MENU
カテゴリー
ナシタカ
GoProブロガー
GoPro大好きな子育てパパ。日々の撮影&動画編集で家族の思い出を残すのがライフワーク。

【GoProを三脚に取り付ける方法】クイックリリースやねじ穴などを徹底解説!

ナシタカのアイコン画像ナシタカ

GoPrを三脚に取り付ける方法についてまとめています。またクイックリリースからネジ穴式など様々な装着方法とその特徴、注意点についてまとめているのでマウントについて知りたい方におすすめです!

どうも、GoPro大好きナシタカです。

この記事ではGoProを三脚に取り付ける方法と、そのために必要なアイテムについて紹介しています。

「アクセサリーを制するものはGoProを制す」という言葉があってもおかしくないと思うくらい、GoProにはアクセサリーが大切だなと感じてしまいます。

ただアクセサリーの取り付け方法にはいくつか種類があって、GoProの使い始めの頃は分かりにくいんですよね。

僕も最初はこのあたりを漠然としか理解していなかったのですが、使い続ける内に自分なりのアクセサリー装着への考え方ができたので、そのあたりをまとめていきます。

目次

GoProを三脚に取り付ける方法

三脚はネジを利用するタイプが多いので、GoProをそのまま取り付けることはできず、ネジ穴に対応したアダプターが必要になります。

こちらがクイックリリースに対応したマウントアダプター。他のアクセサリーとの切り替えがしやすいのが便利。

ネジ穴アダプター

そしてこちらがフレームで直接取り付けることができるタイプ。

ネジ穴式のタイプ

僕はネジ式の三脚ではゴリラポッドを使っており、実際に取り付けたのがこちら。

ゴリラポッドに装着

こうしたアダプターがあれば、GoProを簡単に三脚に取り付けられるので、一緒に買っておくと便利です。

GoProにアクセサリーを装着する方法

GoProにアクセサリーを装着する方法としてはいくつか種類があるので、それぞれについて紹介していきます。

各項目へジャンプ

クイックリリース

クイックリリース

GoProと言えばまさにこれですね。素早く装着して素早く外せる、便利なアクセサリー装着方法になります。

本体側にこのクイックリリースを装着。

本体側クイックリリース

これをクイックリリースプレートにスライドして装着します。

クイックリリースを装着

クイックリリースプレートで統一しておけばマウントの付け替えがとてもスピーディーに行えるので、GoProの撮影で複数のマウント駆使する場合は使い勝手がかなり良くなります。

特に最近ではザ・ハンドラーのver.2のようにクイックリリースで装着するのを前提にしたマウントも登場しているので、クイックリリースでの統一がよりしやすくなっています。

HERO8ではクリップマウントもクイックリリースでの装着になっていますね。

GoProマグネット付きスイベルクリップのセット内容

▼GoProマグネット付きスイベルクリップマウントレビューはこちら

あわせて読みたい
【GoProマグネット付きスイベルクリップレビュー】磁力で取り付け&クリップでウェアラブル撮影がで...
【GoProマグネット付きスイベルクリップレビュー】磁力で取り付け&クリップでウェアラブル撮影がで...どうも、GoPro大好きナシタカです。GoProはコンパクトなので、体に取り付けて撮影するウェアラブルカメラとしてピッタリ。僕もよくリュックのストラップに取り付けて撮...

ネジ穴

最初に説明したように、ネジ穴式三脚を利用するときに使います。

ネジ穴を利用するには別売りのこちらのアダプターを購入する必要があります。

こちらがクイックリリースの裏面がネジ穴式のタイプ。

ネジ穴アダプター

そしてこちらがマウントフィンガー対応のネジ穴アダプターです。

ネジ穴式のタイプ

こちらは大きさもシンプルで取り付けたときに目立たないのが気に入っています。

ネジ穴アダプター

ネジ穴式はベルボンウルトラスティックセルフィーJOBYゴリラポッドをGoProと組み合わせるときに使うので、必須アイテムと言えます。

▼ベルボンウルトラスティックセルフィーレビューはこちら

▼JOBYゴリラポッドレビューはこちら

GoProのアクセサリー装着方法を比較

4つの方法のメリットとデメリットをまとめてみました。

装着方法 メリット デメリット アクセサリー例
クイックリリース 取り外しが簡単にできる
複数アクセサリーとの交換がスムーズ
クイックリリースに対応していないものがある マグネット付きスイベルクリップ
エルグランデ
ザ・ハンドラー(Ver.2)
接着タイプ どこにでも付けられる
剥がれる心配がない
剥がすのが大変 付属の粘着マウント
STICK iT
ネジ穴 付け外ししやすい
サードパーティ製のアクセサリーが使える
別売のアダプターが必要 ベルボンウルトラスティックセルフィー
JOBYゴリラポッド
RAMマウン 組み合わせが自由自在
固定の仕方をアレンジできる
パーツを複数購入しないといけない
組み合わせると重みがある
RAMマウント

GoProのアクセサリー装着方法まとめ

色々なマウント方法がありますが、それぞれに必要なアイテムや注意点があるのでそれらをしっかりと把握しておくことが大切です。

特にネジ式の場合はそのままでは使えないので、変換アダプターが必要になるのは覚えて欲しいところ。

どれが優れているとかではなくそれぞれにメリットとデメリットがあるので、自分に合った組み合わせを見つけることが大切ですね。

この自分なりの使い方を見つける試行錯誤が楽しいので、皆さんも楽しみつつベストなマウント方法を見つけてみてください!

あわせて読みたい
【GoProマグネット付きスイベルクリップレビュー】磁力で取り付け&クリップでウェアラブル撮影がで...
【GoProマグネット付きスイベルクリップレビュー】磁力で取り付け&クリップでウェアラブル撮影がで...どうも、GoPro大好きナシタカです。GoProはコンパクトなので、体に取り付けて撮影するウェアラブルカメラとしてピッタリ。僕もよくリュックのストラップに取り付けて撮...

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる