

Insta360 Ace Proにマグネットマウントをつけたところ

ただカチッとハマるとかなり強力で、外れる心配はまったくなし。両側を押しながら外すだけなので、取り外しはかなりスムーズにできます。

まとめ|Insta360 Ace Proのほうが圧倒的に使いやすい

メリットデメリット
1/1.3インチの大型センサー
AI処理で画質が向上
タッチで2倍ズームに即切り替え
フリップ式のディスプレイ
一時停止とキャンセル機能
ハイライト機能
20分で80%の急速充電
マグネット式リリースシステム
アプリでの自動編集機能
クイックキャプチャーのキャンセルができる
スーパースロー(240fps)は1080pだけ
log撮影はできない
GoProより大きくて目立つ

AI機能を搭載したのが大きな特徴で、カメラの簡単な設定だけで様々なシーンに活躍。特に夜の撮影に強く、今までのアクションカメラでは撮れないくらいのキレイな映像に。

ただ僕は、一時停止と撮影キャンセル、クイックキャプチャーのキャンセルなど、普段使いでのストレスがかなり軽減されたことに感動しています。

まさに僕のように日常からアクティブなシーンまで、1つのカメラで撮影したい人にピッタリのカメラ。とにかくストレスフリーに撮影ができるように、細部まで考えられている印象を受けました。

考えれば考えるほどに普段使いにピッタリのカメラなので、GoProから乗り換える人がかなり多そう。

Insta360 Ace Proがおすすめな人
  • 撮影から編集までスマホで全部やりたい
  • 色味を調整せず、カメラだけで済ませたい
  • 編集の手間をできるだけかけたくない
  • 日常からアクティブまでまとめて撮影したい
  • ナチュラルな色味が好き
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次