[e]GoProネックマウントをレビュー!首から下げる使い方がとても快適です!

ネックマウント

どうもGoPro大好きナシタカ(@ehicalog)です。

この記事ではGoProネックマウントについて紹介しています。

首にかけて撮影ができるネックマウントは実際に使ってみるとメリットが多く、とても使いやすいアクセサリーだなと感じました。

ただ使ってみるまでは「首にかけるだけならいらなくない?」とか「バイトマウントで十分でしょ」とか思っていましたからね。

そこで実際にネックマウントを使ってみた僕がメリットや使い心地をまとめていきます。

「ネックマウント気になるけどどうなの?」といった人の参考になれば嬉しいです!

GoProネックマウント

GoProネックマウント

ネックマウントはGoProを首にかけて撮影できるウェアラブル撮影用アクセサリーです。

大きさはGoPro HERO7 Blackと比べるとこのような感じ。

ネックマウントとGoProの大きさ比較

取り付けもシンプルでGoProを逆さまにしてこのようにネジで止めるだけ。

ネックマウントにGoPro HERO7 Blackを取り付け

そしてネックストラップ部分を開いて、首にかけるだけで装着完了です。

ネックマウントのストラップ部分

このように気軽に着脱できるのが使いやすいポイントですね。

僕は楽天で購入しましたが値段も安くてとても使いやすいおすすめアクセサリーです。

ネックマウントのメリット:首から下げるだけ

GoProネックマウント

ネックマウントが使いやすい理由がこの『首にかけるだけという気軽さ』です。

他のアクセサリーだとリュックのストラップなどに取り付けるタイプがほとんどで、そうすると荷物が自然と増えてしまいます。

またウェアラブル撮影のアクセサリーだとチェストハーネスやバイトマウント、ヘッドストラップのように取り付けると目立つものばかりなので、見た目が気になって撮影しにくいものも多いんですよね。

