MENU
カテゴリー
ナシタカ
GoProブロガー
GoPro大好きな子育てパパ。日々の撮影&動画編集で家族の思い出を残すのがライフワーク。

GoPro買うならこれだ!おすすめをランキングで紹介していきます!!– category –

ナシタカ

この記事ではおすすめのGoProモデルを3つランキング形式で紹介しています。選ぶときのポイントとそれに合わせて解説も入れているので、GoPro選びの参考にしてください!

どうも、GoPro大好きナシタカです。

GoProは毎年の新作発表のおかげで、HERO5 Blackから数えると下のように13モデルが登場しています。

そうなると機能も違えば値段も違ってくるので、どのモデルを選べばいいのか迷ってしまうんですよね。

そこでこの記事では毎日GoProで撮影している僕が、僕がおすすめしたいGoProベスト3について紹介していきます

こちらに各見出しへのリンクを作りましたので、知りたい項目へ飛びたい方は画像をクリックしてくださいね。

目次

GoProを選ぶときのポイント

GoProを選ぶときに知っておいて欲しいポイントが、こちらの3つです。

最新の撮影機能を備えている

GoProは毎年9~10月頃に最新モデルが発表されて、毎回最新の撮影機能が搭載されるなどの進化を遂げています。

この最新機能のある無しでGoProの楽しさがかなり変わってくるので、最新の撮影機能を備えているかはとても大切な要素。

その代表が『タイムワープ』という動きながらタイムラプス撮影ができる機能で、HERO7 Blackから搭載されています。

実際に撮影してみたのがこちら。

この機能がついていないHERO6 Blackで、タイムラプスで無理やり再現してみてもガタガタの映像になってしまい、見れたものではありませんでした。

実際に比較して撮影したのがこちらの動画です。

HERO6 Blackでは、映像がガタガタしているのがよくわかりますよね?

しかしタイムワープ機能を使えば、歩きながらでも安定したタイムラプス映像が撮影できるようになり、GoProでの撮影がまた一段と楽しくなったのです。

なのでこうした最新の撮影機能があるかどうかは、必ずチェックするようにしましょう。

  • 最新の撮影機能を備えているかどうかを見ておく
  • 最新の機能のある無しでGoProの楽しさが違ってくる

バッテリー交換ができるかどうか

GoProでは廉価モデルも数多く出ており、機能を抑えている分の価格が安くなっています。

そうした機能の違いの中で特に注目したいのが、バッテリー交換が可能かどうか

GoProは小型のアクションカメラとしては映像もかなりキレイなのですが、唯一バッテリー持ちが悪いのがネックなんですよね…。

しかし廉価モデルではバッテリー自体の交換ができないので、バッテリーが減ってきたら充電器をつないで充電しないといけません

2ポート搭載で同時充電可能

モバイルバッテリーがあっても、接続しながら撮影しないといけないので撮影のジャマ。バッテリー交換ができれば、すぐに新しいバッテリーと交換して撮影を再開できて安心感がまったく違います。

GoProの新旧バッテリー

なので安心して撮影したい人は、必ずバッテリー交換ができるGoProを選びましょう。

  • 廉価モデルはバッテリー交換ができない
  • バッテリー交換ができると安心して撮影ができる

機能と価格のバランス

僕は最新の機能を備えたGoProをおすすめしますが、そうなると値段が自然と高くなってしまうのがネック

HERO10の側面のロゴ

これを理解しておかないと、「最新モデルを買ったけどこんなに機能いらない」とか「安いから買ったけど、あの機能がない!」といったミスマッチが起こりやすくなってしまいます。

なので自分は機能を優先するのか?価格を優先するのか?の判断基準を、しっかりと持つことが大切です。

  • 最新モデルは当然値段が高くなっている
  • 機能かコスパどちらを優先するのかの判断基準をしっかりと持つ

以上の3つがGoProを選ぶポイントになるので、この3つを踏まえて僕がおすすめするGoProを紹介していきます!

買うならおすすめのGoProベスト3

ここまでの選ぶポイントをもとに、毎日GoProで撮影して愛用し続けている僕がおすすめする、GoProランキングがこちらです!

