GoPro

【Anker PowerCore Fusion 5000レビュー】電源プラグ搭載でGoProにおすすめのモバイルバッテリー

ゴープロにピッタリのモバイルバッテリー

どうもGoPro大好きナシタカ(@ehicalog)です。

GoProを使っていて気になるのがバッテリーで、スマホと接続したり色々と撮影をしていて気付いたらバッテリーがかなり減ってしまいます。

またタイムラプス撮影で長時間撮影したいときに電源を確保する必要があるので、モバイルバッテリーは必須のアクセサリーです。

そこでおすすめしたいのが、この記事で紹介する「Anker PowerCore Fusion 5000」

GoProの撮影に便利な機能がついた使いやすいモバイルバッテリーなので、その魅力を紹介していきます。

Anker PowerCore Fusion 5000の外観と付属品

Anker PowerCore Fusion 5000は、コスパ抜群の製品で定評のあるAnkerから発売されているモバイルバッテリー。

大きさは7.2(幅) x 3(高さ) x 6.8(奥行き)cmと厚みはありますが、大きさはクレジットカードよりも小さいです。

Anker PowerCore Fusion5000の大きさ

手の平サイズで、重さも約189gと軽い印象。

手のひらサイズで持ち運びしやすい

モバイルバッテリーは大容量だと安心ですが、それと比例して重量も増えていくので持ち歩くときが大変になります。

ちょっとした重さでも動き回ることが多いと意外に重量を感じやすいので、軽ければ軽いほどありがたい。

そしてAnker PowerCore Fusion 5000もこの重量が絶妙で、USB急速充電器とモバイルバッテリーの2つの役割を併せ持ちつつも重さが189gととても軽いのが使いやすさの理由です。

USB-Aポートが2つとMicro-USBポートが1つを搭載しています。

Anker PowerCore Fusion5000のポート

本体についているボタンを押すとLEDが点灯して、バッテリーの残量が視覚的にわかるようになっています。

Anker PowerCore Fusion5000のLEDが点灯しているところ

容量は必要十分な5000mAhで、容量とサイズ感のバランスがちょうど良い。

Anker PowerCore Fusion5000の容量

Anker PowerCore Fusion 5000は本体に付属品として持ち運び用のポーチとUSBケーブルがついてきます。

これに僕はiPhone充電用のライトニングケーブルをセットにしています。
アンカーモバイルバッテリーのセット内容

ただ付属のポーチはすぐに壊れてしまうので、純正品ではないですがこちらのポーチを合わせて購入するのがおすすめ。

純正品と間違えるくらいにジャストフィットなケースで、ケーブルと一緒に収納できてとても使いやすいです。

▼Anker PowerCore Fusion 5000収納ケースのレビューはこちら

Anker PowerCore Fusion 5000専用ケース
[e]Anker PowerCore Fusion 5000の専用収納ケースは絶対に買い!GoProと一緒に持ち歩いてます!どうもGoPro大好きナシタカ(@ehicalog)です。 僕はGoProと一緒に、モバイルバッテリーを持ち歩いています。 ...

Anker PowerCore Fusion 5000はありそうでなかった、モバイルバッテリーの『ちょうど良い』を実現してくれています。

Anker PowerCore Fusion 5000は折りたたみ式プラグを搭載

Anker PowerCore Fusion 5000は、折りたたみ式のプラグを搭載しています。

折りたたみ式プラグを搭載している

今まではモバイルバッテリーと急速充電器の2つを持ち歩く必要があったのですが、Anker PowerCore Fusion 5000だけを持ち歩けば良いので荷物を減らすことができました。

コンセントに直挿しとモバイルバッテリーの2つの役割をしてくれるので、デバイスの充電がさらに快適になりましたね。

Anker PowerCore Fusion5000のハイブリッド型の説明

2ポート搭載でGoProとiPhoneを同時に充電できるのが、iPhoneとGoProを同時に充電することが多い僕にとってはとてもありがたい。

2ポート搭載で同時充電可能

しかもUSB急速充電器なので充電時間も早くてまさにいうことなし。お陰で充電にかかる手間が大幅に減ってストレスフリーになりました

Anker PowerCore Fusion 5000本体自体の充電もコンセントを挿すだけで良いのでとても簡単。ケーブルを利用する必要がないのですぐさま充電することができます。

コンセント直挿しでGoProで長時間撮影が可能

Anker PowerCore Fusion 5000は折りたたみ式プラグを搭載しているので、コンセントから直接電源を取ることができます。

GoProとAnker PowerCore Fusion 5000

そのためコンセントが取れるところでGoProを接続すれば、バッテリー無制限で撮影ができるのでとても使いやすい。

これはタイムラプス撮影をするときに重宝していて、僕が夜から日が昇るまでの9時間くらいを撮影したすることができました。

まさにハイブリッドなAnker PowerCore Fusion 5000ならではの芸当で、モバイルバッテリーとして持ち歩いておけばこうしてUSB急速充電器としても活用できるのはさすが。

まさにGoProとの相性がピッタリな製品だなと実感しています

Anker PowerCore Fusion 5000|まとめ

ここまでAnker PowerCore Fusion 5000について書いてきました。

モバイルバッテリーと急速充電器の2つの役割をこなすハイブリッドなアイテムで、モバイルバッテリーを1つに絞るなら間違いなくAnker PowerCore Fusion 5000がおすすめです。

これ1台あればiPhoneやGoProの充電でストレスが大幅に減ったので、ぜひ使ってみてその便利さを体感してみてくださいね。

どうも、ナシタカ(@ehicalog)でした。

GoProアクセサリー
僕が試した29種類のGoProアクセサリー|バッテリーや自撮り棒、シーン別マウントをまとめて紹介しますGoProにおすすめのアクセサリーを紹介しています。GoProを使うために必要なSDカードはどれを買えば良いのか?たくさんあるアクセサリーはどれを買えば良いのか?実際に使ってみました!...
ABOUT ME
ナシタカ
GoProが大好きで子どもの撮影に愛用しています。 撮影した動画の編集も大好きなので動画編集についても紹介しつつ、自分が気に入ったものをどんどん紹介していきます。