MENU
カテゴリー
ナシタカ
GoProブロガー
GoPro大好きな子育てパパ。日々の撮影&動画編集で家族の思い出を残すのがライフワーク。

【GoProスマホアプリ】Quik(クイック)の使い方|詳しい操作方法を解説します!

ナシタカ

この記事ではGoProからリリースされている各アプリの使い方やそれぞれの特徴について紹介しています。特にスマホでの動画編集に欠かせないQuickとSpliceについて詳しくまとめていきます!

どうも、GoPro大好きナシタカです。

GoProで撮影した動画はスマホアプリを活用することで、簡単にデータの移動や動画編集を行うことができます。

Wi-Fiを活用したワイヤレス接続を利用することもできますし、GoProのクラウドを利用すれば動画データのやり取りがさらに簡単になりますからね。

そのときに活用するスマホアプリが、こちらの「Quik(クイック)」になります。

QuikがあればスマホアプリからGoProを遠隔操作することができたり、動画編集が簡単にできるので、GoProを使う上では必須アプリと言っても過言ではありません。

目次

GoProスマホアプリ「Quik(クイック)」はスマホとのデータ連携&動画編集が便利

Quik(クイック)を使うと、GoPro本体の撮影データがスマホへ簡単に転送できるのが大きなポイント

スマホに転送してしまえば、撮影データの共有やSNSへの投稿も簡単にできるので、まさに欠かせないアプリというわけです。

また動画編集機能も大幅に強化されており、好きな動画や写真を選ぶだけで自動編集してくれる機能も備わっています

つまりQuikさえあれば、スマホだけで簡単に動画編集ができてしまうというわけ。これさえあれば、スマホでも動画編集を楽しめるので最高です。

GoProスマホアプリ「Quik(クイック)」の使い方|トップ画面

Quikを開くと、まずはこのようにトップ画面が表示されます。

Quik(クイック)アプリのトップ画面

ここに表示されているのは、Mural(ミューラル)と呼ばれる機能です。

この機能を使用すると、写真やビデオをパーソナライズされたウォールにまとめて、GoPro で撮影したお気に入りの瞬間を甦らせることができます。GoPro は皆さんのスマートフォンから、一度入ったら抜け出せない、ブラックホールのような写真アプリをなくすことを使命としており、Mural の導入はその実現に向けた第一歩です。

操作がよりシンプルになるため、忘れられない映像を作成したり、アクションを追体験することに集中できます。コンテンツのキュレーション機能も効率化され、写真やビデオをイベントごとに素早く分類できるようになるため、すべての映像が整理され、見つけやすくなります。

GoPro アプリに「Mural」が新登場 より

つまり気に入った写真を好きに表示できるスペースというわけですね。自分好みに仕上げていくのもまた楽しみの1つになりそうです。

追加はとても簡単で、各動画や写真で追加アイコンをタップするだけ。これだけで好きなように追加していくことができます。

そして右上にはお馴染みのGoProとの接続アイコン。こちらをタップすればお手持ちのGoProと接続できます。

GoProとの接続について詳しくは、▼GoProとスマホを接続する方法の記事をどうぞ。

続いてデータのやりとりについて見ていきます。

GoProスマホアプリ「Quik(クイック)」の使い方|撮影データのやりとり

スマホへのデータ転送についてですが、とても簡単。トップ画面で右下の青いアイコンを選択すると、データの選択画面になります。

Quikのメディア参照画面
左からアプリ、クラウド、携帯電話のデータを表示

このようにアプリとクラウド、携帯電話の3つからデータを読み込むことができます。

  • アプリ → Quikアプリの保存されているデータ
  • クラウド → サブスク登録で使えるクラウドデータに保存されているデータ
  • 携帯電話 → スマホに保存されているデータ

保存されている場所の違いはありますが、大きく違うのは画面下のアイコン。データの保存場所によってできることが限られているのです。

アプリクラウド携帯電話
Muralへ追加
動画編集に追加
携帯電話へ保存
データの削除
アプリへダウンロード
SNSへのシェア
データの削除
Muralへ追加
動画編集に追加
それぞれでできることの違い

特に気をつけたいのが、クラウドデータを直接動画編集の素材として使えないこと。必ずアプリにダウンロードする必要があるので、スマホの容量が必須になります。

ナシタカ

32GBや64GBのスマホだと、けっこうきついです…。

最後に一番右が、Quikで編集した動画が表示されるところになっています。

編集タブのデータ表示

過去に作成した動画はここで確認したり、各動画右上のアイコンをタップするとMuralに追加することもできます。

このように様々な場所から素材を集めることができ、スマホで撮影したデータも簡単に扱えるのが魅力です。

GoProスマホアプリ「Quik(クイック)」の使い方|動画編集

ここからはいよいよ、動画編集機能について見ていきましょう。

使いたい素材を選択して下の編集アイコンを選択すると、自動的にテンプレートに合わせて動画が作られるので、下のアイコンから順に見ていきましょう。

  • タイムライン
  • テンプレート
  • 音楽
  • 動画の長さ
  • 動画の画面比率

まずいちばん左にあるのがタイムラインで、ここに編集で使用する素材が並んでいます。ここから各素材の順番や個別の編集を行うわけですね。

Quikのタイムライン

次がテンプレート。13種類の中から動画全体の演出を決めていきます。それぞれ選択すると自動で編集をしてプレビューできるので、実際に見ながら選べるのが便利です。

Quikのテンプレート選択画面

その隣がBGM。テーマごとに分かれていて様々なBGMが用意されているので、これも動画編集のイメージに合わせて選びましょう。

Quikの音楽選択画面

次が動画の長さの調節。一応おすすめが出ていますが、選んだ音楽に合わせるなどの選択もできます。

Quikの動画の長さ調節

最後が動画の画面比率の選択です。定番の16:9から4:3、1:1など目的に合わせて選べます。YouTubeからインスタまで使い分けもできますね。

Quikの画面比率選択

ここまでが動画全体の編集となり、ここからはタイムラインでの個別編集について見ていきましょう。動画と写真で表示項目が変わるので、分けてみていきます。

動画素材の編集

タイムラインから各素材の編集を選ぶと、より細かい編集ができます。まず動画を選択すると、このような編集アイコンが下部に表示されます。

Quikの動画素材編集アイコン
フィルターを速度が被っていますが、全部で8種類
  • トリミング
  • ハイライト
  • フレーム
  • フィルター
  • 速度
  • ボリューム
  • テキスト
  • 調整

トリミング

各素材の編集で使う長さを調整できます。

Quikでの動画素材のトリミング

自動はアプリがおすすめの部分を選んでくれるもの。ハイライトを自分でつけていれば、そのハイライド部分を活用して使う部分を選ぶことができます。

マニュアルだとハイライトのようなポイントを選ぶことができず、動画の始まりと終わりを選ぶことしかできません。

ハイライト

自分でお気に入りのシーンを選びたい人は、ここからハイライトを追加していきましょう。一度つけたハイライトの削除も簡単なので、けっこう使いやすいです。

Quikで動画素材にハイライトを追加

フレーム

動画の角度や反転などの設定ができます。

Quikで動画素材のフレーム設定

フィルター

動画全体にフィルター補正をかけることができる、他のアプリでもお馴染みの機能。

Quikの動画フィルター機能

種類が豊富にあるので、動画のイメージに合わせて選ぶと雰囲気がさらに出てくれます。

速度調節

動画の再生速度を遅くしたり、一時停止を入れることができます。

Quikで再生速度の調整

再生速度はこちらの7種類から選ぶことができます。

  • 通常
  • 1/2
  • 1/4
  • 1/8
  • 1/12
  • 1/16
  • 1/20

一応種類はありますが、1/12以上は動画の滑らかさが失われてしまうので要注意。1080p/240fpsの最大フレームレートで撮影しても、1/8までしか滑らかに再生ができません。

それ以上はフレームの繋がりがない、カクカクした動きになってしまいます。「スロー再生がなによりも優先!」という場所以外は、遅くしすぎないように注意しましょう。

ボリューム

『動画自体の音声をどうするか』、という設定になります。

Quikの動画素材のボリューム設定
設定音声の違い
消音動画の音声を消去
ミックス通常再生
ブースト音を増幅させ、通常の再生では聞こえない細かい音も聞こえる

ブーストは音が増幅される感じ。僕の場合は通常再生ではまったく気づかなかった遠くのサイレンの音が、かなりはっきり聞こえるようになったことに驚きました。

動画の音声を大事にしたいならミックスかブースト、BGM優先なら音は消去など目的に合わせて設定しましょう。

テキスト

動画に文字を入れられる機能。ただフォントなどは選べません。

Quikのテキスト挿入機能

調整

動画素材のより細かい編集ができます。

Quikの編集素材の調整
  • 自動
  • 露出
  • コントラスト
  • 自然な彩度
  • 温度
  • 陰影
  • ハイライト

自動というおまかせ調整もできますが、自分好みに細かく調整することもできるので、自由度は高いですね。

ここまでが動画素材の編集項目になります。

写真素材の編集

ここからは写真素材の編集について見ていきます。写真の個別編集を開くと、下部に編集アイコンが表示されますが、動画に比べると数が少なくなっています。

Quikの写真編集画面
  • フレーム
  • フィルター
  • テキスト
  • 期間
  • 調整

フレーム

写真の回転や反転などができます。

Quikの写真のフレーム設定

フィルター

種類が多く、写真の印象がガラリと変わります。自分のイメージに合わせて選びましょう。

Quikの動画フィルター機能

テキスト

画面に文字を挿入する機能。フォントは選べず、シンプルな文字を入れるのみです。

Quikのテキスト挿入機能

期間

写真の表示時間の調整。ここを変えることで動画中の写真表示時間を短くしたり、長くすることができます。設定は3つから選べます。

Quikの写真の期間設定
設定表示時間
短い約0.5秒間
標準約1.5秒間
長い約6秒間

リズムを重視して変えたり、長めにしてスライドショーのように仕上げるなどもできます。自分の目的に合わせて設定していきましょう。

調整

写真素材の細かい調整ができます。項目は動画素材と変わらずになっています。

Quikの編集素材の調整

フィルター機能もあるので、うまく活用してオシャレに仕上げることもできますよ。

ここまでが写真素材の編集になります。

GoProスマホアプリ「Quik(クイック)」の注意点|高解像度を編集できない

スマホアプリを活用する時の注意点が、撮影時の解像度。動画の再生はできますが、動画編集の素材としては使うことができない解像度があります。

Quikで読み込めないデータのエラー表示

5K、4K4:3、360度メディアは使えないと表示されます。

HERO9から5.2Kに対応しましたが、せっかくの高解像度も動画編集に使えないのは残念。また4Kの4:3も対応していないので、よく使う方は注意しましょう。

GoProスマホアプリ「Quik(クイック)」の使い方まとめ

GoProアプリがQuikに名前を変え、データのやりとりだけでなく動画編集までもできる完璧なアプリに仕上がりました

特にGoProのサブスクでクラウドに保存している人にとっては、データのやりとりがとても簡単でスマホでいつでも共有することができます。

しかも気に入った素材を選ぶだけで、アプリが自動でオシャレな動画に仕上げてくれる神機能も搭載。動画編集のハードルがかなり下がるので、誰でも楽しめるアプリとなっています。

スマホアプリでここまで編集機能が進むのは、まさに驚きの一言。動画編集をより身近に楽しめる最高のアプリです。

おかげで気軽に撮影&編集が楽しめるので、MicroSDカードが常にパンパン。できるだけ大きい容量を使うのがおすすめです。

▼GoProにおすすめのMicroSDカードの選び方

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる