GoPro純正ジンバルのKarma Gripをレビューします

GoPro純正ジンバルのカルマグリップ

どうもGoPro大好きナシタカ(@ehicalog)です。

GoProで手ぶれのないキレイな動画を撮りたい。

そんな想いからついに欲しかったKarma Gripを購入しまして、使い倒してきた経験から早速レビューしていきます。

実際に使ってみて分かりましたが、GoPro使うならまさに絶対に買うべきアイテム

Karma Gripを購入して以来、僕のGoProライフは一変しました。もちろん良い意味で。

特に子どもの姿を手ぶれのない映像で残せるのは、もう最高以外の何ものでもありません。

僕にとってKarma Gripは、子どもの撮影をするなら欠かせない『神アクセサリー』となっています。

そんなKarma Gripの魅力を、実際に使ってみた感想と共にお伝えします!

結論:Karma Gripがあると撮影がとても快適に

まず結論として、Karma GripはGoProで快適に撮影できる最高のアイテムです。

良くないところももちろんありますが、それ以上にいいところが多く、普段の撮影が快適になるのはかなりありがたい。

僕は手ぶれ補正が進化したHERO7 Blackでも愛用しているので、ぜひセットでの購入をおすすめします。

Karma Gripとは?

Karma Gripとは、GoProで手ぶれのない映像を撮影することができる、純正のジンバル(スタビライザー)のこと

手ぶれを抑えることができて、滑らかな映像が簡単に撮影できるようになるのです。

GoProで使えるジンバルはいくつか出ていますが、GoPro公式から出されている純正のマウントになるので、その使いやすさは折り紙付きです。

Karma Grip購入の理由

僕がKarma Gripを購入した理由は、手ぶれのない映像を撮影したかったからです。

今までは手持ち撮影の時に、ベルボンウルトラスティックセルフィーを使っていました。

このベルボン自撮り棒自体はとても使いやすくて、僕もメインのマウントとして普段の撮影から旅行での撮影まで、まさにフル活用。

しかし、どうしても映像に手ぶれが入ってしまうことがネックだったんです。

HERO7 Blackになって電子式手ぶれ補正がさらに進化しましたが、電子式なので限界があります。

特に僕は子供の撮影がメインで早い動きについていこうとすると、必ず手ぶれが入ってしまっていました。

しょうがないとは思いつつも、映像を見返すとやはりブレが気になってしまう…。

だからこそKarma Gripに期待したのですが、その期待は間違っていませんでした

開封

まずは外箱から見ていきましょう。なかなか大きめな箱に入って来ました。
Karma Gripの箱

GoPro HERO6と比べてみるとこんな感じ。箱の大きさが良く分かりますね。
Karma Gripの箱とHERO6を比較

中身を出してみると、緩衝材に入れられたKarma Gripと付属品、そして説明書類が入っています。
セット内容と各種説明書

セット内容としては以下になっています。
Karma Gripのセット内容

Karma Gripのセット内容
  • Karma Grip
  • Karma スタビライザー
  • Karma ハーネス(HERO5 BLACK)
  • Karma マウントリング
  • USB-Cケーブル

専用ケースは別売りになっているので、合わせて購入するのをおすすめします。

Karma Gripレビュー

では早速Karma Gripについて見ていきましょう。

グリップの操作性

グリップをチェックすると、下部にGoProのロゴがあります。

グリップ下部のロゴ

その上にGoProやスタビライザーの動きを制御するボタンが配置されています。

グリップの操作ボタン

ボタンの役割は以下のようになっています。

  • 上部の録画ボタン:録画のオンオフをコントロール
  • 右部のハイライトボタン:動画撮影中にハイライトを挿入
  • 下部のチルトボタン:Karma Gripのチルト操作を行う
  • 左部の電源ボタン:Karma Gripの電源オンオフの操作を行う