GoProの楽しさを思いっきり味わえるモデルを厳選しているので、ぜひ各モデルをチェックしてください!

第1位|HERO10

2021年9月16日に登場した最新モデル、それがHERO10です。

GoPro HERO10

HERO10のスペックがこちらです。

モデル HERO10 Black
チップ
GP2
動画解像度 5.3K60fps
2.7K240fps
写真解像度 2300万画素
360°撮影 -
手ブレ補正
HyperSmooth4.0
水平維持
カメラ内蔵
スーパーフォト
タイムワープ
TimeWarp 3.0
ナイトラプスビデオ
RAW
100Mbpsビットレート
5.3K/4K/2.7K
専用モジュラー メディアモジュラー
ディスプレイモジュラー
ライトモジュラー
レンズモジュラー
バッテリー交換
GPS
前面スクリーン
1.4インチカラーLCD
防水性能 10m
サイズ 71.8 × 50.8 × 33.6mm
重さ 153g

特に進化したポイントを挙げたのがこちら。

  • GP2チップを搭載
  • 5.3k60fps、4K120fps、2.7K240fpsに対応
  • 写真は2,300万画素
  • HyperSmooth4.0で手ブレ補正がさらに進化
  • 低光量での撮影性能アップ
  • レンズに水滴がつきにくい

フレームレートが特に進化しており、4Kで4倍&2.7Kで8倍スローが撮影できるようになるなど、HERO9から大幅に進化しています。

そして最大解像度も5Kからさらに強化され、5.3Kに対応。もう凄すぎて言うことなしですね。

このように撮影機能が強化されたのはもちろんですが、一番の驚きはGP2チップによる操作性の向上です。

  1. タッチ動作がスマホのように快適
  2. フロントスクリーンの動きが滑らか
  3. バッテリーの持ちが良くなった
  4. クイックキャプチャーの動作が早い

スマホのようなヌルヌルの操作性が実現し、撮影設定の切り替えもスムーズに行えるようになりました。

僕は子ども撮影で設定を切り替えながら撮影をすることが多いので、ここがめちゃくちゃスムーズになってストレスが減りましたよ。

ナシタカ

まさに最強のGoProといえるスペックです!

撮影機能バッテリーコスパ

▼GoPro HERO10レビューはこちら

第2位|HERO9 Black

前モデルのHERO9 Blackがランクイン。このときから様々な撮影機能を搭載し、とてつもないパワーアップしてくれたのが衝撃的でした!

HERO9 Black本体を撮影

HERO9のスペックがこちら。

モデル HERO9 Black
チップ GP1
動画解像度 5K30fps
1080p240fps
写真解像度 2000万画素
360°撮影 -
手ブレ補正 HyperSmooth3.0
水平維持
カメラ内蔵
スーパーフォト
タイムワープ TimeWarp 2.0
ナイトラプスビデオ
RAW
100Mbpsビットレート 5K/4K/2.7K
専用モジュラー メディアモジュラー
ディスプレイモジュラー
ライトモジュラー
レンズモジュラー
バッテリー交換
GPS
前面スクリーン 1.4インチカラーLCD
防水性能 10m
サイズ 71.8 × 50.8 × 33.6mm
重さ 158g

まず一番の違いが前面ディスプレイに画面が搭載され、自撮りでの映像チェックができるようになったこと

HERO9 Blackの前面ディスプレイ

今まではスマホに繋がないと自撮りでの映像チェックができなかったのですが、この前面ディスプレイのおかげで悩みは解決。

しかも後面ディスプレイと同時に使えるのが他のアクションカメラとの違いで、自撮りしたあとにまたすぐに普通に撮影といった切り替えがノータイムでできるんですよ。めちゃくちゃ使いやすくなって最高。

さらに最新機能としてシャッターボタンを押して30秒遡って記録ができるハインドサイト、自動起動&記録時間の設定ができるスケジュールキャプチャーなど新機能が目白押し。こちらはハインドサイトをオンにしたところ。

HERO9 Blackのはハインドサイト機能

さらにバッテリーが容量が1720mAhと従来から増えたので、より長く撮影できるようになりました。バッテリー交換もできるので、さらに安心して撮影ができるようになって今まで以上に使いやすくなっています。

HERO9 BlackとHERO8 Blackのバッテリーを比較

HERO10の登場で型落ちモデルとなりましたが、その機能性は申し分なく撮影で十分に活躍してくれること間違いなし。

むしろ価格ももう少し落ちてくると思うので、コスパ重視ならHERO9がおすすめです。

撮影機能バッテリーコスパ

▼GoPro HERO9 Blackレビューはこちら

第3位|HERO8 Black

第3位がHERO8 Balck。こちらも登場したときは新たな機能に驚いたものです。

GoPro HERO8

スペックがこちら。

モデル HERO8 Black
チップ GP1
動画解像度 4K60fps
1080p240fps
写真解像度 1200万画素
360°撮影 -
手ブレ補正 HyperSmooth2.0
水平維持
アプリ処理
スーパーフォト
タイムワープ TimeWarp 2.0
ナイトラプスビデオ
RAW
100Mbpsビットレート 4K/2.7K
専用モジュラー メディアモジュラー
ディスプレイモジュラー
ライトモジュラー
バッテリー交換
GPS
前面スクリーン
防水性能 10m
サイズ 62.3 × 44.9 × 33mm
重さ 126g

まずHERO7 Balckと比較すると、こんな感じで撮影機能が強化されています。

  • ハイパースムースビデオ → ハイパースムース2.0
  • スーパーフォト→ HDRの強化でさらにキレイに
  • タイムワープビデオ(ハイパーラプス) → タイムワープ2.0
  • ナイトラプスビデオが撮影可能
  • ライブバースト機能が追加

特にパソコンでの編集が必須だったナイトラプスビデオが、HERO8ならスマホだけで編集できて、もっと気軽にナイトラプスビデオ撮影が楽しめます。

つまりGoProだけで撮影できる機能が増えて、パソコンでの編集が必要ないレベルにまで進化したわけです。

次が操作のしやすさについてですが、HERO8では動画や写真の撮影設定の変更が簡単にできるようになりました

これを使えば撮影設定の変更がワンタップでできるので、短時間で切り替えができて最高に便利。

HERO7 Blackまではこの切替でのタップ操作が多くて、変更に時間がかかっていてかなり使い勝手が悪かったんですよ。実際の操作手順を撮影したのがこちらで、4K60fpsの設定から1080p240fpsへの変更の流れになります。

HERO7 Blackでの撮影設定の変更の流れ

HERO7 Blackでは撮影設定の変更に大体12秒くらいかかっていて、タップで細かく設定を変更しないといけません。

それがHERO8 Blackでは、このようになっています。

HERO8 Blackでの撮影設定の変更の流れ

このようにプリセット機能のおかげで撮影設定の変更がかなりスムーズになったので、撮影でのストレスが大きく減っています。

僕はこのプリセット機能だけで、HERO8を買ってよかったなと心の底から思っています

バッテリーはHERO8で容量に変化はありませんでしたが多少の変更があり、前モデルのものだと機能が制限されるとの表示が出ます。

なので新しく購入する必要があるのに注意が必要ですが、バッテリー交換は可能なので使い勝手は良いです。

こちらも公式サイトで1年間のサブスクを含めれば38,000円で購入できますが、HERO9 Blackと比べると5,000円しか価格差がありません。

これならもう少し頑張ってHERO9を購入したほうが使いやすいのでおすすめですね!

撮影機能バッテリーコスパ

▼GoPro HERO8 Blackのレビューはこちら!

おすすめのGoProの比較表

上で紹介した3つのモデルを比較したのが、こちらになります。

それぞれのGoProを比較したのがこちらになります。

モデル HERO10 Black
HERO9 Black
HERO8 Black
チップ GP2 GP1 GP1
動画解像度 5.3K60fps
2.7K240fps
5K30fps
1080p240fps
4K60fps
1080p240fps
写真解像度 2300万画素 2000万画素 1200万画素
360°撮影 - - -
手ブレ補正 HyperSmooth4.0 HyperSmooth3.0 HyperSmooth2.0
水平維持
カメラ内蔵

カメラ内蔵

アプリ処理
スーパーフォト
タイムワープ TimeWarp 3.0 TimeWarp 2.0 TimeWarp 2.0
ナイトラプスビデオ
RAW
100Mbpsビットレート 5.3K/4K/2.7K 5K/4K/2.7K 4K/2.7K
専用モジュラー メディアモジュラー
ディスプレイモジュラー
ライトモジュラー
レンズモジュラー
メディアモジュラー
ディスプレイモジュラー
ライトモジュラー
レンズモジュラー
メディアモジュラー
ディスプレイモジュラー
ライトモジュラー
バッテリー交換
GPS
前面スクリーン 1.4インチカラーLCD 1.4インチカラーLCD
防水性能 10m 10m 10m
サイズ 71.8 × 50.8 × 33.6mm 71.8 × 50.8 × 33.6mm 62.3 × 44.9 × 33mm
重さ 153g 158g 126g

一応ランキングとして3モデル紹介していますが、HERO10が飛び抜けて素晴らしいです。操作性も格段に上がり、ストレスフリーに使えるので最高ですよ!

GoProでよくある質問

星空を撮るならどのモデルがおすすめですか?

星空を撮るならHERO10 Blackがおすすめです。夜にタイムラプス映像を動画で撮影する「ナイトラプスビデオ」機能が搭載されてパソコンで編集する必要がなくなったので、GoProだけで星空の撮影が楽しめます。

子どもの撮影にはどのモデルがおすすめですか?

バッテリー容量が増えたHERO10 Blackがおすすめです。バッテリーを気にせず子ども撮影が楽しめますし、撮影機能も増えてピッタリなモデルですよ。

動画編集をしたことがないですが、大丈夫ですか?

GoProアプリは動画や写真を読み込むだけで、自動で動画編集をしてくれる機能があります。簡単にオシャレな動画が作れるので、初心者の方でも安心して使えます。

バッテリーはどのくらい持ちますか?

撮影設定や機能にもよりますが、連続撮影では約1時間ちょっと持ちます。予備のバッテリーやモバイルバッテリーを用意しておくと安心です。

360°の映像は、パソコンがないと使えませんか?

最近ではGoProのスマホアプリがかなり進化していて、アプリだけで360°映像の編集ができるようになっています。

おすすめのGoProベスト3まとめ

ここまで僕がおすすめしたいGoProモデルベスト3について書いてきましたが、新たに登場したGoPro HERO10が素晴らしすぎるので、ほぼイチオシ状態になっています。

せっかくGoProを使うのであれば最新の機能を楽しんでほしいですし、むしろそれが備わっていないとGoProの真の楽しさを味わうことはできません。

GoPro HERO10なら最新機能も使えてバッテリーも長持ち、さらにスマホのような操作性を兼ね備えたモンスターモデルになっているので、ぜひチェックしてみてください!

モデル HERO10 Black
HERO9 Black
HERO8 Black
チップ GP2 GP1 GP1
動画解像度 5.3K60fps
2.7K240fps
5K30fps
1080p240fps
4K60fps
1080p240fps
写真解像度 2300万画素 2000万画素 1200万画素
360°撮影 - - -
手ブレ補正 HyperSmooth4.0 HyperSmooth3.0 HyperSmooth2.0
水平維持
カメラ内蔵

カメラ内蔵

アプリ処理
スーパーフォト
タイムワープ TimeWarp 3.0 TimeWarp 2.0 TimeWarp 2.0
ナイトラプスビデオ
RAW
100Mbpsビットレート 5.3K/4K/2.7K 5K/4K/2.7K 4K/2.7K
専用モジュラー メディアモジュラー
ディスプレイモジュラー
ライトモジュラー
レンズモジュラー
メディアモジュラー
ディスプレイモジュラー
ライトモジュラー
レンズモジュラー
メディアモジュラー
ディスプレイモジュラー
ライトモジュラー
バッテリー交換
GPS
前面スクリーン 1.4インチカラーLCD 1.4インチカラーLCD
防水性能 10m 10m 10m
サイズ 71.8 × 50.8 × 33.6mm 71.8 × 50.8 × 33.6mm 62.3 × 44.9 × 33mm
重さ 153g 158g 126g
12