MENU
カテゴリー
ナシタカ
GoProブロガー
GoPro大好きな子育てパパ。日々の撮影&動画編集で家族の思い出を残すのがライフワーク。

GoPro純正バッテリーの種類を比較|雪山などの寒冷地に強くておすすめ

この記事ではリンクに広告が含まれています。

どうも、GoPro大好きナシタカです。

GoProには2種類のバッテリーがあり、通常とエンデューロに分けられます。

  • 通常→以前のGoProに付属していた青いバッテリー
  • エンデューロ→バッテリー持ちが良くなった白いバッテリー

特にエンデューロは雪山などの寒いところでもバッテリー持ちが良くなり、撮影時間が長くなって使いやすくなっています。

これからバッテリーを買うなら、エンデューロバッテリーを選びましょう。

GoPro(ゴープロ)
¥4,180 (2023/11/18 09:24時点 | Amazon調べ)
目次

GoProの2種類の純正バッテリーの違い

GoProには通常とエンデューロの2種類の純正バッテリーがあります。

GoProの通常バッテリーとエンデューロバッテリー

エンデューロバッテリーの特徴がこちら。

  1. 常温環境下での撮影可能時間が最大38%長くなる
  2. HERO10 Blackではハイパフォーマンス設定時の撮影時間が最大40%長くなる
  3. -10℃までの低温環境下でパフォーマンスが大きく向上

実際に室温12℃でバッテリー持ちを検証したのがこちらです。

室温12℃通常バッテリーエンデューロバッテリー
5.3K60fps35分48秒55分07秒
5.3K30fps54分22秒61分19秒
4K120fps24分32秒51分21秒
4K60fps42分14秒65分39秒
4K30fps56分38秒61分26秒
2.7K240fps29分24秒48分41秒
2.7K120fps54分02秒61分08秒
2.7K60fps61分02秒61分16秒
1080p240fps39分54秒64分53秒
1080p120fps46分44秒61分14秒
1080p60fps61分09秒61分22秒
1080p30fps61分48秒122分01秒
赤は最短、青は最長

全体的に撮影時間が伸び、特に1080p30fpsでは2時間以上の撮影ができました。

エンデューロバッテリーは雪山にもおすすめ

エンデューロバッテリーは全体的に撮影時間が伸びますが、特に寒いところでのバッテリー持ちが圧倒的に良くなります

GoProエンデューロバッテリー

熱暴走が起こりにくい&バッテリー持ちが良く、1080p30fpsで2時間以上撮影できるのは驚きです。

雪山などの寒冷地での撮影やスキー、スノボをするなら、エンデューロバッテリーを選んでおけば間違いありません。

GoPro(ゴープロ)
¥4,180 (2023/11/18 09:24時点 | Amazon調べ)

サードパーティ製(代用)バッテリーはおすすめできない

GoProの純正バッテリーは機能面は文句なしに素晴らしいんですが、値段が高いのが唯一のネック

なので値段が半分以下の他社製のバッテリーはとても魅力的ですが、僕はトラブルが多かったので使わなくなりました…。

  1. 容量は一緒なのに減りが早い
  2. 反応しなくなる
  3. バッテリーが膨張しやすい

安いのには安いなりの理由があり、結局使えなくなってしまうことがほとんど。

結果的には純正バッテリーのほうがコスパが良くなっており、今ではエンデューロバッテリー3個で撮影しています。

GoProバッテリーの種類まとめ

GoProには通常とエンデューロの2種類のバッテリーがあります。

エンデューロはバッテリー持ちが良くなり、特に雪山など寒いところでの撮影が長くなります

バッテリーを変えるだけで持ちが良くなる。エンデューロは撮影の強い味方です。

GoPro(ゴープロ)
¥4,180 (2023/11/18 09:24時点 | Amazon調べ)
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次