MENU
カテゴリー
ナシタカ
GoProブロガー
GoPro大好きな子育てパパ。日々の撮影&動画編集で家族の思い出を残すのがライフワーク。

GoProにおすすめのモバイルバッテリー|Anker PowerCore Ⅲ Fusion 5000なら急速充電にも対応

ナシタカ

GoPro使うならおすすめのモバイルバッテリー「Anker PowerCore Ⅲ Fusion 5000レビュー」について紹介しています。急速充電にも対応したGoProにピッタリのモバイルバッテリーです!

どうも、GoProアクセサリー大好きナシタカです。

GoProを使っていて気になるのがバッテリーで、スマホと接続したり色々と撮影をしていると、気付いたらバッテリーがかなり減ってしまっていたということがけっこう多い

またタイムラプス撮影で長時間撮影したいときには電源を確保しないといけないので、モバイルバッテリーは必須のアクセサリーです。

そこでおすすめしたいのが、この記事で紹介するAnker PowerCore Fusion Ⅲ 5000

Anker PowerCore Ⅲ Fusion 5000

以前のモデルからUSB-Cポートを搭載し、急速充電にも対応した進化系モデルとなっています。

これさえあればGoProの撮影に便利なだけでなく、予備バッテリーの充電も捗るのでぜひチェックしてください!

目次

Anker PowerCore Fusion Ⅲ 5000の外観

Anker PowerCore Fusion Ⅲ 5000は、コスパ抜群の製品で定評のあるAnkerから発売されているモバイルバッテリー。

製品名Anker PowerCore Ⅲ Fusion 5000
大きさ78 x 71.5 x 30mm
重さ約176g
特徴USB-A × 1
USB-C × 1
電源プラグ搭載
HERO9を約2.8回充電可能

前モデルと比較するとこんな感じ。

製品名Anker PowerCore Ⅲ Fusion 5000Anker PowerCore Fusion 5000
大きさ78 x 71.5 x 30mm72 x 70 x 31mm
重さ約176g約189g
特徴USB-A × 1
USB-C × 1
電源プラグ搭載
PD対応
HERO9を約2.8回充電可能
USB-A × 2
電源プラグ搭載
HERO9を約2.9回充電可能

大きさは78 x 71.5 x 30mmと前モデルよりも少し大きくなりましたが、重さは176gで13gほど軽くなっています。

Anker PowerCore Ⅲ Fusion 5000

微妙な違いですが、少しでも軽いほうがうれしいですからね。

GoPro HERO9と比べると、こんな感じです。

Anker PowerCore Ⅲ Fusion 5000とHERO9を並べたところ

横幅はほぼ変わらずといった感じ。

Anker PowerCore Ⅲ Fusion 5000とHERO9を並べたところ

ちなみに名前には5000とついていますが、実際の容量は4850mAhと前モデルより150mAhほど少なくなっています

それでもHERO9のバッテリーを約3回ほど充電できる容量なので必要十分。これ以上多くなると重くもなってくるので持ち運びに影響していしまいます。

その代わりにUSB-Cポートを搭載し、急速充電に対応したのが最大のポイント。

Anker PowerCore Ⅲ Fusion 5000のポート部分

前モデルから使いやすいポイントが増えているので、着実に進化していますね。

Anker PowerCore Ⅲ Fusion 5000がGoProのモバイルバッテリーにおすすめな理由

Anker PowerCore Ⅲ Fusion 5000の良いところが、こちらの2つです。

コンセントで直接充電が可能

Anker PowerCore Ⅲ Fusion 5000は、折りたたみ式のプラグを搭載しています。

Anker PowerCore Ⅲ Fusion 5000のプラグ部分

つまりこのまま直接コンセントに差し込めるので、そのまま本体の充電ができてしまうというわけ。

もちろんケーブルで接続すれば、GoProの充電が可能。ということは電源に接続したまま撮影ができるので、MicroSDカードの容量が許す限りで長時間の撮影ができるんですよ

これさえあれば、日の出や日の入りなどの長時間撮影も余裕でできてしまいます。

電源が確保できる屋内なら、撮影を思う存分楽しめるようになる最高の相棒です。

急速充電でGoProを素早く充電できる

Anker PowerCore Ⅲ Fusion 5000は急速充電に対応しているため、GoProを素早く充電することができます。

本体を直接充電してもいいのですが、それだとモバイルバッテリーを接続したままになるので、手持ちでの撮影はめんどう。

そこでおすすめなのが、デュアルバッテリーチャージャーです。

デュアルバッテリーチャージャーは急速充電に対応しているので、これを使えば予備バッテリーを同時に2つ最速で充電することができます

なので本体はバッテリーだけ交換してしまえば、撮影のジャマになりません。カバンの中などで予備バッテリーだけ充電してしまえばOKというわけです。

撮影している間に予備バッテリーの充電が完了するので、バッテリーの心配なく撮影を続けられるのはまさに最高。

まとめ|Anker PowerCore Ⅲ Fusion 5000はGoProとの相性が抜群

Anker PowerCore Fusion 5000はモバイルバッテリーと急速充電器の2つの役割をこなすハイブリッドなアイテムで、モバイルバッテリーを1つに絞るなら間違いなくがおすすめ。

特にGoProの場合は電源に接続しながらの長時間撮影に使えるので、タイムラプスなどの時間がかかる撮影には欠かせないアイテムになります。

また急速充電にも対応し、デュアルバッテリーチャージャーを使えばバッテリーを2個同時に充電でき、バッテリー切れの心配がほとんどなくなりました。

これ1台あればGoProの充電ストレスが大幅に減るので、ぜひ使ってみてその便利さを体感してみてくださいね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる