MENU
カテゴリー
ナシタカの画像
ナシタカ
GoProブロガー
GoPro大好きな子育てパパ。日々の撮影&動画編集で家族の思い出を残すのがライフワーク。

【GoProのデータファイル徹底解説】THMやLRV、WAVファイルの意味と扱い方

ナシタカのアイコン画像ナシタカ

GoProで撮影した動画と一緒に作成されるTHMとLRV、WAVのファイルについてまとめています。それぞれのファイルの役割とどんな時に使うのか?消してもいいのか?などGoProにまつわる疑問が解決しますよ!

どうも、GoPro大好きナシタカです。

GoProで撮影したデータをMacに移そうとしたところ、動画以外にも見慣れないデータが入っています。

THMとLRV、そしてWAV。

初めて見たときはなんだかわからず、「これはなんなんだろう?残しておかないとダメなのかな?」と迷ったりしたので、正体を色々と調べて見ました。

どのファイルにもちゃんとした役割があるので、しっかりと理解しておきましょう。

目次

THM、LRV、WAVのそれぞれの役割

今回調べたのがこちらの3つのファイルです。

それぞれにちゃんとした役割と作成される理由があるので、この辺りを紹介していきますね。

THMファイルはサムネイル画像

これはThumbnailの略でGoPro本体などでのデータを確認する際に使われるサムネイルファイルになります。

動画を撮影した際に一覧で表示するときに必要になるので、自動的にGoPro内で作成されるわけですね。

なので消しても問題ないですが、サムネイルが表示されなくなるので動画を再生するまで中身が分からなくなってしまったり、GoProアプリでの動画再生などで不具合が出る可能性があるなどのデメリットがあります。

PCなどにデータを移行して保存する場合は必要ないので、消してしまって大丈夫です。

LRVファイルは低画質ファイル

これはLow Resolution Videoの略で、撮影した画像を低画質ファイルにしたものになります。

これはGoPro本体での動画再生やアプリなどを利用した動画再生に使われるもので、低画質ファイルを利用することで高速でのプレビューを可能にするもの。

こちらもPCなど他で保存する場合は必要ないので、削除して大丈夫です。

WAVファイルは音声データ

これはwaveform Audio Formatの略で、mp4の動画とは別に作られたオーディオの生データです。

圧縮されていないので音質が良く、後から音声を加工する際に利用されます。

簡単にいうと、GoProについている3つのマイクからそれぞれの音声が別々に分けられ、ひとまとめになった状態。

これは動画編集をより細部までやりたいという、玄人向けのファイルになります。

音声を加工したいときには生のデータがあった方が編集の自由度が上がりますからね。

僕も以前にインタビュー動画を作成した時に音声以外の雑音を処理することもあったので、その時に別ファイルであるとありがたいなと思った時があります。

なのでこれ自体は削除しても問題はありません。mp4動画自体にちゃんと音声は入っているので安心してください。

ファイルの扱いのオススメ

というわけで各ファイルにはそれぞれ役割があるのですが、実際にどのように扱ったらいいのでしょうか?

考え方としては動画をどこで保存してどのように利用するかです。

THMとLRVのファイルの扱い方

GoPro自体での動画の再生やアプリでの編集をずっとしていきたいという方はTHMとLRVは残しましょう。そうしないとデータの扱いができなくなってしまいます。

僕のように、PCでデータを保存する方は削除して大丈夫です。

僕は念のために外付けのHDDに全てのデータを含めてバックアップしていますので、気になる方は同じようにしてみてください。

WAVファイルの扱い方

これは動画の音声をより細かく加工したいという方向けのファイルなので、必要ない人は削除してしまって大丈夫です。

もし音声も加工して動画のクオリティを上げたいという場合はこちらのファイルを利用するので、必ず残しておきましょう。

以上がファイルの取り扱い方になります。

GoPro Fusionのバックアップは要注意

GoPro Fusionで撮影した映像の場合は、絶対守らないといけない注意点があります

GoPro Fusionで撮影した映像でも同じようにファイルが作成されますが、Fusion Studioで作成するときにこれらのファイルが必須です

つまりGoPro Fusionではこれらのファイルを削除するとFusion Studioでの読み込みができなくなります

Fusion Studioで読み込めなくなるということは、前後のカメラの映像を繋ぎ合わせるスティッチングができなくなるということ。

なのでGoPro Fusionの撮影データを外付けHDDにバックアップする場合は、これらのファイルを削除しないように気をつけましょう。

僕はこれをやってしまい、Fusion Studioに映像が読み込まれずにエラーになってしまいました。

まとめ

  • ファイルにはそれぞれ役割がある
  • 目的によっては削除しても大丈夫
  • GoPro Fusionの場合は削除しないように注意

僕は最初にSDカードを見たときに「このファイルなんだろう?」と、不思議でどうしたらいいか分からなかったので、これらのファイルの扱いに困っている人は多いと思います。

実際にこうしたファイルが必要な人もいますが、必要のない人も多いので、そうした場合は削除して容量の節約をすることができます。

自分のデータの利用目的に合わせてファイルの取捨選択をして、より快適なGoProライフを送ってくださいね。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる