[e]Karma GripとGoProをリュックに固定!capturePOVとの組み合わせで撮影が快適になって最高だった!

カルマグリップとキャプチャの組み合わせ

この記事をかいた人

本業は整体師。大好きなGoProを始めとしたアクションカメラや動画編集、子育てなど、僕自身が体験した情報を発信しています!

どうもGoPro大好きナシタカ(@ehicalog)です。

以前から思い描いていたGoProでハンズフリー撮影。前回の記事で紹介したcapturePOVのお陰でその理想が実現して、今では僕のGoPro撮影環境がかなり快適になりました。

capturePOVと最強コンビを組んだのがGoPro純正ジンバルであるKarma Grip。この2つの組み合わせは僕のGoProライフを一変させるほどに快適な撮影環境を実現してくれたのです

この快適さを知らないのは本当に損。僕がこの2つの組み合わせの魅力を全力で語ります!

スポンサーリンク

今回組み合わせたマウント

カルマグリップとキャプチャ本体

今回組み合わせたのがこちらの2つのマウント「Karma Grip」と「capturePOV」。まずはそれぞれについて紹介します。

Karma Grip

まずはKarma Grip。これは僕がGoPro撮影にメインで活用している純正のジンバル。

ブレのない映像を撮れるだけでなく純正品ならではのGoProとの連携がとても便利なのがお気に入りポイントです。使い勝手抜群で一度使えば手放せなく便利さが最高な一品。

[e]GoPro純正ジンバル(スタビライザー)のKarma Gripは必須アイテム!使い方からその特徴まで詳しく解説!!

2017.11.04

[e]GoPro純正ジンバル(スタビライザー)のKarma Gripを使い始めてから撮影がもっと楽しくなった!その理由を紹介します!

2017.11.06

Peak design capturePOVキット

今回の記事のキーアイテム。Karma Gripを好きなバックパックに取り付けることができる便利マウントです。僕が探し求めていただけあってその使い心地は最高です!

[e]GoProをリュックに固定!Peak designのcapture POVキットがめちゃくちゃ便利だった!

2017.11.13

バックパックに装着

まずはバックパックのストラップにキャプチャーを装着します。僕が愛用しているバックパックがCode10という防水機能のついたもの。こちらのストラップに装着するとこんな感じです。

バックパックのストラップにキャプチャを取り付け バックパックのストラップにキャプチャを取り付けた様子を引きで撮影

バックパックであるCode10はこちら。

ちょうどストラップのあたりに良い取り付け位置があったのでそこにキャプチャ本体を取り付けています。ネジを締めることでしっかりと固定されているので動く心配はありません。

そして今度はKarma Gripのマウンティングリングにクイックリリースプレートをマウント。プレート自体はサイズもコンパクトなのでそこまで邪魔にはなりませんが、位置関係でプレートがグリップの操作ボタンに若干被るので最初はボタンが押しづらいかなといった感じ。慣れてしまえばそれほど邪魔ではありません。

カルマグリップとクイックリリースプレートの位置関係

このクイックリリースプレートを装着したKarma Gripをストラップのキャプチャーにセットします。上からスライドするようにしてはめ込めばしっかりと固定されます。

キャプチャ本体にカルマグリップを装着

こうしてみるとグリップが長いので邪魔になっているような感じがしますが、そんなことはありません。むしろこのグリップが良い感じに安定感を出してくれています。

便利なのが走ったりなど激しい動きの時で揺れが気になる場合はこのグリップをストラップと一緒にホールドすることでより撮影の安定感が出ます。

バックパックのストラップとグリップを一緒に把持

なのでこのグリップの長さはデメリットではなく、メリットとして活用できるのが大きなポイント。必要に応じて安定性を引き出すことができるのは使い勝手が良いです。

では次にこの撮影スタイルのメリットについて紹介していきます。

快適なハンズフリー撮影

快適なハンズフリー撮影

まず今回の組み合わせで素晴らしいのが固定の安定感

キャプチャー本体がしっかりとリュックに固定されているので落ちるのではないかという心配が全くありません。

実際にGoProとKarma Gripの組み合わせでなかなかの重さになっていますがそれも問題なく、クイックリリースプレートをはめ込めばしっかりと安定してくれます。

本体自体のバランスについてもグリップを含めたある程度の重さがスタビライザーとして機能しているかのように非常に安定してバランスを維持してくれます。

そのため手を離しての撮影を安心して行えるので、ハンズフリーでの撮影が快適に行えるのが最高。これほど安定した状態でのハンズフリー撮影が行えるのは予想以上でした。

ちなみにKarma GripがGoProを充電してくれるのでバッテリーの心配もありません

また撮影中は給電状態となりバッテリーを減らすことなく撮影が可能なので長時間の撮影を行うことができるのも大きなポイント。こうしたバッテリーの心配をすること無く撮影に挑めるのでより撮影が快適になります。

ブレのない主観視点撮影ができる

さらにジンバルであるKarma Gripのお陰でハンズフリーに関わらず滑らかな映像を撮影することができます

今回はキャプチャーにKarma Gripを組み合わせているので、ジンバルの手ぶれ補正が強力に効いて映像のブレは全く気になりません

体に近い部分に固定しているとどうしても体の動きによって映像にブレが出てしまい安定感のある映像を撮ることができなくなりますが、それにも関わらずこの安定感は驚き。

この安定感のお陰で主観視点に近い映像をブレも無く撮ることができるのは最高。自分の手の動きが画角に入ることでより自分の見ていた感覚に近い映像になるので、単純にとても面白い映像になります。

またKarma Gripのチルトを調整することでさらに狙った画角での撮影も可能

チルトロック状態であれば常に真正面を撮影するので必要に応じてチルトボタンを押しながら手で微調整をしてから離せば、好きな方向にチルトロックさせた状態で撮影することもできます。

GoProのチルト調整

写真ではチルトロック解除ボタンを押しながら手動でカメラを下方向に向けています。こうすれば正面だけでなく下方向への画角をKarma Gripが維持してくれるのでブレのない映像が撮影できます。

手持ち撮影との切替がスムーズ

さらに使いやすいのがここから手持ち撮影への切替がスムーズにできること

クイックリリースプレートはすぐに外すことができるので、手持ちで撮影したいときはすぐに切り替えられるので子供の撮影の時には重宝しています。

キャプチャ本体の赤いロックボタンを押し込みながらKarma Gripを上方向にスライドさせればすぐに手持ち撮影へとチェンジ。しっかりと固定されていてもこのロック解除からの切り替えはとてもスムーズにできるのでかなり便利です。

そして撮影をしないときはそのまま装着しているだけで邪魔にならないので収納としても大活躍

撮影を始めたいときもそのまま録画ボタンを押すだけでいいので使い勝手が抜群です。使わない時は手に持っていると邪魔なのでバックに入れたくなりますが、キャプチャ本体があればそこに装着しておけばいいだけなのでとても簡単。

まとめ:僕のGoProライフを進化させてくれた最高コンビ

カルマグリップとキャプチャ本体を並べて撮影

今回のPeak designのcapturePOVとKarma Gripの組み合わせは僕のGoProライフをさらに進化させてくれました

今までは手持ちでの撮影がメインでしたがこれからはバックパックに装着したKarma Gripでブレのない映像を撮れるようになり、また手持ちでの撮影にもスムーズに切り替えられる。まさに理想に近い撮影環境を構築できています。

この固定と手持ちの二刀流の撮影スタイルを良いとこ取りできるのが最高。GoProを持っての外出にはほとんどこの装備で事足りてしまいます。この組み合わせを実現することができて本当に良かったなと心から思います。

GoProでKarma Gripを使っている方はぜひcapturePOVとの組み合わせを試してみてください!使い勝手の良さにドハマリしますよ!

[e]Karma Gripまとめ!GoProに欠かせない純正ジンバル(スタビライザー)の魅力を紹介します!

2018.06.02

スポンサーリンク

スポンサーリンク