GoProアクセサリー

【GoProデュアルバッテリーチャージャーレビュー】純正充電器の特徴と使い方を紹介

デュアルバッテリーチャージャー本体

どうもGoPro大好きナシタカ(@ehicalog)です。

この記事で紹介するのはGoProのバッテリーを充電するための純正品、デュアルバッテリーチャージャーです。

GoProは連続撮影時間が1時間程度と、バッテリーに不安があります。そのため予備バッテリーを準備しておくことが大切。

デュアルバッテリーチャージャーなら充電器としてバッテリーを充電できるだけでなく、バッテリーを持ち運ぶケースとしても活用できる機能性が魅力です。

そんなデュアルバッテリーチャージャーについてレビューをしていきます。

GoProデュアルバッテリーチャージャーの外観と付属品

デュアルバッテリーチャージャーはGoPro純正のバッテリーアクセサリー。

中身はこのようになっています。
[box class=”glay_box” title=”付属品”]

  • デュアルバッテリーチャージャー本体
  • バッテリー1個
  • USB-TypeCケーブル
デュアルバッテリーチャージャーの中身

大きさは3.8(幅) x 6.6(高さ) x 4.5(奥行き) cmとなっていて、縦に長くなっているのが特徴。また背面にはUSB-Cポートがあります。

デュアルバッテリーチャージャー本体

iPhone6 Plusと比べると、こんな感じ。

デュアルバッテリーチャージャーとiPhone6Plus

上部はバッテリーの挿入口があります。

デュアルバッテリーチャージャー本体上から
ナシタカ
ナシタカ
GoProとの見た目の相性もバッチリです!

デュアルバッテリーチャージャーの使い方

デュアルバッテリーチャージャーは、純正バッテリー2つを同時に充電することができます。

デュアルバッテリーチャージャーにバッテリーをセット

使い方も簡単で、背面のUSB-Cポートにケーブルを挿すだけで充電が開始されます。

デュアルバッテリーチャージャーの充電ランプ

このランプが消えたら充電完了です。

外出時にもモバイルバッテリーを利用して充電できるので、これならGoProのバッテリーの心配もなくなります。特に連続して撮影することが多い方は予備バッテリーを常に準備できるので安心。

ちなみに充電時間に関しては60〜90分位が目安かと。僕はAnkerの5ポート高速充電器を利用して充電しましたが、体感では早かったように感じます。

充電完了後は、バッテリーを挿入したまま持ち運べます。

デュアルバッテリーチャージャーにバッテリーをセット

手のひらサイズの軽くて持ち運びしやすいサイズ感です。

デュアルバッテリーチャージャーを掌に乗せたところ

重さも62gと軽く、バッテリーを2つ入れた状態でも109gとかなりの軽さです。

デュアルバッテリーチャージャーを持ったところ

このままバッテリーケースとして使えるので、予備バッテリーも簡単に準備しておけます。

デュアルバッテリーチャージャーレビュー|まとめ

GoProの良さはそのサイズと高機能から手軽に撮影ができることです。特に家族でお出かけの記録を残したい場合っていつおもしろいことが起こるか分からないので、長く回しておく必要があります。

そんな時にバッテリーを心配して節約するように撮影していたら本末転倒。だからこそ予備バッテリーが必要不可欠なんです。

そんな僕の要望にきっちりと答えてくれたのがこのデュアルバッテリーチャージャーで、持ち運びも便利でバッテリー2つを同時に充電できる高機能。

まさにGoProを安心して使うための保険みたいなものでもあり、GoProを活用するためには欠かせない相棒です。

HERO6とHERO5 BLACKにおすすめのマウントまとめ
今までに使ったGoProのアクセサリーを紹介!おすすめからおもしろ系、シーン別までまとめていきますどうもGoPro大好きナシタカ(@ehicalog)です。 GoPro HERO5 Blackから始まった僕のGoProライフです...
ABOUT ME
ナシタカ
GoProが大好きでHEOR5 Blackから子どもの撮影に活用しています。撮影した動画の編集も大好きで家族の思い出ムービーをたくさん作っているので動画編集についても紹介していきます。