それがこのネックマウントであれば首にかけるだけなので他のアクセサリーに比べて気軽に撮影できますし、なにより目立ちにくいのが嬉しい

GoProネックマウント

GoProの色味に合わせて黒い服装だったらなかなか気付かれませんよ。

ネックマウントは「ウェアラブル撮影がしたい!でも目立つのは嫌だ!」というシチュエーションで活躍してくれること間違いなしです。

ネックマウントのメリット:ハンズフリー撮影が快適

GoProネックマウントを装着したところ

ネックマウントの素晴らしいところが『ハンズフリー撮影が快適』なこと。

首にかけられるので両手をフリーにできるので、長時間の撮影でも疲れにくいです。

しかも着脱が簡単にできるので「撮影したいな」と思ったらすぐに首にかけられますし、外すのもとても簡単で使いやすい。

首にかけるだけでこれだけ楽に撮影できるのには驚きましたね。

僕はバイクに乗りながら撮影していましたが、これもハンズフリーで撮影できるネックマウントだからこそできる撮影方法です。

GoProネックマウントを首にかけたところ

ちょうど胸のあたりにくるので音声がキレイに入りやすいのも特徴ですね。

VLOGとして使いたい人はネックマウントを使うと音声が使いやすのでおすすめですよ。

ちなみにGoProの取り付け角度には注意が必要で、洋服の厚みによって微調整が大切

僕は最初ネックマウントに対してまっすぐ取り付けて撮影したところ、下の映像のようにアングルが上を向いてしまってうまく撮影できていませんでした。

なのでGoProの角度を写真のように変えてみたところ、しっかりと前方のアングルを撮影できています。

GoProネックマウントの角度調節

何度か使ってるとどんな感じのアングルになるかは掴めますが、最初は試しに撮影したりスマホと接続してアングルをチェックするのがおすすめですよ。

ネックマウントのメリット:手振れが抑えられる

GoProネックマウント

さらにネックマウントの素晴らしいところが『手振れが抑えられる』こと。

首にかけることで首元にカメラがくるので、手持ちに比べてブレを抑えやすいのです。

そのため手振れの少ない映像を撮影できるので、ネックマウントならではのメリットとなっています。

GoProの手振れ補正と組み合わせればかなり安定した映像が撮影できるので、とても撮影しやすいマウントです。

ネックマウントのデメリット:取り付けがめんどう

GoProネックマウントのネジ部分

ネックマウントを使っていて思ったのが、取り付けが少しめんどうなこと。

このネジとボルトを組み合わせて締めていくのですが、GoProをマウントしてから締めるのがやりにくいんですよ。

GoProネックマウントのネジ部分

スペースが狭いのでネジを回すのがやりづらく、端のボルトも外れやすくて何度も落としそうになります。

慣れれば全然苦にならないんですが、他のマウントに比べてつけにくさがあるので最初はイライラしましたね。

ネックマウントのデメリット:アングルが固定される

GoProネックマウント

ネックマウントは首にかけることで首元でGoPro撮影ができます。

代わりに首元でGoProがほぼ固定されるので、正面の映像しか撮影できません。

手持ちのように左右の景色を簡単に撮影できず、撮影したいときにはその方向に体を向けなければいけません。

逆に言えば必ず真正面のアングルを撮影しているので、真正面のアングルだけしっかり撮影したいときにはおすすめのアクセサリーですね。

ネックマウントのデメリット:持ち運びがしにくい

GoProネックマウント

僕はネックマウントを常に使っているわけではなく、状況に合わせて撮影しています。

なので基本的には持ち運んで使いたいときにGoProを装着しますが、ネックマウントは持ち運びがしにくいですね。

首にかけるために大きさがけっこうあって、これをカバンにしまっておくのが大変。

僕はポーチに入れて他のアクセサリーと一緒にしてありますが、それでも首にかける部分が折れたりとか曲がったりしないか心配です。

GoProネックマウント

今のところはそういったトラブルは起きていませんが、カバンの中でもスペースをとってしまうので取り扱いには注意ですね。

ネックマウントとHERO7 Blackを組み合わせて撮影

実際にGoPro HERO7 Blackと組み合わせて、下の3つでそれぞれ撮影してみました。

  • ハイパースムースビデオ
  • スーパースローモーション
  • タイムワープビデオ

ハイパースムースビデオ

まずはバイクに乗りながら撮影した映像になります。ハイパースムースビデオのおかげで手振れのない滑らかな映像になっていますね。

ネックマウントを使うとこのように自分の手がしっかりと映像に入るので、POVのような自分視点での映像になるのがおもしろいですね。

あたかも自分が運転しているような感覚になれるので、あとから見ても楽しいです。

スーパースローモーション

今後はバイクに乗りながら撮影した1080p240FPSの映像を12.5%スローにして、スーパースローモーションにしてみました。

バイクのスピード感からここまでスローにできるのは単純に楽しいですね。

1080p240FPSはハイパースムースビデオに対応していないので手振れが目立ってしまうんですが、実際撮影してみるとあまり気にならないですしスローにしてしまえば全く問題ないです。

タイムワープビデオ

今度はバイクに乗りながらタイムワープビデオを撮影してみました。

タイムワープビデオも手振れは気にならないですし、ネックマウントのおかげで気軽に撮影できるのは最高です。

特に長時間乗ると自然に撮影ができるので、ネックマウントとバイクの組み合わせは相性抜群に感じます。

ネックマウントレビュー:まとめ

ポイントまとめ
  • ハンズフリー撮影が快適
  • 手振れが抑えられる
  • 撮影のときは角度調節に注意
  • 取り付けが少しめんどう
  • アングルが固定される
  • 持ち運びがしにくい

ここまでネックマウントについてまとめてきましたが、こうして書いてみるとデメリットが多くなってしまってますね。

ただ撮影に関しては使いやすさを実感できる素晴らしいアクセサリーで、特にウェアラブル撮影が快適に撮影できるのは最高です。

また首にかけて気軽に使えるので僕は散歩でも使っていて子どもと一緒でも気軽に撮影できますし、なにげない日常を撮影するのにもピッタリだなと思ってます。

他のマウントに比べても首元で目立ちにくいですし、より気軽にウェアラブル撮影ができるのは本当に便利です。

これからもネックマウントを活用していろいろと撮影しますので、ぜひ使ってみてくださいね!

HERO6とHERO5 BLACKにおすすめのマウントまとめ

今までに使ったGoProのアクセサリーを紹介!必須のアクセサリーからおもしろアクセサリー、シーン別のおすすめまでまとめていきます

2019/03/01

この記事も読まれています

ABOUTこの記事をかいた人

GoProが大好きでHEOR5 Blackから子どもの撮影に活用しています。撮影した動画の編集も大好きで家族の思い出ムービーをたくさん作っているので動画編集についても紹介していきます。