GoProをセットして使う

ここからは実際にGoProをセットして使ってみます。

まずGoPro本体を装着するハーネスに、端子が付いているのが分かります。

こちらをGoPro本体に差し込むため、あらかじめGoPro本体のサイドドアを取り外しておきます
ハーネスの端子部分

このようにサイドドアは、フックする部分がはめ込むような形になっています。

なのでちょっと捻りながら外すようにすると、簡単に取れます。
GoPro本体のサイドドアを外したところ

サイドドアのフック部分

この状態でスタビライザーの端子に接続するように、GoPro本体をセットしていきます。
ハーネスにGoProを装着

思いのほか挿入が硬かったので壊れないかビビりつつも、確認しながら入れていきました。

そしてハーネスの部分を閉じると、これでGoPro本体のセットは完了。
ハーネス下部の接合部分

この状態でグリップの電源ボタンを押すと、Karma Gripが起動してスタビライザーが動き出します。

まずは外観を見てみましょう。

全体のカラーがブラックで、GoProともしっかりとマッチしていますね。
カルマグリップ外観上から

正面から見るとこんな感じで、チルトロックのおかげでしっかりと正面がキープされています。
カルマグリップ外観正面から

後ろから観ると本体のディスプレイが見えるので、どういった映像になっているかをチェックできます。

ただスタビライザーがディスプレイを隠すような配置になるので、見づらさは少しありますね。
カルマグリップ外観後ろから

Karma Gripのバッテリーは、グリップ部分にインジケーターがついていて、フル充電で4つのランプが点灯します。

カルマグリップバッテリーインジケーター

Karma Gripのアップデート

僕の場合はKarma Gripを使おうとすると、GoPro本体のディスプレイに「Karma Gripのアップデートが必要」との表示が出ました。

そのせいかグリップからの電源ボタンや録画ボタンに反応しなかったので、まずはKarma Gripのアップデートをしていきましょう。

Karma Gripをアップデートするためには、PCにインストールしたQuickアプリに接続する必要があります

僕の場合はこのQuickのダウンロードをしておらず時間がかかってしまったので、まだインストールしていない方は事前にインストールしておきましょう。

Quickのダウンロードが終わってしまえば後は簡単。

USB-Cケーブルで接続すれば、アップデート自体はすぐに終わります。

これでKarma Gripのボタンにも反応するようになりました。

チルトの操作について

僕はKarma Gripかジンバルデビューだったのですが、最初に分かりにくかったのが『チルト操作』。

チルト操作については大きく3つのモードがあります。

チルト操作の3つのモード
  • チルトロック
  • チルトロック解除
  • フォローモード

それぞれを見ていきましょう。

チルトロック

まず1つめが『チルトロック』。

Karma Gripを起動すると、最初はチルトロック状態になっています。

これはGoProのカメラが常に水平をキープしていて、常に正面を向いている状態。

なのでグリップを上や下に向けても傾くことはなく、常に正面だけを撮影するモードです。

どれだけ動いても常に正面をキープしてくれるので、激しく動きながらの撮影も全く問題ありません。

僕は子供を追いかけるために走りながら撮影することが多いですが、まったくブレること無く正面を撮影してくれました。

チルトロック解除

2つめが『チルトロック解除』。

チルトボタンを押し続けるとロック解除となり、上下の向きを調整することができます

ボタンを押し続けながらグリップを上に向けるとカメラも上向きに、グリップを下に向けるとカメラが下向きになります。

水平ではなく上下に向けて取りたい場合は、これでカメラの向きを変えます。そしてボタンを離すと、その向きのままチルトロック状態なります。

もう一度チルトボタンを押せば、また最初の正面を向く状態に簡単に戻すことができるので、調整はとても簡単です。

フォローモード

そして最後の3つめが『フォローモード』。

こちらはチルトボタンをダブルクリックすることで設定ができ、グリップの動きに合わせてカメラの向きが変わります。

簡単に言えば、ボタンを押し続けることなくチルトロックを解除している状態

なのでグリップの動きに合わせて、カメラの方向を自在に変えられるのが大きな特徴です。

チルトロック解除との大きな違いは、カメラが一定方向で固定されないこと。

チルトロック解除ではボタンを押している間だけカメラの方向が変わりますが、ボタンを離すとその方向で固定されてしまいます。

なのでカメラの向きを固定せずに、柔軟に撮影方向を変えたい時はこのフォローモードを使うのがベストですね。

チルトを活用できると撮影が快適になる

チルト調整について慣れが必要ですが、上手く活用できると思いのままのカメラ方向で撮影ができるようになります。

特に便利なのが、チルトロック解除からの手動固定ができること

チルトボタンを押し続けるとロックが解除されるので、この時に手動で調整することができます。

微妙な角度を撮影したいとかこの方向にしたいという時には、この状態で手で角度を調整することができて最高に便利。

ボタンを離せばその角度のまま固定できて、後は自動でその角度を維持してくれます。

これは実際に試していて発見しましたが、あまりの使いやすさに感動しました。

GoProとの抜群の連携が最高のメリット

まずKarma Gripを使ってみて感じることが、GoProとの連携が抜群なところ。

さすが純正品だけあるGoProとの連携機能で、僕が衝撃を受けた機能について紹介します。

手元で録画スタート

録画ボタンがグリップについているため、録画の開始と停止が簡単に行えるのが最高です。

これまでは本体の録画ボタンを押してからマウントで操作していましたが、Karma Gripであれば手元の録画ボタンで簡単に操作が可能。

これは実際に使ってみると、手間がめちゃくちゃ減るのでかなり便利です。

しかもクイックキャプチャー機能もそのまま使えるので、電源オフからそのまま録画を開始することができます。

ハイライトタグを簡単に入れられる

動画を使っていて地味に便利な機能なのが、ハイライトタグ機能。

撮影時にハイライトを付けておけば、後で動画のチェックをするときに、素早くお気に入りのシーンを探せます。

Karma Gripなら手元のハイライトボタンで、簡単に動画にハイライトタグをつけることができます。

これならハイライトタグを活用できそうだなと思うのですが、ただこの機能はGoProアプリやPCのQuickなど、純正編集ソフトを使う方だけが活用できる機能。

僕のようにAdobeのPremiereなどの、GoPro以外の編集ソフトを使う人は全く意味の無い機能になってしまうので、注意しましょう。

手ぶれのない滑らかな映像

とにかく撮影した動画の安定感が半端ない

ブレが全然なくカメラもヌルヌルとした動きの動画になっていて、見ていてめちゃくちゃ気持ち良い。

自分で実際に撮影すると、その感動が倍増します。

なぜもっと早くKarma Gripを使わなかったんだろうと後悔するレベル

自分で撮影した手ぶれのない動画を見るたびに、Karma Gripを購入して本当に良かったなと心から思います。

チルトで安定した撮影ができる

Karma Gripのチルトロックのお陰で、常に水平線をキープしたままの撮影を行うことができます

これは僕がベルボンの自撮り棒をメインに使っていたこともありますが、どんな体勢でも常に正面をキープできるのはめちゃくちゃ便利です。

ベルボン自撮り棒の場合はマウントの角度が固定されるため、持ち方や体勢によってカメラの向きが上下しやすい。

例えばベルボン自撮り棒のグリップを持って真っ直ぐに持っているつもりでも、ちょっとした動きで前後に傾くためアングルもその分ズレてしまいます。

結果として画角が動くため被写体を捉えられずに、手ぶれやアングルがズレてしまうことがあったのです。

しかしKarma Gripの場合は、グリップが傾こうが体勢が悪かろうがチルトロックで常に正面をキープしてくれるため、被写体を逃さずに撮影ができるのです。

実際に撮影したのがこちらの写真です。
グリップの角度が上向き

グリップの角度が少し上向き グリップの角度が水平

このように持ち手であるグリップがどの角度になっていても、本体のカメラ向きが一定にキープされているのが分かります

これがジンバルの効果なのですが、これによって持ち手の動きに影響されずに、被写体をしっかりと捉えたまま撮影を行えます。

この使い心地は今までのマウントでは味わえないもので、Karma Gripはさすがに凄いなと感動しました。

外部バッテリーの役割で長時間撮影も可能

Karma Gripは電動なので、Grip自体を充電する必要があります。

しかしそのおかげでKarma Gripが、外部バッテリーとしても機能してくれるのもメリット。

僕はHERO6で利用していますが、Karma Gripに接続すると充電されている状態になります。

そのため通常よりも、長時間の撮影ができてとても便利です。

モバイルバッテリーを利用する場合と比べると、Karma GripのハーネスでGoPro本体の端子部分が完全に覆われるのが特徴。

完全防御ではないですが端子が見えなくなる分、ホコリなどが入りにくいような構造になってくれます。

サイドドアのカバーを取り外すのは手間ですが、その分こうしたメリットもあるので、充電しながら使い続けられるのはとても嬉しいポイントです。

Karma Gripの良くないところ

これだけ使いやすいKarma Gripですが、もちろん良くないところがあります。

防水ではない

Karma Gripの弱点の1つが、『防水対応ではない』ことです。

防滴なので水の中はもちろん、雨の中で使うのも止めたほうがいいですね。

公式では雪でも使えると紹介されていますが、雪が降っている中だと雨とそんなに変わらないので気をつけたほうが良いですね。

『Karma Gripが防水対応になったら最強なのにな』といつも思っているので、密かにKarma Gripのアップデートを期待しています。

クイックキャプチャーは立ち上がりが遅い

Karma Gripを利用していてもクイックキャプチャーは使えると上でも紹介しましたが、立ち上がりがかなり遅いです。

電源が切れた状態で録画ボタンを押すとこのように動きます。

クイックキャプチャーの動作
  1. Karma Gripが起動
  2. GoProが起動
  3. GoPro本体に「USB接続済み」の表示
  4. クイックキャプチャー開始

