[e]GoProの正しい充電の仕方!充電時間やおすすめの充電器についても紹介します!

ゴープロの充電方法

どうもGoPro大好きナシタカ(@ehicalog)です。

この記事ではGoProの充電に関して、みなさんの疑問にお答えしつつまとめていきます。

GoProは充電に関する純正品もけっこう出ていますが、値段が高いものもあったりして、できればサードパーティ製のバッテリーアイテムを使いたいと思っている人も多いと思います。

しかし使っているGoProモデルによっては、そうしたサードパーティ製のバッテリーアイテムを利用することで、バッテリー自体を劣化させることに繋がるリスクがあるのです。

今回はそうしたGoProの充電に関わる正しい知識と方法、そして実際には僕が使っているおすすめのバッテリーアイテムについて紹介します

この記事を読んで、ぜひGoProの充電に関する正しい知識を身に付けてください!

スポンサーリンク

GoProの正しい充電の仕方

まずはGoProの充電に関する正しい知識を知ることが大切です。

GoProの充電でポイントになるのが充電器の出力。ここの数値が誤解を生んでいる原因になっているので詳しく紹介していきます。

旧式モデルは5V1Aの出力で充電する

GoProの充電に関して1番多い誤解が出力に関する数値です。

それは「GoProの充電は5V1Aの電源を利用しないといけない」ということ。

GoPro公式ページにはこのように書かれています。

これはある意味正しくて、この数値が適用されるのはHERO5シリーズ以前のGoProモデルになります。以下に該当モデルを載せておきます。

5V1A対象の旧モデル一覧
  • HERO4
  • HERO Session + HERO4 Session
  • HERO+ LCD
  • HERO+
  • HERO
  • HERO3+
  • HERO3
  • HD HERO2
  • HD HEROオリジナル

つまり上のリストに載っている旧式モデルを使っている場合は5V1Aの電源を利用しなければいけません

5V2Aでも一応は充電できるのですが、バッテリーの劣化が早まるリスクが高いので止めた方が良いでしょう。

となると問題は5V1Aの出力電源をどう確保するかですね。

ちなみにモバイルバッテリーに複数のポートがある場合は5V1Aのポートが備わっている場合もあります。

実際に僕が利用してるAnkerのモバイルバッテリーはApple用とAndroid用の2つのポートがありますが、その内のAndroid用は5V1Aのポートとなっていました。

もしお手持ちのモバイルバッテリーにポートがなければ5V1Aのモバイルバッテリーを購入するのがおすすめ。

純正品だとポータブルパワーパックがあります。

旧式モデルをお使いの場合は純正品を使うのが1番安心かと思うので、僕はこちらをおすすめします。

HERO5シリーズ以降は5V2Aの電源で充電できる

一方でHERO5シリーズ以降のモデルは上で紹介した公式ページの括弧内に書かれているように、5V2Aの電源が推奨されています。Fusionは5V3Aでも問題なし。

具体的にはこちらのモデルです。

5V2A対応のモデル一覧
  • HERO6 BLACK
  • HERO5 BLACK
  • HERO5 Session
  • Fusion
  • HERO(2018)

これらのモデルをお使いの方は5V2Aの電圧で充電ができるので、モバイルバッテリーなどでの充電は問題ありません

特に電源に関しては気にする必要はないので、好きな充電器を選んで大丈夫です。

GoProのバッテリーは純正品がおすすめ

僕はGoProのバッテリーは必ず純正品を利用しています

その理由はサードパーティ製のバッテリーでは、今後使えなくなってしまう恐れがあるためです。

GoProはソフトウェアアップデートをして、本体の性能を高める努力をし続けてくれています。

しかしそのアップデートの影響で、サードパーティ製のバッテリーが認識しなくなり、使えなくなってしまうことがあるのです。

僕は最初から純正のバッテリーを使っていましたが、それを聞いてからは今後純正品以外は使わないことを固く決意しました。

そんな認識しなくなるようなバッテリーが、本体に悪影響を残さないとは限りませんからね。

それだったらしっかりとバッテリーに投資をして、純正品をずっと使い続けたほうが安心です。

GoProの充電時間について

充電時間としては上で紹介した公式ページにもありますが、以下のようになっています。

充電方法充電時間
パソコンポート最大4時間
USB充電器最大2時間

最大値なので長い印象を受けますが、実際の体感的には長くても1時間半ぐらいかなという感じ

僕はAnkerの急速充電器を利用することが多いので、時間はもっと短い印象があります。Fusionだけはバッテリー容量も大きいので急速充電で2時間が妥当な感じがします。

その他の充電に関する注意事項

その他の充電に関する注意点としては以下のようになっています。パソコンを利用しての充電に関わることが多いです。

充電の注意点
  • デスクトップやタワー型のPCの場合は裏側にあるポートを利用する
  • ノートPCの場合は十分な電力供給のためPCをコンセント電源に接続する
  • 充電中はGoProの電源をオフにする

この中で特に気を付けるべきなのが充電中のGoProの電源です。充電中は必ずオフにして充電が早く終わるようにしましょう。

サードパーティー製の充電器はおすすめしません

ちなみにGoProのバッテリーアイテムにはサードパーティ製の製品が数多く出ており、純正品よりもかなり安いものがあったりします。

そして僕はサードパーティ製のバッテリーや充電器を使っていません。むしろ使う気はありません

理由としてはサードパーティ製のバッテリーはソフトウェアアップデートの度に使えなくなることがあるらしいから。使ったことがないから本当のところは分かりませんがね。

ただバッテリーの部分でこんな心配はしたくないですし、こんなところで悩むくらいならしっかりとお金を払って純正品を買った方が結果的にはお得だと思っています。

なので僕は純正品を使うことを強くおすすめします。サードパーティ製を使うなら自己責任と覚悟が必要です。

GoProの充電器のおすすめは純正品

実際に僕が利用している充電器について紹介していきます。

デュアルバッテリーチャージャー

GoPro使うならこのデュアルバッテリーチャージャーは絶対に合った方が良いアイテム

僕の愛用しているHERO6はバッテリーが取り出せるので、すでに充電済みの予備バッテリーと交換すれば良いので充電が簡単になります。

いちいち本体とケーブルを接続するのも面倒ですからね。それよりもバッテリー自体を交換すれば手間も少ないですし、なによりすぐに撮影が開始できるのでシャッターチャンスを逃すこともありません。

僕はこのデュアルバッテリーチャージャーに、予備バッテリーを2つ装着した状態で持ち歩くようにしていて、今まで快適な撮影ができています。

予備バッテリーを2つ充電できる優れものなので、GoPro使うならおすすめのアイテムです。

[e]GoProのバッテリー充電器ならデュアルバッテリーチャージャーで決まりでしょ!

2017.03.12

Anker PowerCore Fusion 5000

こちらはGoProに使えるモバイルバッテリーとUSB急速充電器の、2つの役割を果たしてくれるハイブリッドアイテム

特にGoProでは充電だけでなく給電しながらの撮影にも活用できるので、とても便利なモバイルバッテリーです。

コンセント電源が近くにあれば、バッテリー容量に関係なく長時間の撮影をすることができるので、タイムラプスなどの長回しが必要な撮影にも大活躍してくれます。

しかも値段が純正品と比べてはるかに安いのも特徴。今では僕のGoPro使うなら欠かせないアイテムにランクインしている撮影の強い味方です。

[e]Anker PowerCore Fusion 5000はGoProにおすすめのモバイルバッテリー!長時間撮影ができてめちゃくちゃ便利です!

2018.01.09

まとめ:正しい知識を持ってGoProを充電しよう!

GoProを長く使うためにも充電周りの知識は必須なので、この機会に正しい知識を身につけましょう。

特に電圧については勘違いをしている人も多く、「GoProは5V1Aじゃないと絶対ダメ!」と言っている人もたまに見かけます。

しかしそうではなく実際にはモデルによって異なり、旧式モデルを使っている人は特に気をつけなければいけないところなのです。

またモバイルバッテリー1つとってもその使いやすさは全然違うので、どれを選ぶかは非常に大事な要素です。

ぜひ正しい知識でGoProの充電をして長くGoProでの快適な撮影を楽しんでください

また今回知ったこの知識をぜひ周りのGoProを使っている人にも教えてあげてください!

[e]GoProのおすすめアクセサリー&マウントまとめ!実際に使ってみておすすめのアクセサリーを紹介しています!

2017.08.27

ABOUTこの記事をかいた人

GoProが大好きでHEOR5 Blackから子どもの撮影に活用しています。撮影した動画の編集も大好きで家族の思い出ムービーをたくさん作っているので動画編集についても紹介していきます。