MENU
カテゴリー
ナシタカの画像
ナシタカ
GoProブロガー
GoPro大好きな子育てパパ。日々の撮影&動画編集で家族の思い出を残すのがライフワーク。

【GoProにおすすめの自撮り棒5選】それぞれの特徴を紹介します!

ナシタカのアイコン画像ナシタカ

GoProのにおすすめの自撮り棒5選を紹介しています。GoProのための自撮り棒の選び方からそれぞれの特徴までまとめているので、ぜひ読んでみてください!

どうも、GoPro大好きナシタカです。

GoProに欠かせないアクセサリーが自撮り棒です。

純正品から非純正品までたくさんの種類の自撮り棒があるので、どれを選べばいいかわかりにくいんですよね。

純正品は安心だけど高かったり、非純正品は安いけど本当に使えるのか不安…。

そこでこの記事では僕が実際に使いやすかった、おすすめの自撮り棒について紹介します。

これを読めば、

  • どんな自撮り棒があるのか?
  • 自分に合った自撮り棒がわからない

といった疑問が解決して、自分にピッタリの自撮り棒を見つけられるはず。

というわけで、おすすめの自撮り棒5選について書いていきます。

目次

GoPro用自撮り棒を選ぶときのポイントとは?

GoPro用自撮り棒には様々な種類がありますが、選ぶときのポイントとしてはこちらの3つです。

純正品かコスパ重視か

自撮り棒を選ぶ上で欠かせないのがコスパです。

GoPro純正自撮り棒は高いものだと8,000円近くするため、気軽に買えるものではありません。

それに比べて非純正の自撮り棒であれば、半値以下から安いものであれば2,000円ほどで購入することもできます。

安いからと言って使えないことはなく、むしろ純正品とほとんど変わらないものもありますからね

純正品にこだわるのも良いですが、コスパで選ぶとアクセサリーの選択肢が広がるのでおすすめです。

特化型か機能性が高いものか

自撮り棒は自撮り撮影に特化して使いやすくなっているものが多いです。

ただそうなると自撮り棒以外にも、撮影に合わせてアクセサリーを持ち運ぶ必要があるので荷物が多くなってしまいます

さらにそれだけのアクセサリーを揃えるので、費用もかかってしまうのは痛いですよね

しかし自撮り棒によっては3つの使い方ができたりと多機能になっているので、他のアクセサリーが必要なくなるものもあります。

自撮り棒1つでさまざまな撮影ができるので荷物も減って、手間なく撮影ができるのが魅力

荷物を減らしたいとかアクセサリーは少なくして費用を抑えたいという人は、多機能自撮り棒を選ぶのがおすすめです。

撮影イメージで選ぶ

自撮り棒には長さの違いがあるので、撮影できる写真や動画には大きな違いがでてきます

そのため自分が撮影したいイメージに合わせた自撮り棒を選ぶことが大切で、ここを間違えると思うような撮影ができません。

実際の撮影での違いについては▼自撮り棒の撮影比較の記事にまとめているので、ぜひ読んでみてください。

あわせて読みたい
GoPro純正自撮り棒ショーティーと3-Way、エルグランでを比較!それぞれの撮影アングルなどを違いをまと...
GoPro純正自撮り棒ショーティーと3-Way、エルグランでを比較!それぞれの撮影アングルなどを違いをまと...この記事ではGoPro純正自撮り棒の3-Wayとショーティー、エルグランデを比較しています。それぞれの違いや実際に撮影した写真や動画の違いについてまとめています!どう...

GoProにおすすめの自撮り棒5選

こうしたポイントをふまえて、僕がおすすめしたいのがこちらの5つの自撮り棒。

純正品だけでなく、コスパ抜群な非純正の自撮り棒も選んでいます。

GoPro純正自撮り棒|3-Way

最初に紹介するのが、GoPro純正自撮り棒の『3-Way』です。

3-Wayという名前からもわかるように、1つで下の3つの役割をこなしてくれます。

  • カメラグリップ
  • 延長アーム
  • 三脚

3-Wayは折り畳んだ状態でカメラグリップになって、大きさも握りやすいです。

3-Wayのカメラグリップ

延長アームを伸ばせばあらゆる角度で撮影できるので、自撮りも簡単にできます。

3-Wayの延長アーム

取り外し式の三脚を使えば、このようにカメラを固定しての撮影もできます。

3-Wayでの三脚撮影

3-Wayがあれば様々な撮影ができるので、荷物が軽くなったのもうれしいポイントですね。

▼GoPro純正3-wayのレビューはこちら!

ベルボン自撮り棒|ウルトラセルフィースティック

もう1つおすすめなのが、ウルベルボンのトラセルフィースティックです。

ウルトラセルフィースティックは伸縮がしやすくて手持ちでの撮影はもちろん、伸ばしての自撮りも簡単にできるのが素晴らしいポイント。

ベルボン自撮り棒にGoPro HERO5を装着

3-Wayと比べると、最大に伸ばしたときは20センチほど長くなっています。

3-Wayとベルボン自撮り棒の長さの違い

グリップ部分は少し柔らかい素材でできていて、3-Wayよりも握りやすいのが特徴です。

ベルボンウルトラスティックセルフィーのグリップとストラップ部分

ウルトラセルフィースティックは自撮り棒に特化した最低限の機能となっていて、シンプルに使いやすさを追求した作りになっています。

▼ベルボンの自撮り棒「ウルトラスティックセルフィー」のレビューはこちら!

あわせて読みたい
【レビュー】ベルボンウルトラスティックセルフィー|GoProにおすすめの多段伸縮が可能な自撮り棒
【レビュー】ベルボンウルトラスティックセルフィー|GoProにおすすめの多段伸縮が可能な自撮り棒GoProの自撮り棒としてオススメのベルボンのウルトラスティックセルフィーを紹介しています。写真を中心に実際に使ってみた感想もまとめています。どうも、GoPro大好き...

HAKUBA GoPro 3-Way

HAKUBA GoPro 3-Wayは、Amazon限定の自撮り棒です。

3-Wayなので、こちらも純正品と同じように3つの役割を果たせます。

  • カメラグリップ
  • 延長アーム
  • 三脚

グリップ部分は特殊滑り止塗装とエンボス加工がされていますが、純正品と比べると少し滑りやすい印象。

HAKUBA GoPro 3-Wayのグリップ部分の加工

しかしその他の機能は純正品と全く変わらず、同じように使うことができます。

HAKUBA GoPro 3-WayにHERO7 Blackを取り付けたところ

これで値段が2,000円ほどと、純正3-Wayの1/4の値段で購入できることにビックリ。

コスパ重視で自撮り棒を選ぶなら、自信を持っておすすめできます。

▼HAKUBA GoPro 3-Wayのレビューはこちら!

Shorty(ショーティー)

ショーティーは短めの自撮り棒です。

コンパクトなサイズ感が魅力で、GoProを組み合わせてもポケットにすっぽり収まります。

GoPro ShortyとHERO7 Black

最大22.7センチまで伸びるので、自撮りも簡単。

GoPro Shortyを伸ばしたところ

三脚としても使えて、機能性は抜群です。

GoPro Shortyを三脚として活用

3-Wayよりももっとコンパクトで持ち運びしやすい自撮り棒をお探しなら、Shortyがピッタリですよ。

▼Shortyのレビューはこちら!

あわせて読みたい
【GoPro Shorty(ショーティー)レビュー】ポケットサイズで持ち運びしやすい自撮り棒
【GoPro Shorty(ショーティー)レビュー】ポケットサイズで持ち運びしやすい自撮り棒この記事ではGoProのコンパクト自撮り棒としておすすめなShorty(ショーティー)について紹介しています。自撮り棒として便利な機能はもちろん、ポケットに入るサイズ感が...

El Grande(エルグランデ)

エルグランデは、純正自撮り棒で一番の長さを誇ります。

最大に伸ばすと97cmまで伸びるので、他の自撮り棒では難しいアングルからの撮影も可能。

実際にハイアングルから撮影してみたのがこちらの写真。

約1mの長さを生かして、ドローンのような映像が撮影できるのはとてもおもしろいです。

自撮りで撮影してみると、周りの景色も広く入れることができるので、景色のいい場所であれば最高の自撮り写真になるでしょう。

GoProエルグランデで最大に伸ばしての自撮り

いつもと違ったアングルからの撮影にはピッタリの自撮り棒なので、ぜひチェックしてみてください。

▼El Grande(エルグランデ)のレビューはこちら!

あわせて読みたい
GoPro El Grande(エル グランデ)レビュー|純正自撮り棒で最長の1mはハンパない!
GoPro El Grande(エル グランデ)レビュー|純正自撮り棒で最長の1mはハンパない!GoPro純正自撮り棒としてNo.1の長さを誇る、エルグランデをレビューしています。特徴から実際に撮影した印象まで紹介しているので、ぜひ参考にしてください!どうも、Go...

GoProにおすすめの自撮り棒|まとめ

ここまでGoProにおすすめの自撮り棒として、純正品から非純正品まで実際に僕が使ってみておすすめの自撮り棒を紹介してきました。

自撮り棒と言っても種類があり、自分の使用目的や予算、撮影イメージに合わせて選ぶことが大切です。

ここで紹介した純正品はもちろん、非純正品の自撮り棒もとても使いやすいので、きっと満足してもらえると思います。

お気に入りの自撮り棒を見つけてくださいね。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる