MENU
カテゴリー
ナシタカ
GoProブロガー
GoPro大好きな子育てパパ。日々の撮影&動画編集で家族の思い出を残すのがライフワーク。

【SMARTCOBY Pro PLUGレビュー】GoProとMacBook Airで併用できるが耐久性に不安あり

SMARTCOBY Pro PLUG

どうも、GoPro大好きナシタカです。

GoProとの相性が抜群のモバイルバッテリーを見つけました。それがこちらの『SMARTCOBY Pro PLUG』。

SMARTCOBY Pro PLUG

プラグ搭載&10,000mAhの大容量を搭載したモバイルバッテリー。GoProの充電からMacBook Airまで充電できます。

ただ突然コンセント充電ができなくなるアクシデントが発生。2個目も1ヶ月ほどで同じ故障が起こりました…。

機能は素晴らしいですが、耐久性に不安があるので持ち歩くのはやめました。

目次

SMARTCOBY Pro PLUGの外観

SMARTCOBY Pro PLUGは、CIOから登場したプラグ付きモバイルバッテリーです。

SMARTCOBY Pro PLUG

スペックがこちら。

製品名CIO SMARTCOBY Pro PLUG
バッテリー容量10,000mAh
充電時間2.5時間
入力AC 100-240V 50-60Hz 3.33A
出力(Type-C PD)5V=3A / 9V=3A / 12V=2.5A / 15V=2A /
20V=1.5A(最大30W) 
出力(Type-C PPS)3.3-11V 3A(最大33W)
出力(Type-A)5V=3A / 9V=3A / 12V=1.5A /
5V=4.5A(最大22.5W)
出力(Type-C + Type-A)Type-C(最大30W) + Type-A(最大12W)
合計 最大42W
サイズ約79 × 79 × 26mm
重量約265g

大きさは約79 × 79 × 26mmとギリギリ手のひらサイズで、重さは265gとりんご1個分。

SMARTCOBY Pro PLUGを手に乗せたところ
SMARTCOBY Pro PLUGのサイズ感

表面はシワ加工のようになっており、傷がつきにくくなっています。

SMARTCOBY Pro PLUG表面のシワ加工

プラグが付いており、本体はコンセント充電のみ対応しています。満充電までは2.5時間ほど。

SMARTCOBY Pro PLUGのプラグを出したところ

側面にUSB-CポートとUSB-Aポートがあります。

SMARTCOBY Pro PLUGのポート

USB-Cは最大30WでUSB-Aは最大12Wとなっており、同時充電で最大42Wまで対応。

上部の角にLEDライトがあり、ここでバッテリーの残量を4段階で確認できます。

SMARTCOBY Pro PLUGのLEDライト
  1. 紫 → 100~76%
  2. 緑 → 75~51%
  3. 青 → 50~26%
  4. 赤 → 25~0%

そばにボタンがあり、ここを押すとLEDライトが点灯。

SMARTCOBY Pro PLUGの上面

SMARTCOBY Pro PLUGとAnker PowerCore Fusion 10000を比較

Anker PowerCore Fusion 10000とスペックを比較したのがこちら。

製品名CIO SMARTCOBY Pro PLUGAnker PowerCore Fusion 10000
バッテリー容量10,000mAh9,700mAh
充電時間2.5時間4時間
出力(Type-C PD)
(Type-C PPS)
最大30W最大20W
出力(Type-A)最大22.5W最大12W
出力(Type-C + Type-A)Type-C(最大30W) + Type-A(最大12W)
合計 最大42W
Type-C(最大7.5W) + Type-A(最大7.5W)
合計 最大15W
サイズ約79 × 79 × 26mm約82 x 82 x 35mm
重量約265g約280g

後発だけありSMARTCOBY Pro PLUGがすべての面で上回っていますね。

特に出力面が圧倒的で、2ポート同時使用でも30Wをキープできるパワフルな性能はさすがです。

SMARTCOBY Pro PLUGの良いところ

SMARTCOBY Pro PLUGの良いところがこちらの3つです。

10,000mAhの大容量バッテリー

SMARTCOBY Pro PLUGは容量が10,000mAhで、GoPro HERO10を5.8回充電できます。

SMARTCOBY Pro PLUGとGoPro HERO10

これだけ充電できればバッテリーの心配はほとんどなし。SDカードの容量が許す限り撮影できます。

また動画編集に愛用しているM1 Macbook Airも充電でき、どこでも動画編集できる環境ができました。

SMARTCOBY Pro PLUGとM1 Macbook Air

プラグがついて長時間撮影に役立つ

SMARTCOBY Pro PLUGはプラグで直接電源に接続でき、GoProに給電しながら撮影ができます。

SMARTCOBY Pro PLUGのプラグを出したところ

タイムラプスなどの長時間の撮影が必要なときに愛用しており、普段の撮影がさらに快適になっています。

プラグ付きで10,000mAhは珍しいので、まさに待ち望んでいたモバイルバッテリー。

充電器が必要ない

プラグのおかげでGoProだけでなくスマホやPCの充電にも対応し、充電器が要らないので荷物が減りました。

SMARTCOBY Pro PLUG

CIO SMARTCOBY ProとM1 Macbook Airの充電器を持ち歩いていましたが、2つが1つにまとまった感じ。

SMARTCOBY Pro PLUG

荷物がコンパクト&軽くなったので、移動だけでなく荷物の管理が楽になったのはありがたい。

SMARTCOBY Pro PLUGの気になるところ

気になったのがこちらの3つです。

各項目へジャンプ

大きくて重い

充電器とモバイルバッテリーの二役をしてくれますが、大きさと重さはそこそこあります。

ギリギリ手のひらサイズですが、CIO SMARTCOBY Proの大きさに慣れているとデカく感じてしまいます。

SMARTCOBY Pro PLUGを手に乗せたところ

実際に並べてみても大きさが全然違うため、収納スペースによっては入れにくさがある可能性も…。

SMARTCOBY Pro PLUGを並べたところ

ただ荷物の数とトータルの重さは減ったので、そこを重視するなら使いやすさは抜群です。

手に持てないくらい熱くなる

MacBook Airを充電したあとだと、かなり発熱するときがあります。

SMARTCOBY Pro PLUGとM1 Macbook Air

手で持ってるとガマンできないくらいで、冷めるまで時間がかかるのがネック。

特に他のデバイスなどと一緒に収納するときは、これだけ熱いと影響しないか心配になってしまいます。

僕は別にしてSMARTCOBY Pro PLUG単体で収納しており、今のところは特に問題ありません。

コンセント充電ができなくなる

使い始めて5ヶ月ほどで突然コンセント充電ができなくなりました。コンセントに挿してもLEDが点灯せず、まったく反応しない状態…。

仕方がなく新しいのを使い始めましたが、こちらも1ヶ月ほどで突然充電できない状態に。しかも旅行の最中だったので、充電がまったくできない事態にも遭遇…。

機能が素晴らしいのでこれ1台に頼ってしまっていたのが原因ですが、まさかこれほど早く新品も壊れてしまうのは想定外でした。

ここまで重なると耐久性に不安があるので、もう新しいのは購入せずに持ち歩くのを止めました。

SMARTCOBY Pro PLUGレビューまとめ

SMARTCOBY Pro PLUGはプラグ付きの30W&大容量10,000mAhで、まさに待ち望んでいたモバイルバッテリー。

ただ2個とも突然コンセント充電ができなくなるアクシデントが起こり、耐久性に不安が残るのが正直なところ。

しかもタイミングが最悪で、旅行中に故障してしまい充電がまったくできずに困り果ててしまいました…。

これだけ故障が重なると使うのが怖くて持ち歩けないので、こういった事例があるのを覚えておいてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次