MENU
カテゴリー
ナシタカ
GoProブロガー
GoPro大好きな子育てパパ。日々の撮影&動画編集で家族の思い出を残すのがライフワーク。

GoProで愛用しているおすすめアクセサリーまとめ– GoPro Accessory –

どうも、GoPro大好きナシタカです。

GoProには数多くのアクセサリーがあり、僕もこれまでたくさんのアクセサリーを購入しては撮影で試してきました。

そうした試行錯誤を続けていく内に、今では厳選されたアクセサリーのみで撮影ができるように。自分の使い方に合ったアクセサリーだけが残っています。

そこで僕が愛用している、おすすめのGoProアクセサリーをまとめました。

目次

GoProにおすすめのアクセサリー8選

僕がGoProで愛用しているおすすめのアクセサリーが、こちらの7つです。

MicroSDカード128GB

GoProにはMicroSDカードが必須ですが、付属していないので必ず準備しておきましょう。

MicroSDカードとアダプタ

僕が愛用しているのがサンディスクの128GBのMicroSDカード。1泊2日の旅行も余裕で撮影できる容量が魅力です。

SDカードを何枚も持つと交換の手間があるので、大きい容量のSDカードを選ぶのがおすすめです。

特にGoProサブスクのクラウドストレージと相性が抜群で、充電するだけで自動でクラウドに撮影データをアップロードできます。

何枚にも分けて撮影すると、SDカードを交換して充電する手間があるのでかなりめんどう…。

大容量のMicroSDカード1枚あれば一気にアップロードできるので、サブスクを使っているなら128GB以上のものを選んでおくと使い勝手が良いです。

こちらの記事では、より詳しくMicroSDカードの選び方についてまとめています。

ショーティー(自撮り棒)

3-Wayなどたくさんの自撮り棒を使ってきましたが、僕がずっと使い続けているのがGoPro純正ショーティー。その理由が小さくて軽いところ。

HERO9 Blackとショーティー

ポケットにスッポリと入るサイズで65gと、持ち運びしやすいところが気に入っています。

GoPro Shortyを持ったところ

機能では最大で22.7cmまで伸び、GoProの広角と合わせれば家族での自撮りも余裕。

HERO9 Blackにショーティーを取り付けて最大まで伸ばしたところ

さらに持ち部分が開いて三脚としても使え、固定撮影もスムーズにできます。

HERO9 Blackにショーティーを取り付けて三脚として活用

携帯性と機能性が高いレベルで実現しており、これ1つあればほとんどの撮影ができてしまう万能な自撮り棒です。

▼GoProショーティーレビューはこちら

スリーブ+ランヤード

GoPro本体の保護に活用しているのが、スリーブ+ランヤード。ボディをシリコンケースで覆ってくれるので、傷から守ってくれます

HERO10にスリーブを装着

ストラップで首からかけられ、ショーティーならつけたままでもOK。ストラップを外せば、いつも通りの撮影ができます。

ショーティーとHERO8用スリーブ+ランヤードの組み合わせで首に欠けたところ

GoProを保護しながら他のアクセサリーとも組み合わせて使えるので、ぜひ装着しておきましょう。

▼GoProスリーブ+ランヤードレビューはこちら

クリップマウント

クリップマウントは、リュックに取り付けて撮影やウェアラブル撮影で重宝しています。

マグネット付きスイベルクリップをリュックに取り付けたところ

取り付け部分が360°回転するので、角度調整がスムーズにできて使いやすい。

GoProマグネット付きスイベルクリップのスイベル機能

またクリップはスタンドのように使うこともでき、簡単に固定撮影ができるのも便利。

マグネット付きスイベルクリップをスタンドとして活用

クリップ部分にマグネットがあるので、磁石でくっつくところに取り付けられ、定点撮影のような使い方もできます。

マグネットで冷蔵庫に取り付けたところ

リュックに取り付けておいてもジャマにならないので、持ち運びしやすく撮影に大活躍してくれます。

▼GoProスイベルクリップレビューはこちら

Ulanziクイックリリース

複数アクセサリーの切り替えに欠かせないのが、このUlanziクイックリリースマックス。

アクセサリーを切り替えるときの取り外しがとてもスムーズなのに、強力に取り付けができるので安心して使えます。

123