MENU
カテゴリー
ナシタカ
GoProブロガー
GoPro大好きな子育てパパ。日々の撮影&動画編集で家族の思い出を残すのがライフワーク。
\ 最大10%ポイントアップ! /

GoProサブスクの自動クラウドアップロードを設定する方法|意外と大変だったので手順をまとめました

この記事ではリンクに広告が含まれています。
GoPro Plusの自動アップロード手順

どうも、GoPro大好きナシタカです。

気軽に撮影できるのがGoProの魅力ですが、撮影したデータの保管でSDカードや外付けのSSDの容量が増えるのがネック。

そこでおすすめなのが、『クラウドへの自動アップロード設定』です。

一度設定すればクラウドに自動で写真や動画をアップロードでき、全自動バックアップシステムを構築できます。

この記事ではGoProサブスクの自動アップロードの特徴や設定手順をまとめました。

目次

GoProサブスクの自動アップロードに必要な環境

GoProサブスクの自動アップロードの利用には、こちらの条件を満たす必要があります。

有効なGoProサブスクアカウント

GoProサブスクに登録しなければ、クラウドへの自動アップロードは利用できません

未登録の方はこちらの記事を参考に、GoPro Plusに登録しましょう。

自動アップロードに対応しているGoPro

自動アップロードは、対応したGoProでなければ利用できません

HERO5以降のGoProであれば、Fusion以外はすべて対応。GoPro Fusionだけ利用できないので注意しましょう。

GoProスマホアプリ|Quik(クイック)

自動アップロードの設定にはGoProアプリが必要です。

▼GoProアプリの使い方はこちら

インターネットに接続可能なホームWi-Fiネットワーク

Wi-Fiネットワークでクラウドへの自動アップロードをしますが、注意点が1つ。

利用規約への同意が必要なWi-Fiネットワークでは、自動アップロードは利用できません。

つまりスタバやマクドナルドなどで提供しているような、公共のパブリックWi-Fiでは利用できません

僕は自宅のWi-Fiを登録したので、Wi-Fiが無い方は準備しましょう。NURO光は回線速度がとても速いのでおすすめ。

対応しているモバイル デバイス

自動アップロードの設定には、対応したスマホを使う必要があります。

モバイルOS対応バージョン
AppleデバイスiOS15以降
Android デバイスAndroid 10 以降 & RAM最小2GB

古いスマホだとOSが対応しない可能性があり、設定前に自分のスマホを確認しましょう。

Superchargerまたはその他互換性のあるAC充電器

自動アップロードはGoProを充電している状態でないと利用できません。

つまり電源接続が必要というわけ。僕はAnkerの急速充電ポートを利用しています。

5台まで接続でき、他のデバイスの充電にも使えておすすめ。

GoProサブスクの自動アップロード設定の手順

GoProサブスクの自動アップロード設定をみていきましょう。

STEP

GoProとスマホアプリを接続する

まずはGoProとスマホアプリを接続します。

接続が初めての人は、▼GoProアプリとの接続設定の記事を参考にしてください。

STEP

自動アップロード管理画面を開く

手持ちのGoProが表示されます。下にある『自動アップロードの管理』をタップ。

するとサブスクの説明画面が出てきます。

GoProのサブスクの説明

先に進むとサブスクの登録画面になります。登録済みなら『サインイン』を選択し、メアドとパスワードを入力しましょう。

GoProのサブスクの登録画面

自動で接続するので、しばらく待ちます。

ここで何回やっても接続できない場合は、一度『工場出荷時にリセット』して再度接続を試してください。

僕も何度もエラーが出ましたが、リセット後は一発で設定画面が表示されました。

STEP

Wi-Fiの接続設定

設定画面から自動アップロードの項目を『オン』に。『Wi-Fiネットワーク』をタップします。

自動アップロードの設定画面

すると近くのWi-Fiが一覧表示されます。ここから自分のWi-Fiを選んでパスワードを入力しましょう。

自動アップロードでのWi-Fi選択画面

登録したWi-Fiに接続すると、自動アップロードされます。

逆に言えば登録したWi-Fi以外では自動アップロードされません

STEP

設定ができているかを確認

入力が終わると、あとは自動で接続設定されます。

GoProアプリから自動アップロード設定中画面

設定が完了したらクラウドにアップロードされるか確認しましょう。

登録したWi-Fiに接続できる場所で、GoProを電源に接続するだけでOK

しばらく待つと自動的にアップロードが開始されます。

その後でクラウドにデータがアップロードされているか確認しましょう。

アップロードするデータ量が多いと、たまにアップロードされないものが出てくることもあります。
そのときは再度GoProを充電すると再開できます。

宿泊先のWi-Fiでも自動アップロード設定ができる

クラウドへの自動アップロードが一番便利に感じるのが、宿泊先のホテルに泊ったときです。

部屋のWi-Fiで自動アップロードの設定をしておけば、充電するだけで自動でデータのアップロードが完了します。

宿泊先での自動アップロードのメリット
  1. 寝ている間にバックアップが完了
  2. アップロードが完了後にSDカードのデータを消去できる
  3. Quikアプリで1日のまとめ動画が自動で作られる

注意点は『Wi-Fi電波が弱いとアップロードが完了しない』ところ。

僕も部屋で使ったときは1日目はうまくアップロードできましたが、2日目は朝まで充電してもアップロードが終わりませんでした。

こういったトラブルも考えられるので、SDカードは128GBは最低でもあると安心できます。

クラウドアップロードをやり直すにはiPhone経由での転送

クラウドアップロードは便利ですが、たまにうまくいかないときやいくつか転送されていない動画があることも。

ただ一度アップロードが完了すると、『アップロードするメディアがありません』と表示され、やり直しができません。

そんなときはiPhone経由で転送をやり直しましょう。

STEP

クラウドのデータを削除する

最初にクラウド上にある、中途半端にアップロードされたデータをすべて削除します。

STEP

iPhoneにアプリ経由でデータを転送

次にGoProとiPhoneを接続し、データをQuikアプリに転送します。

『アプリ』にデータが保存され、順次クラウドにアップロードされていきます。

STEP

クラウドにデータがアップロードされているか確認

最後に『アプリ』のデータがすべて『クラウド』にアップロードされているかを確認しましょう。

各動画の左上にあるアイコンでアップロード状態がわかります。

  1. チェックマーク → アップロード済み
  2. 時計の針 → アップロード予約済み
  3. ビックリマーク(!) → アップロード失敗

3つめの『!』は失敗のマークですが、これは予約済みのアップロードが終わると自動で予約済みに切り替わるので、特に気にしなくて大丈夫です。

すべての動画にチェックマークがつけば、アップロードのやり直しは完了です。

まとめ|充電するだけでクラウドにデータが保存されて最高

一度設定してしまえば自動アップロードは本当に便利。

手動でGoProからデータを取り出すこともなく、パソコンでも直接クラウドからダウンロードでき手間が省けます。

スマホアプリ『Quik』からクラウドデータを確認でき、シェアや動画編集が簡単。一度使うと離れられません。

スマホでの設定もすぐにできるので、ぜひクラウドへの自動アップロードを使ってみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次