[e]GoPro HERO6/HERO5 BLACKで充電しながら撮影をする方法

フレームをつけたまま充電

ABOUTこの記事をかいた人

GoPro好きな整体師。GoProのレビューから使い方まで実際に使ってみた感想を基に記事を作成しています!HERO6/HERO5 BLACK

どうもGoPro大好きナシタカ(@ehicalog)です。

今回はGoPro HERO6/HERO5 BLACKで充電しながらの撮影ができるかどうかについてをまとめていきます。

GoProはアクションカメラとして有名ですが、機能としてはタイムラプス撮影ができるので使い方によっては空の移り変わりや星空の移り変わりなどの幻想的な風景の撮影を行うこともできるとても便利な一品となっています。

ただそうしたタイムラプス機能を使っての撮影を行うためには長時間の撮影が必要になるので、その時に必要なのが充電しながらの撮影。なのでGoProを充電しながら撮影したいというニーズはけっこうあるのですが、実際はどうなんだろうと気になる人が多いと思います。

そこで今回はGoProって実際に充電しながらの撮影ができるのかというところについてGoProの仕様などを考慮しつつ、充電をしながらの撮影を行う実際の方法についても紹介していきます。

スポンサーリンク

GoPro HERO6/HERO5 BLACKの仕様をチェック

まずはGoPro自体の仕様についてチェックしていきましょう。

goproは防水仕様になっており、バッテリーや各端子へのアクセス部分はロック式のスライドドアになっています。サイドドアとバッテリードアの2ヶ所があり、ラッチリリースボタンを押しながら出ないと開かない仕組みになっています。

まずこちらがサイドドアです。ラッチリリースボタンを押しながらドアをスライドさせると、中にはUSB-CポートとマイクロHDMIポートの2種類の接続部があります。このUSB-Cポートにバッテリーを接続することで充電されるわけですね。

GoProのサイドドア

そしてこちらがバッテリードアです。こちらもラッチリリースボタンを押しながらドアをスライドさせると、中にはバッテリーとマイクロSDカードの挿入口があります。

GoProのバッテリードア

つまりGoPro HERO6/HERO5 BLACKはこのドアによって守られることで防水性能を実現しており、各端子などにアクセスするにはドアを開けられる状態が必要になるということですね。

ちなみにこのドアは外すことができますが、その場合は防水などの機能はなくなります。細かいゴミなども入ってしまうので外すのはオススメできません。

GoPro純正フレームをつけていると充電ができない

では実際にGoPro HERO6/HERO5 BLACKを使う場面を考えてみましょう。GoPro HERO6/HERO5 BLACKは本体自体にマウントを付けることができなくなっており、マウントを利用する場合はフレームを装着する必要があります。

そのためGoPro HERO6/HERO5 BLACKには付属品としてフレームがついているのですが、このフレームを装着するとサイドドアとバッテリードアを開けられなくなるのです。

GoProの純正フレームを付けたときのサイドドア

つまり純正のフレームを利用する場合は充電をしながらの撮影はできなくなるということ。そしてマウントを利用するにはフレームが必要なので、マウントを利用しながらの撮影の場合には充電をしながらの撮影は不可能になるということですね。

これはかなり致命的な設計ミスだなという印象。マウントを利用できなかったらGoProの機能を最大限活かしきれないので、これではバッテリー性能に頼らざるをえなくなってしまいます。長時間の撮影は難しく、せいぜい撮れて1時間くらいが限度でしょう。

このようにGoPro HERO6/HERO5 BLACKはそのままでは充電をしながらの撮影はできないのです。

GoPro HERO6/HERO5 BLACKを充電しながら撮影する2つの方法

以上のように純正フレームを利用したGoPro場合は充電をしながらの撮影はできない仕様になっているわけです。では一体どうしたら良いのか?

そこで充電しながら撮影する方法としては3つあります。

純正フレームを使わずに裸で撮影

まず1つはフレームを装着せずに撮影する方法。GoProを裸のまま手に持って撮影することで、充電しながらの撮影を行うことができます。ただこの方法ではフレームを使わないため代わりにマウントも利用することができなくなるので、正直かなりの力技となります。

マウントが使えなければせっかくのGoProも宝の持ち腐れとしか言えないですからね。

サイドドアを外してフレームを装着する

純正フレームをつけるとサイドドアの開閉ができなくなるので、それならば装着する前にドア自体を外してしまおうというものです。

GoProのサイドドアは取り外し可能でドア自体が劣化しても別売りでリプレースメントドアが売っているので交換することができます。なのでそのドア自体を外してしまおうというものです。

しかしこの方法は当たり前ですがサイドドア自体が無くなるので、GoProの防水性能も無くなります。また細かい砂塵が侵入することも考えられ、防御力が全く無くなるので故障の原因にもなるおすすめしない方法になります。

せめてこれを行う場合は屋外ではなく屋内などの、ゴミなどが入りにくい環境で行うのをおすすめします。この方法なら純正フレームのままでも充電をしながらの撮影が可能です。

サードパーティ製のフレームを利用する方法

そしてもう1つがサードパーティー製のフレームを利用する方法です。これを使えばマウントを装着しながらでも充電しながらの撮影が可能になります。

僕が実際に使っているフレームがこちらの「ディヤード フレームケース」になります。

このフレームはサイドドアの部分が大きく開けているので、フレームをつけながらでもサイドドアの開閉が可能になるというまさに今回求めていたフレームです。

こちらは実際にこのフレームをつけているところです。サイドドア部分が大きく開けているので、フレームをつけたままでもサイドドアを開閉することができます。

ディヤードのフレームケースの場合のサイドドア

これならフレームをつけたままでもケーブル端子にアクセスできるので、充電をしながらの撮影が可能になります。また充電しながらでなくても日々の充電の際にいちいちフレームを取り外す必要もなくなるのが地味に嬉しいポイントです。

こちらは実際にフレームをつけたままサイドドアを開けて充電しているところです。
フレームをつけたまま充電

純正のフレームだと撮影中の充電はもちろん、単にUSB-Cケーブルで充電したい場合もフレームを取り外す必要があるので手間に感じてしまいます。でもそんな手間もこのディヤードのフレームを利用することで解決することができるんですよ。

ディヤードのフレームケースについて詳しくはこちらを見てください。

合わせて読みたい!

[e]GoPro使うならディヤードのフレームケースが充電しながらの撮影が可能で使い勝手抜群でオススメ

ただこの方法でも結局はサイドドアを開けることになるので防水性能などはなくなります。しかし撮影が終わればフレームを装着したまますぐにドアを閉めることができるので、取扱いがかなりやりやすくなるのがメリットですね。

充電しながらの撮影の注意点

以上でサードパーティ製のフレームを使うことで充電しながらの撮影はできますが、いくつか注意点があります。

充電はなく給電しながらの撮影になる

ここまで充電しながらの撮影とお伝えしてきましたが、実は正確に言うと撮影中は充電されません

どういうことかというと充電中に撮影を開始すると、充電ではなく「給電状態」となるのです。違いはバッテリー残量が変化するかどうか。

充電はその名の通りバッテリーに電気を蓄えるもので、結果としてバッテリー残量が増えていきます。しかし給電とはバッテリーに電気を供給しているということ。なのでバッテリー残量を増やすのではなく、あくまで減らさないようにキープしながら撮影を続けられるという状態。

なので充電中に撮影を開始するのはもちろんできます。ただバッテリーは増えることもなければ減ることもなく長時間の撮影ができるようになるわけです。そのため「あれ?充電しながらなのにバッテリー残量が全然増えないぞ。故障かな?」と勘違いしないようにしましょう。

GoProが発熱しやすくなる

実際に充電しながら撮影を行うとけっこう本体が熱くなり、「これ大丈夫かな?」と心配になります。これはGoProアプリでWi-Fi接続しながら撮影などを行っていても起こり、あまりに発熱しすぎて一回電源が落ちてしまったことがありました。

これはGoProのオーバーヒート防止機能によるもので、温度が高くなりすぎると撮影が停止されたりカメラの電源がオフにされることがあります。なので炎天下などの高温環境の中での給電しながらの撮影は本体の発熱に繋がりやすいので、撮影不能などのトラブルが起きる可能性が高くなります。

なので充電しながらの撮影は可能なのですが、発熱などによって撮影がちゃんとできていない可能性があるということも頭に入れておいた方が良いですね。僕は今まで撮影していて1回ぐらいなので頻度はかなり少ないです。そこまで心配することはありませんが、「念のため」ですね。

ゴミの侵入や水没の可能性がある

充電をしながらの撮影を行うためにはサイドドアを開けたままにしておく必要があります。これはつまりサイドドアの防御性能が無くなるということなので、GoPro自体の防水・防塵性能がなくなるということでもあります。

端子部分にそういった異物が入り込む可能性もあるので、撮影の際には十分に注意しましょう。

おすすめのモバイルバッテリー

では実際に使う上でおすすめのモバイルバッテリーを紹介します。HERO6とHERO5 BLACKの製品マニュアルでは5V1Aが推奨されていますが、GoPro Japanのサポートページを見ると「5V1A(最大5V2A)の出力を備えたUSBAC充電器」との表記があります。

なのでこの規格に合うものでコスパを考えて、僕が利用しているのがこちらです。

スリムなボディに大容量を兼ね備えたモバイルバッテリーで、GoProと一緒に持ち歩きしやすいのが気に入っているポイントです。GoProを使用してからこれを使い続けていますが、今のところはトラブルもなく使えているのでおすすめ。

まとめ:サードパーティ製のフレームがおすすめ

僕の場合は今のところ充電をしながらでないといけないような長時間の撮影機会がないので、今のところは予備バッテリーに交換する方法で間に合っています。

ただ今後はタイムラプスを使って色々なものを撮ってみたいなとも思っているので、そのときは充電しながら撮影ができる今回のディヤードのフレームケースが大活躍する予定です。

やっぱりGoProはマウントを使いこなしてその力を発揮するカメラですからね!フレームやマウントを装着したまま充電ができるのは手間をかけずに済むのでかなり助かります。特に日々の充電でいちいちフレームを外す煩わしさから開放されたのがかなり大きいです。

「充電しながら撮影をしたい」という方はぜひ今回紹介したフレームを使ってみてくださいね!

GoProの購入を考えている方はまずレンタルしてみるのがおすすめ!

合わせて読みたい!

[e]GoPro HERO6/HERO5 BLACKを実際に使ってみたいならレンタルがおすすめ

GoProの記事をこちらにまとめました!

合わせて読みたい!

[e]GoPro HERO5 BLACKの記事まとめ

スポンサーリンク

スポンサーリンク