MENU
カテゴリー
ナシタカの画像
ナシタカ
GoProブロガー
GoPro大好きな子育てパパ。日々の撮影&動画編集で家族の思い出を残すのがライフワーク。

【GoPro Plusでクラウドへの自動アップロードを設定する方法】意外と大変だったので手順をまとめました

ナシタカのアイコン画像ナシタカ

GoPro Plusユーザーが利用できる、GoProで撮影した映像や写真の自動アップロード設定について書いています。利用のための条件から実際の設定方法までまとめているので、ぜひ参考にしてください!

どうも、GoPro大好きナシタカです。

GoProを使っていると自然に増えてくるのが、撮影した写真や動画ですよね?

気軽に撮影できるのがGoProの魅力であり、使っていて気に入っているところ。

ただそのぶんどんどん撮影したデータが溜まっていくので、SDカードや外付けのSSDの容量を増やしていかないといけません。

そこでおすすめしたいのが、GoProの自動アップロードを利用したクラウドへのバックアップです。

一度設定してしまえば、自動でクラウドに撮影した写真や動画をアップロードしたくれるので、全自動バックアップシステムを構築できます。

この記事ではGoPro Plusの自動アップロードの特徴や設定手順について紹介します。

GoProでよく撮影する人に絶対におすすめの機能なので、ぜひ読み進めてください。

目次

GoPro Plusの自動アップロードに必要な環境

GoPro Plusの自動アップロードを利用するには、こちらの条件を満たす必要があります。

有効なGoPro Plusアカウント

まずは当たり前ですが、GoPro Plusに登録しなければクラウドへの自動アップロードは利用できません

まだの方はこちらの記事を参考に、GoPro Plusに登録しましょう。

自動アップロードに対応しているGoPro

自動アップロードは、対応しているGoProモデルでなければ利用できません

対応しているGoProがこちら。

  • HERO8
  • MAX
  • HERO7 Black/Silver/White
  • HERO (2018)
  • HERO6 Black
  • HERO5 Black
  • HERO5 Session

HERO5以降のGoProであればFusion以外はすべて対応しているので、GoPro Fusionユーザーだけ利用できないことに注意しましょう。

GoProアプリ

自動アップロードの最初の設定には、GoProアプリが必要です。

一度設定してしまえばその後はアプリは必要ないのですが、こちらからダウンロードしておきましょう。

GoPro 6.0
分類: 写真/ビデオ, ユーティリティ
価格: 無料 (GoPro, Inc.)

しかもGoProはQuikと統合され、動画編集機能が追加されました。

これ1つでデータの管理から動画編集までスムーズにできるので、GoPro使うならスマホにダウンロードしておきましょう。

詳しくは▼進化したGoProアプリレビューを参考にしてください。

インターネットに接続可能なホームWi-Fiネットワーク

GoProはWi-Fiネットワークを介して、クラウドへの自動アップロードをしてくれます。

ただWi-Fiネットワークにはこちらの注意点があります。

利用規約への同意が必要なWi-Fiネットワークでは、自動アップロードは利用できません。

つまりスタバやマクドナルドで提供しているような、公共のパブリックWi-Fiでは利用できません

僕は自宅のWi-Fiを登録したので、Wi-Fiが無い方は準備しておきましょう。

僕が使っているNURO光は回線速度がとても速いのでおすすめです。

対応しているモバイル デバイス

自動アップロードの設定をするには、対応しているモバイルデバイスを使う必要があります。

モバイルOS対応バージョン
AppleデバイスiOS10以降
Android デバイスAndroid ver. 5.1.0 以降

古いデバイスだとOSが対応していない可能性があるので、設定前に必ず自分のデバイスを確認しておきましょう。

Superchargerまたはその他互換性のあるAC充電器

自動アップロードは、GoProを充電している状態でなければ利用できません

僕は純正品ではなく、Ankerのこちらの急速充電ポートを利用しています。

5台まで接続できるので、他のデバイスの充電にも使えておすすめです。

無料の容量3GBおよびmicroSDカード

無料の容量3GBがなにを指しているのかはまったく分かりませんが、GoPro自体には内蔵容量はないのでMicroSDカードが必須。

クラウドにアップロードすればSDカードに保存しておく必要はありませんが、アップロードするまではSDカードに保存しておく必要があります。

そのためSDカードの容量は大きめの方が安心

僕はこちらの64GBを使っていますが、今まで容量不足になったことはありません。

お手持ちのSDカードの容量が少なめの方は、チェックしてみてください。

GoPro Plusの自動アップロード設定の手順

ではGoPro Plusの自動アップロード設定について、順を追ってみていきましょう。

最新のHERO8 Blackも、この手順で接続できるので参考にしてください。

STEP
自動アップロード管理画面を開く

接続が完了するとお手持ちのGoProが表示されるので、その下にある『自動アップロードの管理』をタップしましょう。

GoProアプリに接続したところ

ここで何回やっても接続できない場合は、一度『工場出荷時にリセット』してから再度接続を試してみましょう

僕も何回やってもエラーが表示されましたがリセットしてから試してみたところ、一発で設定画面が表示されました。

自動アップロード設定

僕と同じような症状の方は、GoProのリセットを試してみてください。

STEP
Wi-Fiの接続設定

次にWi-Fiの選択画面になります。

Wi-Fiのパスワード入力画面

ここで登録したWi-Fiに接続すると自動でアップロードがされますが、逆に言えばこの登録したWi-Fi以外では自動アップロードはされません。

また上でも紹介したように、パブリックWi-Fiは登録できないので注意しましょう。

自宅のWi-Fiなどメインで使っているものを登録するのがおすすめです。

STEP
設定ができているかを確認

入力が終わると、あとはGoProが自動で接続設定をしてくれます。

GoProアプリから自動アップロード設定中画面

設定が完了したら、ちゃんとクラウドにアップロードされるか確認しましょう。

と言っても特別なことはする必要はありません。

撮影が終わったら登録したWi-Fiに接続できる場所で、GoProを充電するだけ

これでしばらく待つと自動的にアップロードが開始されるので、クラウドにアクセスしてデータが正しくアップロードされているか確認しましょう。

アップロードする量が多いと、たまにエラーなのかアップロードされていないものが出てくることもあります。

その場合はいったんGoProから充電アダプタを抜き、再度GoProを充電すると再開してくれます。

GoPro Plusの自動アップロード設定まとめ

ここまでGoPro Plusの自動アップロードの手順や注意点などについて書いてきました。

設定でつまづくこともありましたが、一度設定してしまえば自動アップロードは本当に便利です。

家に帰って撮影後のGoProを充電しておくだけで、 自然とクラウドにデータがアップロードされバックアップが自動で完了。

わざわざ手動でGoProからダウンロードしたりすることもなく、パソコンも直接クラウドからダウンロードできるのでバックアップの手間が省けます

バックアップでだけでなくスマホで動画編集する人はもちろん、パソコンでの動画編集がメインの人にも使いやすいサービスなので、ぜひチェックしてみてください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる