MENU
カテゴリー
ナシタカ
GoProブロガー
GoPro大好きな子育てパパ。日々の撮影&動画編集で家族の思い出を残すのがライフワーク。

クラウドアップロードがGoProからiPhoneへのデータ転送におすすめ

どうも、GoPro大好きナシタカです。

この記事ではGoProからiPhoneへデータ転送する方法をまとめました。

大きくこちらの4つの方法があります。

その中でも手軽にできるのは、GoProアプリへWi-Fiで転送する方法。どのGoProモデルでもOKで、GoProとiPhoneだけで無料で使えます。

僕のイチオシはサブスクを利用したクラウドアップロードでの転送。iPhoneで簡単にデータが確認できるのに、ストレージ容量を消費しないので気軽に使えるのが特徴です。

目次

GoProのデータをiPhoneへ転送する4つの方法

データ転送方法はこちらの4つがありますが、どれもiPhoneのストレージを消費することは覚えておきましょう。

転送方法メリットデメリット
GoProアプリ(Wi-Fi)どのモデルでもOK
無料で使える

外でも使いやすい
GoProのバッテリー消費
時間がかかる
カードリーダーバッテリーを消費しない
転送が速い
純正品の購入
SDカード取り出しがめんどう
パソコン転送が爆速
バッテリーを消費しない
パソコンが必要
SDカード取り出しがめんどう
有線接続バッテリーを消費しない
転送が速い
外でも使いやすい
HERO10以降限定
純正品の購入

GoProアプリ(Wi-Fi)

GoProとアプリをWi-Fiで接続する方法で、どのモデルも無料でその場で転送できるのが強み。

ただWi-Fi経由でGoProのバッテリーを消費するのと、転送に時間がかかるのがネック。

カードリーダー

iPhoneにカードリーダーを装着し、ここにGoProのMicroSDカードを差し込んで直接読み込む方法。

直接読み込むので転送速度が速いのと、GoProのバッテリーを消費しないのがメリット。

ただ別途カードリーダーを準備する必要があり、iPhone純正品だとなかなか値段が張るのが痛いところ。

さらにGoProからMicroSDカードを取り外す必要があり、これが地味にめんどうです。

パソコン

パソコンに一度取り込む方法で、大量のデータでも転送が速くGoProのバッテリーを消費しません

ただパソコンが必要なので、持っていない人はなし。iPhoneだけですべて済ませたいなら無しの方法です。

有線接続

GoPro HERO10以降限定で、iPhoneに直接接続してデータ転送ができます。

転送速度が早くて外でも使いやすい方法ですが、古いモデルでは使えません。またiPhoneの付属ケーブルは使えず、GoPro付属のUSB-Cケーブルを接続するアダプタが必要です。

純正アクセサリーを準備する必要があり、ケーブルを接続する手間もかかるので、僕は使いません。

Sponsored Links

iPhoneへのデータ転送はアプリへのWi-Fi転送がお手軽

メリット
  1. どのモデルでもOK
  2. 無料で使える
  3. 外でも使いやすい
  1. GoProのバッテリー消費
  2. 時間がかかる

GoProアプリにWi-Fi経由で転送するのが、どのモデルでも使えるお手軽な方法になります。

GoProのバッテリー消費や転送に時間がかかるので、大量のデータを転送したいときには向きません

ただお金をかけずに無料で使え、無線接続で外でもデータ転送しやすいので、すぐにiPhoneへデータをコピーしたいときにおすすめです。

iPhoneへのデータ転送はクラウドがおすすめ

僕が使っているのが、サブスクのクラウドアップロードを利用した転送方法。

無制限のクラウドストレージにアップロードしたデータを、GoProアプリから確認、ダウンロードできます。

メリット
デメリット
  1. アプリから確認とダウンロードが簡単
  2. iPhoneのストレージを消費しない
  3. 家族との共有がスムーズ
  1. サブスク登録が必須で費用がかかる
  2. 特定のWi-Fiに接続&充電が必要

サブスク登録が必須

サブスクは毎月600円の費用がかかり、こちらに登録しないとクラウドストレージは使えません。

ただ無制限のクラウドストレージを利用でき、たくさん撮影する人にはありがたいサービス。どんどん撮影しても気にせずクラウドにバックアップができます。

GoPro Plusの登録画面

また公式サイトで最新のGoProが安く買える特典もあり、メリットが多いので僕はずっとお世話になっています。

特定のWi-Fiに接続&充電が必要

クラウドアップロードには、あらかじめ設定したWi-Fiに接続&本体を充電しないといけません。

CIO SMARTCOBY ProでGoPro HERO10を充電しているところ

僕は家のWi-Fiを設定してあり、自宅で充電しないといけないので、撮影してすぐに転送はできません

代わりに充電している間に自動でデータをアップロードできるので、大量の動画や写真をやり取りするのに重宝します。

アプリから確認とダウンロードが簡単

クラウドにアップロードしたデータは、アプリから見やすい一覧表示でデータが確認できます。

Quikのメディア画面
真ん中がクラウドのデータ

データを見ながら好きなものだけダウンロードできるので、必要なものだけ素早く選べます。

iPhoneのストレージを消費しない

アップロードされた動画はクラウドにあるため、iPhoneのストレージを消費しません

全てのデータを転送していると、すぐに容量が一杯になるので、iPhoneのストレージが少ない人にはかなり役立ちます

僕のiPhoneは128GBありますが、5K60fpsの動画だとすぐに容量が足りなくなるので、クラウドアップロードはかなり重宝している機能です。

家族との共有がスムーズ

他のiPhoneでも同じアカウントでGoProアプリにログインすれば、クラウドのデータを共有できます。

僕は奥さんとアカウントを共有していますが、奥さんのiPhoneからもデータが確認でき、撮影したデータをそれぞれ好きなときに楽しめ、自由にダウンロード可能。

要らなくなったらiPhone自体から削除できますし、データはちゃんとクラウドに保存されているので安心です。

Sponsored Links

GoProからiPhoneへデータ転送まとめ

データ転送方法は様々あり、どれもメリットとデメリットがあります。

その中でもお手軽なのは、GoProアプリへWi-Fiで転送する方法。たくさんのデータ転送には向きませんが、どのモデルでも無料で使えます。

僕のイチオシはクラウドアップロード。サブスク登録が必要ですが、アプリから簡単にデータが確認できるのに、iPhoneのストレージは消費しないのでおすすめ。

iPhoneのストレージに優しく、家族との共有も簡単。まさに理想のデータ転送方法です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次