MENU
カテゴリー
ナシタカ
GoProブロガー
GoPro大好きな子育てパパ。日々の撮影&動画編集で家族の思い出を残すのがライフワーク。
\ 最大15%ポイントアップ! /

GoProのバッテリーカバーの開け方とバッテリー交換|各モデルごとにまとめました

この記事ではリンクに広告が含まれています。

どうも、GoPro大好きナシタカです。

GoProを充電する時はバッテリーカバーを開けますが、各モデルで開け方が変わっています。

この記事では各モデルごとに充電時の開け方をまとめました。

目次

GoPro HERO10/HERO9/HERO8の充電の開け方

GoPro本体の右側面下のツメの部分を下に押し下げます。すると赤いラインが見え、これでロックが外れた状態に。

GoPro HERO8のカバーの開け方

これでカバーが開くので、上側を支点に持ち上げるように開けましょう。

HERO9 Blackのバッテリー

ここからバッテリーを取り出したり、USB-Cポートにケーブルを差し込んで充電できます。

GoPro HERO7/HERO6/HERO5の充電の開け方

GoPro本体の左側面の下にカバーがあり、ここのボタンを押しながら上に広げます。

HERO7 BlackとHERO6 Blackを並べて撮影
左がHERO6、右がHERO7

するとケーブル接続用のポートが出てくるので、ここにUSB-Cケーブルを接続しましょう。

GoPro本体のサイドドアを外したところ

ちなみにサイドカバーは捻るようにすると外せますが、無くさないように注意しましょう。

サイドドアのカバーを外したところ

GoProメディアモジュラーでのカバーの開け方

HERO9以降用のメディアモジュラーでは、背面のカバーを開いて真ん中の端子に繋ぐだけでOK。

GoPro HERO9用メディアモジュラー裏側の外部接続ポート

HERO8用はカバーがないので、そのまま端子に接続するだけです。

GoProメディアモジュールのポートを近くで

GoProにはバッテリーが取り出せないモデルがある

GoProにはバッテリーが取り出せないモデルがいくつかあります。

バッテリー交換ができる
バッテリー交換ができない
  • HERO11 BLACK
  • HERO10 BLACK
  • HERO9 BLACK
  • HERO8 BLACK
  • MAX
  • HERO7 BLACK
  • HERO6 BLACK
  • HERO5 BLACK
  • Fusion
  • HERO11 BLACK Mini
  • HERO7 Silver
  • HERO7 White
  • HERO5 Session
  • HERO(2018)

バッテリー交換ができないモデルは、本体に内蔵されているためUSB-Cケーブルで充電するしかありません。

使い続けているとバッテリー自体の持ちが悪くなるため、いずれは買い替えなどが必要になります。

GoProのサブスクに登録済みならカメラの交換もできますが、所定の手数料がかかります。

モデル名手数料
HERO11 BLACK Mini
HERO7 Silver39ドル
HERO7 White29ドル
HERO5 Session69ドル
HERO(2018)39ドル
GoProサブスクリプションのカメラの交換補償に関するよくある質問

バッテリー交換ができるモデルを選ぶと、バッテリー寿命に関係なく長く愛用できるというわけです。

GoProのバッテリーカバーの開け方とバッテリー交換まとめ

HERO7以前はカバーが開けやすかったんですが、HERO8以降はツメが少し硬くなり若干開けにくくなっています。

ただバッテリーとポートが統一されてアクセスしやすくなったので、ここは使いやすくなってありがたい。

カバーは取り外しができますが、無くさないようにしっかりと管理しましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次