ディズニーでGoProを使うときの注意点まとめ

ディズニランドホテルをGoProで撮影

どうもGoPro大好きナシタカ(@ehicalog)です。

家族でディズニーランドに行くのが楽しみの1つですが、もちろん相棒のGoProも一緒です。

よくディズニーではGoProを使えるか聞かれますが、もちろん問題なく使えます。

ただ持っていくアクセサリーには注意が必要で、そこだけ気をつければ中での撮影はいたるところで可能。

というわけで、この記事ではディズニーでGoProを使うときの注意点やポイントについて紹介していきます。

GoProはディズニーで使えます

ディズニランドホテルをGoProで撮影

ディズニーでGoProは使えますし、撮影も全く問題ありません

アトラクションもフラッシュを使わなければ撮影できるところが多いので、フラッシュのないGoProなら気にせず撮影ができます。

むしろコンパクトボディで持ち運びも簡単なので、ぜひディズニーでの撮影におすすめします。

自撮り棒は伸ばして使うのはダメ

GoProの自撮り棒を伸ばすのはダメ

ただ1つ注意が必要なのが、GoProの自撮り棒を伸ばして使うことです。

正確な理由はわかりませんが、例えばショーを人混みの上から撮影すると後ろの人のジャマになってしまったり、他の人にぶつかるリスクもあるからでは?と思います。

僕も実際にディズニーシーでキャラバンカルーセルに乗ったときに、自撮り棒を伸ばしていたら注意されてしまいました…。

まだ動く前だったので家族みんなで写真を撮ろうとしたところでしたが、キャストの方に迷惑をかけてしまって申し訳ないです。

ただ自撮り棒も伸ばさずに使えば、注意されることはありません。

注意されたあとはちゃんと戻してそのまま短いままで使っていて、キャラバンカルーセルが動き始めた後も撮影していましたが問題なし。

また別の機会にディズニーランドに行った時は、僕は純正3-Wayに取り付けて折りたたんでハンドグリップとして使っていましたが、注意されることはありませんでした。

GoPro純正3-Wayをカメラグリップ

ベルボンウルトラセルフィースティックを使っても注意されなかったので、このくらいの長さであれば問題ないようです。

ベルボン自撮り棒にGoPro HERO5を装着

ディズニーでGoPro使うならスリーブ+ランヤードがおすすめ

首にかけて両手がフリー

それでもまだ自撮り棒を使うのが心配だという人は、いっそ自撮り棒をやめて他のアクセサリーを使いましょう。

僕がおすすめしたいのが、『スリーブ+ランヤード』というアクセサリー。

ランヤードで首にかけたり、手に巻きつけて持つことができるので、持ち運びがしやすくてディズニーにおすすめです。

HERO7 Blackの手ぶれ補正と合わせれば、手持ち撮影でもブレることがないので安心です。

スリーブ+ランヤードについて詳しくは、こちらのレビュー記事をどうぞ。

GoProスリーブ+ランヤードを身に着けた写真

GoProスリーブ+ランヤードをレビュー!オシャレに持ち運べるだけでなく使い勝手も良くておすすめ

2019/02/26

GoProで撮影できたアトラクション

家族で行ったので、もちろんアトラクションも子ども優先です。

その中で一緒に乗りながら撮影できたアトラクションがこちらの2つ。

撮影したアトラクション
  • イッツ・ア・スモールワールド
  • アリスのティーパーティー

僕はGoPro Fusionで撮影しましたが、おもしろい映像が撮れて最高でした。

特にイッツ・ア・スモールワールドは、中の様子が360°だとよく伝わってくるので、子どもも大喜びしています。

ディズニーとGoPro:まとめ

ポイントまとめ
  • GoProはディズニーでも問題なく使える
  • 自撮り棒は伸ばさなければ大丈夫
  • スリーブ+ランヤードもおすすめ

この記事ではディズニーでGoProを使うときの注意点についてまとめてきました。

紹介した注意点やポイントを押さえてもらえれば、ディズニーでのGoPro撮影は問題ありません。

むしろコンパクトボディで持ち運びが便利なGoProは、ディズニーでの撮影に使いやすい最高のカメラです。

ぜひGoProを活用してもらって、夢の国での最高の思い出を残してください。

シルエットスタジオで作った切り絵

シルエットスタジオで家族の思い出を切り絵で残す

2019/06/19

この記事も読まれています

ABOUTこの記事をかいた人

GoProが大好きでHEOR5 Blackから子どもの撮影に活用しています。撮影した動画の編集も大好きで家族の思い出ムービーをたくさん作っているので動画編集についても紹介していきます。