こうした挙動のため録画開始まで6,7秒のタイムラグがあり、本体のクイックキャプチャーよりも時間がかかります

そのためクイックキャプチャーをよく使う僕にとっては、タイミングが遅くなるのでけっこうなストレスですね。

対策としては時間がかかる分、早めに撮影タイミングを予測して動くことぐらいしかありません。

やっぱり重たい

一番のネックは重さですね。

Karma Gripだけで重さが500gあり、GoPro本体と合わせると620gになります

片手で撮影していると長時間の撮影はけっこう疲れるので、慣れが必要と覚悟しておきましょう。

僕も購入前に重たくなるのは分かっていたつもりでしたが、実際に撮影してみるとやっぱり重たいなと。

それでも一眼レフにジンバルを組み合わせるよりははるかに軽くて扱いやすいので、この程度の重さでジンバルを使って撮影できるなら全然ありですよ。

チルトロックは慣れが必要

僕がKarma Gripを購入して戸惑ったのが、上でも紹介したチルトの調整でした。

説明書でもこのあたりの説明は載っていて「オブジェクトを追跡する」との文言がありますが、これは誤解です。

これは上で説明したフォローモードのことを言っていて、自動で追跡するような高度なものではありません。

この言葉の分かりにくさも使いにくさの原因の1つとなっていますね。

このチルトの操作は慣れがどうしても必要になるので、最初は使いにくかったです。

僕もジンバルを使うのが初めてだったので戸惑いましたが、慣れてくると自分に合った使い方ができるので、逆に撮影が非常に快適になりました。

Karma Gripのモーター音が気になる

もう1つ気になるのが、Karma Grip使用時の音。

普段はそこまで気になりませんが、Karma Gripなしと比べるとモーター駆動音が多少入っているような感じはあります

そのためクリアな音質を求めるのであれば厳しい印象です。

外部マイクは使えない

Karma Gripは下部にUSB-Cがついているので、ここから充電を行います。

そうすると試したくなるのが、『外部マイク』ですね。

Karma Gripの滑らかな動画に音声入力ができたら、まさに最強の撮影方法になりますからね。

僕も実際にやってみたくて調べたんですが、結論をいうと『外部マイクは使えません』

実際に試した方がいたのですが、認識されずにマイク入力には対応していないとのことでした。

残念ですがこの外部マイク対応も、アップデートで対応してくれないかなと密かに期待しています。

Karma Grip専用ケースは必須

ケース別売りで購入しましたが、持ち運びを考えるとやはりケースはあった方が安全です。

Karma Gripは精密機械ですし防水ではないので、できるだけトラブルから守りたい。

なのでKarma Gripを購入するときは、ケースも合わせて購入することをおすすめします。

僕はケースが付属していないタイプを選んだのには理由があり、Karma Gripをバックパックにつけて持ち運ぶことを前提としていたから。

それについてはこちらの記事で詳しく紹介しているので参考にしてください。

カルマグリップとキャプチャの組み合わせ

[e]Karma GripとGoProをリュックに固定!capturePOVとの組み合わせで撮影が快適になって最高だった!

2017/11/15

ただ常にcapturePOVで持ち運ぶのも辛く、リュックを降ろすと支えがなくなって不安定になってしまうんですよ。

ケースが到着して実際に使ってみましたが、やはり純正だけあって使い心地は最高。

Karma Gripケースについてはこちらの記事でまとめているのでぜひチェックしてください!

Karma Gripケースの外観

[e]Karma Gripケースレビュー!Karma Gripの持ち運びが快適になりました!

2018/03/08

最大の魅力は片手で扱えること

僕はKarma Gripの「片手で扱えること」に魅力を感じています。

片手で安定した映像を撮影できるので、子どもと一緒で荷物が多い中でも、片手さえあれば撮影できます。

特に走り回る子供を後ろから追いかけて撮影するときには、片手のおかげで地面スレスレにカメラを低空飛行させることも簡単。

片手で扱えるからこそ、動きながらもダイナミックな撮影ができるのが魅力です。

一眼レフのジンバルではここまで手軽な撮影は難しいので、それを考えると片手での撮影が簡単でしかも高画質な映像を残せるGoProとKarma Gripの組み合わせは凄いんだなと改めて感じました

僕は一眼レフでの撮影を行うので、両者を比べたときの最大の違いはここだと思っています。

こんなに気軽に4Kの映像が撮影できたり、スーパースローの映像が撮影できることは素晴らしいなと。

Karma Gripレビュー:まとめ

最初に僕がKarma Gripを購入したときの目的は、手ぶれのない映像を撮影したかっただけ。

しかし実際に使ってみるとブレのない映像だけでなく、GoProでの撮影自体がとても快適になったのです。

これは僕の予想以上で、純正ならではの連携がここまで便利なのかと衝撃を受けました。

グリップのボタンでGoPro本体の電源操作まで行えるので、今までの操作の手間がほとんどなくなります。

GoProの使いやすさが異次元レベル、それがKarma Grip。

おかげで子どもの姿をブレのない美しい映像で残せるようになって、しかもその撮影がとても快適にできるなんでまさに夢のよう。

Karma Gripは子どもの撮影には絶対に欠かせない、おすすめのアイテムなのでぜひ試してみてくださいね!

Karma Gripまとめ

[e]GoProのおすすめジンバル「Karma Grip」まとめ!純正ならではの連携が最高に使いやすいです!

2018/06/02

この記事も読まれています

ABOUTこの記事をかいた人

GoProが大好きでHEOR5 Blackから子どもの撮影に活用しています。撮影した動画の編集も大好きで家族の思い出ムービーをたくさん作っているので動画編集についても紹介していきます。