GoProの使い方

GoPro PlusはGoProユーザーにおすすめ!特徴や登録方法についてまとめました!

GoPro Plus

どうもGoPro大好きナシタカ(@ehicalog)です。

この記事ではGoProのサブスクリプションサービスである、『GoPro Plus』について書いています。

GoPro Plusは月額料金がかかるので敬遠しがちですが、実はGoProユーザーにはありがたい特典が盛りだくさんの内容となっています。

実際に使ってみるととても便利で、もっと早く試していればと後悔するレベル。

そんなGoPro Plusの魅力や登録方法について紹介するので、ぜひ読んでみてください。

GoPro Plusの特徴と3つの特典

GoPro Plus

『GoPro Plus』はGoProが提供するサブスクリプション型のクラウドサービス。

月額料金を支払うことで、GoProユーザーにはうれしいこちらの3つの特典があります。

[box class=”yellow_box” title=”GoPro Plusの3つの特典”]

  • 無制限のクラウドストレージ
  • GoProが故障したときの無償交換
  • 公式ストアでアクセサリーが50%オフ

無制限のクラウドストレージ

GoPro Plusに登録をすると、GoProで撮影した映像を無制限にクラウドストレージへアップロードすることができます。

GoPro Plusのクラウドストレージ

GoPro Plusがすごいのは、『オリジナル画質』でアップロードができること

つまり4Kで撮影した映像はそのまま4Kの解像度で、クラウドストレージに保存することが可能なのです。

クラウドにアップロードした映像情報

他のストレージでオリジナル画質のまま保存しようとすると、容量制限のある有料プランに契約する必要があります。

しかしGoPro Plusなら月額600円で容量無制限のオリジナル画質で保存可能と、かなりお得な内容になっているのがありがたい。

クラウドストレージにアップロードしておけば他の端末からのアクセスも簡単でデータの扱いがよりスムーズに行うことが可能。

特にスマホ版Quikからの編集に便利で、クラウドから好きな動画を選ぶだけで簡単にオリジナルの動画が作成できます

自動で端末にダウンロードして編集してくれるので、クラウドにアップロードしておくだけでOK。

またこのようにオリジナル画質だけでなく、1080pのフルHDに圧縮した映像を選ぶこともできます。

クラウドストレージからのダウンロード

さらにシェアも簡単なので、気軽に友人同士で映像を楽しむことが可能。

クラウドストレージからのシェア

注意点としては、GoPro Fusionで撮影した映像をサポートしていないこと

あくまで360度カメラであるFusion以外のモデルのための、クラウドストレージであることを理解しておきましょう。

なのでGoPro Fusionユーザーの方は、クラウドストレージの恩恵を受けられないので注意が必要です。

GoPro Plusでの自動アップロードについては、▼GoPro Plusの自動アップロードの設定方法の記事で紹介しています。

GoPro Plusの自動アップロード手順
GoPro Plusでクラウドへの自動アップロードを設定する方法|意外と大変だったので手順をまとめましたどうもGoPro大好きナシタカ(@ehicalog)です。 GoProを使っていると自然に増えてくるのが、撮影した写真や動画ですよ...

GoProが故障したときの無償交換

GoProが故障したら無償で交換してもらえるので、アクティビティでよく使う方にとってはとても便利ですね。

ただこちらの2つの注意点があります。
[box class=”red_box” title=”交換の2つの注意点”]

  • カメラの交換は同一モデル(FusionおよびHERO5以降)で年間2台が上限
  • 交換手数料がかかる

交換手数料は各モデルによって違っていて、こちらの表の通りです。

対象モデル交換手数料
Hero 20184,980円
HERO5 Session6,250円
HERO5 Black7,600円
HERO6 Black10,100円
HERO7 White4,980円
HERO7 Silver7,600円
HERO7 Black10,100円
Fusion17,800円
Karma Grip7,600円
Karma20,300円

このように交換手数料がかかるので、まったくの無料で交換ができるわけではありません

むしろHERO7 Blackだと1万円ほどかかるので、新たに購入するよりは安いですがGoProは大切に使うようにしましょう。

公式ストアでアクセサリーが50%オフ

GoPro Plusに登録すると、公式ストアでのアクセサリー購入が50%オフになります。

アクセサリーが半額

そのためこれからGoProと一緒にアクセサリーを購入しようとする人にとっては、とてもお得なので絶対に利用しましょう。

例えば自撮り棒などGoProの撮影に欠かせないアイテムですね。

半額になったエルグランデ

ただどんなアクセサリーも50%オフかというとそうではなく、こちらの条件がついています。

[box class=”red_box”]

  • gopro.comでご購入いただいた商品にのみ適用
  • アクティビティ キット、充電器、Smart Remote(スマート リモート)、Pro3.5mmマイク アダプター、Karma (カルマ)ドローンまたはKarmaアクセサリー、GoPro純正品でないアクセサリー(SDカードなど)は含まれない
  • 1 年間のサブスクリプションにつき最大10アイテムが上限

このように公式サイトでの購入以外は認められずに、50%オフの対象外のアクセサリーもあります

これを勘違いしてGoPro Plusに登録してから、Amazonや楽天で純正アクセサリーを購入しても、50%オフにはならないので注意しましょう。

また1年間で10アイテムが上限となっているので、それ以上を購入すると50%オフは適用されません。

さらにバッテリー類は輸送規制により、単体での注文ができないことにも注意

バッテリーの注文による問題

このようにデュアルバッテリーチャージャー単体での注文ができないので、購入しづらいですね。

GoPro Plusの登録方法

GoPro Plusへの登録はとても簡単で、メールアドレスとクレジットカード情報を準備しておくだけでOKです。

登録の手順がこちらになります。

[box class=”glay_box” title=”GoPro Plusの登録手順”]

  • 公式サイトの登録ページへ
  • メールアドレスとパスワードを登録する
  • クレジットカード情報の登録

公式サイトの登録ページへ

まずはこちらから公式サイトのGoPro Plusページへと行きましょう。

GoPro Plus

下の方にあるアカウントの登録を選択します。

メールアドレスとパスワードを登録する

すると氏名とメールアドレス、パスワードを入力する画面になるので、入力しましょう。

GoPro Plusの登録フォーム

このときに注意して欲しいのが、Yahooメールの登録です。

現在GoProではYahooメールで登録すると、公式サイトでの購入で注文処理ができず、エラーが発生して購入ごできなくなります

僕はGmailに変えたところ問題なく注文できたので、お持ちの方はそちらを登録しましょう。

すべて入力したら、下にあるアカウント作成をクリックします。

クレジットカード情報の登録

最後に支払いに必要なクレジットカード情報を入力します。

GoPro Plusのクレジットカード登録画面

GoPro Plusは無料トライアル期間が30日あるので、その間に解約すれば料金はかかりません。

ただその場合でもクレジットカードの登録が必要なので、無料トライアルで解約したい人は解約の日付に注意しましょう。

これで登録は完了です。

GoPro Plus|まとめ

ここまでGoPro Plusの特徴や登録の方法について書いてきました。

GoPro Plusは少しずつ進化をしていて、以前に比べるとかなり使いやすいサービスになっています。

特にクラウドストレージはとても進化していて、4K映像も保存できるのでより気軽に撮影が可能。

クラウドストレージにアップロードすれば、マイクロSDカードの容量節約にも繋がるので、とても使いやすいですね。

またこれからGoProを使う人にとっては、アクセサリーが50%オフで購入できるのもかなりありがたい。

最初はGoProと一緒に購入したいアクセサリーが多いので、そのときにGoPro Plusを活用すればお得に揃えられます。

このようにGoPro Plusは、うまく活用すればよりGoProライフが楽しくなる優れたサービス

この記事を参考に、上手にGoPro Plusを利用してみてくださいね。

GoPro Plusの自動アップロード手順
GoPro Plusでクラウドへの自動アップロードを設定する方法|意外と大変だったので手順をまとめましたどうもGoPro大好きナシタカ(@ehicalog)です。 GoProを使っていると自然に増えてくるのが、撮影した写真や動画ですよ...
ABOUT ME
ナシタカ
GoProが大好きでHEOR5 Blackから子どもの撮影に活用しています。撮影した動画の編集も大好きで家族の思い出ムービーをたくさん作っているので動画編集についても紹介していきます。