MENU
カテゴリー
ナシタカ
GoProブロガー
GoPro大好きな子育てパパ。日々の撮影&動画編集で家族の思い出を残すのがライフワーク。

GoProからiPhoneに転送できない2つの原因とおすすめの方法

この記事ではリンクに広告が含まれています。

どうも、GoPro大好きナシタカです。

この記事ではGoProからiPhoneに転送できない2つの原因と、おすすめの方法をまとめました。

僕のおすすめはクラウド+有線接続のハイブリッドで、動画ファイルの管理がうまくできています。

転送がうまくいかないときの参考にしてください。

目次

GoProからiPhoneに転送できない2つの原因

主な原因がこちらの2つです。

無線転送の問題

GoProからiPhoneへ無線転送ができますが、動画ファイルが多いほど時間がかかります

特に5.3K60fpsは1分30秒で約700MBもあり、転送に3分ほどかかることも。

撮影でよく使う人ほど、もはや無線転送には限界が。僕も現在はまったく使っていません。

iPhoneの容量問題

仮にiPhoneに転送できても、その分容量を消費することになります。

iPhoneの容量が多くないと、そもそも送れる量に限界があるため、容量がいっぱいになれば転送はできません

1TB外付けSSDなどの準備が必須ですが、その分費用もかかりますし、データの確認でも接続などの手間が…。

バッファロー
¥14,646 (2024/04/16 15:40時点 | Amazon調べ)

おすすめの解決策はクラウド+有線接続のハイブリッド

僕がやっているデータ転送方法が、自動クラウドアップロード+有線接続のハイブリッドです。

  • 無線転送の問題→有線接続で爆速データ転送
  • iPhoneの容量問題→無制限クラウドストレージ(有料サブスク)

メリットとデメリットがこちら。

メリット
デメリット
  • 動画をフル画質で無制限に保存
  • 有線接続でデータ転送が爆速
  • 自動クラウドアップロードも使える
  • iPhoneやビデオカメラの映像も保存
  • 有料サブスクが必須(6,000円/年)
  • GoProのモデルによりケーブルやカードリーダーが必要

1番のネックは年間プランで6,000円がかかること。

しかしフル画質無制限で保存できるのは、他の有料クラウドストレージサービスにはありません。

さらにはiPhoneやビデオカメラの動画も保存でき、実質最強に近いクラウドストレージです。

クラウド+有線接続のハイブリッドのやり方

では実際の設定手順を見ていきましょう。

GoProで自動クラウドアップロードのやり方

GoProとiPhoneを無線で接続し、自動アップロードの設定をします。

これで選んだWi-Fiのある場所で充電するだけで、自動でクラウドにバックアップが完了。

GoProアプリのクラウドから転送したデータが確認でき、iPhoneの容量を消費することもありません

もしこれでうまくいかないときや、早く転送を終わらせたいときは有線接続を使いましょう。

GoProとiPhoneの有線接続

まずお使いのGoProモデルによって有線接続のやり方が変わります。

  • HERO7以前 → カードリーダーを使って接続
  • HERO8以降 → アダプタ経由で接続

GoPro HERO7以前の場合

HERO7以前は直接接続ができないため、カードリーダーで動画データを取り込みます。

Apple(アップル)
¥4,587 (2024/04/17 13:44時点 | Amazon調べ)

僕はiPhone15 Proなので、Macで使っているUSB-Cハブを利用。ビデオカメラの映像はこれで

Satechi
¥9,379 (2024/04/12 09:33時点 | Amazon調べ)

iPhoneの写真アプリにデータを転送できたら、ブラウザでクラウドにアクセスして上の『+』アイコンをタップ。

ブラウザでGoProクラウドストレージにアクセス

『メディアをアップロード』→『写真ライブラリ』を選び、アップロードしたい動画を選択します。

ブラウザでのデータ選択画面

転送画面になるので、完了が出るまで待ちましょう。

クラウドへのアップロード画面

GoPro HERO8以降の場合

HERO9とHERO8はモードの切り替えが必要なので、こちらを参考にしてください。

GoPro Quik:有線のカメラ接続

GoProの付属ケーブルとLightning – USBアダプターを使い、iPhoneと接続します。

Apple(アップル)
¥4,587 (2024/04/20 00:52時点 | Amazon調べ)

iPhone15以降はiPhone付属のUSB-Cケーブルだけで接続できます。

移動したいデータを選ぶと、GoProアプリ内に転送されます。

転送が終わると、順次クラウドにアップロードされていくので、しばらく待ちましょう。

Quikのメディア画面

各動画の左上のアイコンでアップロード状況がわかります。

  1. チェックマーク → アップロード済み
  2. 時計の針 → アップロード予約済み
  3. ビックリマーク(!) → アップロード失敗

クラウドにアップされたらアプリ内の動画を消すことで、iPhoneの容量を消費しなくなります

GoPro からiPhoneに転送できない原因まとめ

主な原因はこちらの2つです。

  1. 無線転送の問題
  2. iPhoneの容量問題

この2つを解決するのにおすすめなのが、クラウド+有線接続のハイブリッド

転送速度と容量問題が解決でき、クラウドストレージに動画をまとめられる使いやすさが気に入っています。

転送がうまくいかずにお困りの方は、ぜひ参考にしてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次