[e]GoPro純正3-Wayレビュー!3通りの使い方で撮影の幅が広がる便利マウントです!

GoPro純正3-Way

どうもGoPro大好きナシタカ(@ehicalog)です。

この記事では、GoPro純正自撮り棒の『3-Way』について紹介しています

GoProを使うときにはアクセサリーが欠かせませんが、最初はどのアクセサリーを買えばいいのかわかりにくいですよね?

そんなときにおすすめしたいのが、今回紹介するGoPro純正自撮り棒の3-Wayです。

名前の3-Wayからもわかるように、1つで3つの役割をしてくれる万能なアクセサリーとなっています。

この3-Wayさえあれば、普段の撮影が快適にできて、しかも余計な荷物を減らすこともできます

素晴らしい魅力を持った3-Wayについて、僕が感じた魅力を全力で紹介していきます。

スポンサーリンク

GoPro純正の3-Way

こちらが今回紹介する、GoPro純正の自撮り棒である『3-Way』になります。

GoPro純正3-Way

グリップ自体の重さは219gと軽く作られていて、とても持ちやすいのが印象的です。

GoPro純正3-Wayの重さ

GoProと組み合わせても379g程度と500mlのペットボトルより軽くなっています。

GoPro純正3-WayとGoProを組み合わせた重さ

そのため重さを感じることなく、片手で楽に撮影ができます。

こうしてみるとただの短いグリップですが、様々なギミックが仕込まれている、おもしろいアクセサリーなのです。

GoPro純正3-Way

3-Wayと名前のとおり、こちらの3つの役割をこなしてくれます。

3-Wayの3つの使い方
  • カメラグリップ
  • 延長アーム
  • 三脚

実際に使ってみて最高だったポイントについて、順に紹介していきます。

カメラグリップとして使える

GoPro純正3-Wayのカメラグリップ

まずこちらが折りたたんだときの3wayですが、このままカメラグリップとして使うことができます。

長さは19cm(7.5インチ)と扱いやすい長さです。

折りたたんでいるので厚みがありますが、そこまで掴みにくさは感じません。

カメラグリップを握ってみたところ

実際に使ってみて、まず軽いのが素晴らしいですね。カメラグリップとしてGoProと組み合わせても、重たくなくて扱いやすい。

短くて軽いほうが取り扱いは簡単なので、こうした手持ちでの撮影でも使いやすいのはありがたいですね。

延長アームで角度も自由自在

GoPro純正3-Wayの延長アーム

3-Wayの真骨頂がこの延長アームです。このように角度が自在に設定できるのはとても便利ですね。

GoPro純正3-Wayの延長アームの角度調整

3つの可動部で自在に角度をつけることができ、ネジで簡単に固定したり緩めたりできます。

GoPro純正3-Wayの3つの可動部

最大まで伸ばすと50.8cm(20インチ)にまでなります。カメラグリップの長さの2倍以上ですね。

GoPro純正3-Wayを最大まで伸ばしたところ

シンプルな構造だからこそ、直感的に使えて迷わないのが良いですね。

さらに持ち方を変えることで、ローアングルからの撮影も簡単。

GoPro純正3-Wayの延長アーム

角度が自在だからこそ、アイデア次第でいろいろな撮影ができる自由度の高さが、最高に楽しいです。

三脚を出して固定撮影も可能

GoPro純正3-Wayで固定撮影

さらにグリップの下部を引き出すことができて、これを広げると簡易三脚になります。

GoPro純正3-Wayの下部を引き出したところ GoPro純正3-Wayから取り出した三脚

これをネジではめ込めば、簡単に固定しての撮影ができるのは最高です。

GoPro純正3-Wayに三脚を取り付けたところ

ただそこまで強力な固定ではなく、指で押すと簡単にグラグラする感じです。

GoPro純正3-Wayでの固定撮影

アームの角度によっては重さで倒れてしまうので注意が必要。

ただある程度はカメラに角度もつけられるので、コツさえつかめば様々な撮影ができます。

こうしてグリップ部分にあらかじめ備わっているおかげで、余計な荷物にならないのは素晴らしいですね。

安全機能も備わっている

GoPro純正3-Wayの安全機能

ここまでは3-Wayの便利な機能について紹介しましたが、実は安全機能に関してもしっかりと備わっています

これは純正品としての完成度の高さのおかげなので、そのあたりを詳しく見ていきましょう。

ストラップで落下防止

グリップの下部にはストラップを付ける部分があります。

GoPro純正3-Wayのストラップの装着部

ここにストラップをつけて手にかけておけば、万が一手を離したとしてもGoProを落とす心配がありません。

セット内容には含まれていないので、ぜひ自分でストラップを購入しておきましょう。

ストッパーでケガを防止

グリップにストッパーがついており、折りたたむときは青いボタンを押しながらたたむ必要があります。

GoPro純正3-Wayのストッパーボタン

そのため延長アームのネジが緩んでこのように倒れてきても、延長アームがストッパーで止まってくれます。

GoPro純正3-Wayのストッパー機能

このストッパーのおかげで指を挟む心配がないため、ケガ防止に役立ってくれているのです。

これは純正ならではの機能で、こうした細かい気配りがあるからこその値段設定なんですね。

海や水の中でも使える

GoPro純正3-Wayの延長アームの角度調整

GoPro純正3-Wayは精密機械というわけではないので、そのまま水の中でも使うことができます。

なので海でもそのまま使うことができますし、使い終わった後は水で洗い流すだけで大丈夫。

3-Wayさえあれば場所や環境関係なく、どこでも撮影ができるというのが使いやすさの理由でもあります。

まとめ:1台で三役をこなす万能な自撮り棒

ポイントまとめ
  • カメラグリップとして使える
  • 延長アームで角度も自由自在
  • 三脚を出して固定撮影も可能
  • 安全機能も備わっている

GoPro純正の3-Wayは様々な撮影シーンに対応できる機能を備えた、素晴らしいアクセサリーです。

特にカメラグリップと自撮り棒、三脚での固定撮影など、1台で3つの役割をこなす万能性は最高ですね。

「無駄な荷物を増やしたくない」とか「できるだけ荷物を減らしたい」というときには、この3-Wayがあれば様々な撮影シーンに対応することができます。

今まで使っていなかったのを後悔してしまうぐらいに使いやすい

今回3-Wayを使ってみて、本当に良かったなと思います。

持ち運ぶアクセサリーを少なくしたい!!という場面では、間違いなく万能なこの3wayがおすすめ。

僕は3-WayでこれからのGoPro撮影を、存分に楽しんでいきます!

[e]GoProのおすすめアクセサリー&マウントまとめ!実際に使ってみておすすめのアクセサリーを紹介しています!

2017.08.27

ABOUTこの記事をかいた人

GoProが大好きでHEOR5 Blackから子どもの撮影に活用しています。撮影した動画の編集も大好きで家族の思い出ムービーをたくさん作っているので動画編集についても紹介していきます。